兵庫県丹波市山南町の白亜紀前期(1億4千万~1億2千万年前)の地層「篠山層群」で行われている大型草食恐竜「丹波竜」の第4次発掘調査で、県立人と自然の博物館(同県三田市)は18日、卵の殻の化石が見つかったと発表した。特徴から、小型の恐竜のものの可能性があるという。

 同博物館によると、殻の化石は欠片が少なくとも10点見つかり、長さは大きいもので1センチで、厚さ0・3ミリ。保存状態はよく、欠片をつなぎ合わせれば長径2~3センチの楕円(だえん)球形になるとみられる。ほぼ完全な状態で復元できるとみられる卵の殻の化石の発見は、国内でも珍しいという。

 大きさからはカメや鳥類の卵の可能性もあるが、化石には恐竜の卵の殻の特徴である表面のざらつきがみられ、恐竜であれば体長1メートル以下の獣脚類の卵とみられる。今後、組織を顕微鏡で調べて特定するという。

 同博物館の三枝春生主任研究員は「恐竜の卵だとすれば、近くに巣があった可能性もある。当時の生息環境を知る手掛かりになる」としている。

【関連記事】
恐竜の「色」分かった 英科学誌に発表
四足歩行の大型恐竜 前脚でかじ取り方向転換 岡山の博物館職員が論文
動き出しそう! 和紙の恐竜をライトアップ 福井駅西口
福井県、「恐竜硬貨」のデザイン発表 来夏発行
国内初、原始的な角竜類の化石発見 兵庫・篠山

新国会議員会館にコンビニや託児所 テークアウト・カフェも計画中(産経新聞)
150キロの巨大鏡もち展示=京都〔地域〕(時事通信)
旧軍人・軍属の遺骨219柱、韓国に返還へ(読売新聞)
<架空請求>ご注意 経産省名乗り被害者に(毎日新聞)
<訃報>田中常夫さん82歳=元日本陸上競技連盟理事(毎日新聞)