民主党の「宗教と民主主義研究会」(池田元久会長)は21日、国会内で会合を開き、文化庁から宗教法人制度についてヒアリングを行った。今後、国税庁から宗教法人に対する税制について聞くほか、公明党の支持母体の創価学会に対する税務調査について「国税当局と折衝した」と証言している矢野絢也元公明党委員長を招くことを決めた。会合後、同会顧問の石井一選対委員長は産経新聞の取材に対し、「民主党が公明党と手を組むことはない。そんなことになれば会のメンバーは離党を辞さないほどの覚悟を持っている」と強調した。

孤独死対策の予算新設で秋に協議会設立―神奈川県(医療介護CBニュース)
谷垣氏「普天間返還の先送りだ」 党首討論(産経新聞)
<火山噴火>ミラノ便が出発 成田(毎日新聞)
舛添氏「金のかかる政治と決別」 政治とカネ問題に苦言(産経新聞)
中国ヘリがまた近接飛行=沖縄沖、海自艦まで90メートル-防衛省(時事通信)