埼玉県飯能市の山中で、マルチーズなど約100匹の犬の死骸(しがい)が見つかったことが6日、県警への取材で分かった。衣服を身に着けた犬が多く、県警はペット処理業者による不法投棄の可能性が高いとみて、廃棄物処理法違反容疑で捜査している。 

【関連ニュース】
廃棄物の不法輸出未遂で初告発=ミャンマーへ冷蔵庫45台
産廃投棄、メーカー課長も逮捕=無許可業者に依頼容疑
粗大ごみを無許可処分=容疑で会社社長ら8人逮捕
産廃運搬会社社長を逮捕=70トン不法投棄容疑
産廃220トン不法投棄=処分業者ら逮捕

仙谷戦略相が予算酷評「戦争末期の軍事費」(読売新聞)
<短歌>寺山修司賞など決まる(毎日新聞)
新潟大ヨット4隻転覆、6人救助…強風の日本海(読売新聞)
「参院選2人擁立、その条件に今あるのか」前原国交相(レスポンス)
首相、普天間移設案は「腹案すでに用意している」(産経新聞)