T's Basketball Life

ミニバスやバスケットボールのことを少々…。 独り言なのでお許しを...。

仲間のために声を出す

北海道大会も終わりましたが、男子のブロック大会やリーグ戦もあるので、6年生も引退することはなく、子供たちは一生懸命に頑張っています。

男子リーグ戦の最後の反省として、コーチ全員から「声」の話が出ました。
「声を出す」ことはこれまでもずっと言い続けているので、今年の男子チームでなかなか向上できない部分でもあります。
伝え方や試合の起用などで色々と試行錯誤していますが、なかなか変えることができず、自分の指導の仕方にも問題があると反省するばかりです。

でも私は「この子たちには無理」だと諦めたくはありません。
仲間のために「声」を出すことの素晴らしさを知っていますから。




以前、北海道DCに参加させていただいた際に、JBAの鈴木良和氏が「声」について子供たちに話す部分がありました。

声にはLevelがある。
Level 1 は「ガンバー」「何番OK」といった普通のもの
Level 2 は「スクリーン」「逆サイド」といった状況に対してのもの
Level 3 は「大丈夫!」「〇〇なら出来る!」「ドンマイ次だ!」といった仲間を勇気づけ気持ちを高めてくれるもの

素晴らしいチームはLevel 3 で溢れていて、Level 3 の声は「誰でも、いつでも、どんなときでも、今この瞬間からやれる最高のプレー」だと。


IMG_8549

今年度の女子チームではその Level 3 の声を出し続けてくれる子がいます。

「できるよ!」
「ナイスー!」
「ドンマイドンマイ!」
「惜しいよー!」

試合中のベンチからも、練習中でもいつも笑顔で仲間たちにポジティブな声をかけてくれます。ベンチに帰ってきた仲間の背中に手を当てて「大丈夫だよ!」と言ってくれます。
それは指導者である私が一番やらなければいけないことですが、彼女の声は仲間に勇気や安心感を与えてくれたことは間違いなかったと思います。


「子供たちが声をどう出したらいいかわからないのかも」
私はそこに明確な答えはないと思います。

バスケの特徴として、目まぐるしく変わる状況、コンタクトやスピードの中、自分以外の9人やスペースを見ながらプレーしなければいけません。決まりきったことが起きません。
Level 1 の声のような決まりきったワードであれば答えはあるでしょう。

でも
彼女は声のことを教えられたでしょうか?
6年生だからやれたのでしょうか?
彼女だからやれたのでしょうか?

それは彼女が仲間想いで、常に仲間のために出来ることをやるという信念があるからだと思います。だからこそ仲間の心に響き、チカラをくれるのだと思います。


バスケが下手でもいい。
走るのだって遅くてもいい。
運動自体が苦手でもいい。
強くなくてもいい。
指導者としてこんなことを書くことは指導者失格かもしれません。

仲間を想って、
仲間のために、
自分がやれることをやってほしい。
声を張り上げて仲間のプレーの後押しをしてあげてほしい。
良いプレーには大袈裟に「ナイス!」「いいぞー!」と喜んで、
上手くいかなくても「ドンマイ!次!」「大丈夫だぞ!」って言って支えてあげてほしい。

指導者の私なんかより、
きっと仲間の声が一番届くはず。
ずっと一緒にキツい練習を頑張っている仲間なんだから。


言われたからやるではなく、

「仲間のために自分がやれることをやる」
全員が自分からそういう思いやりを持つだけで、きっと素晴らしいチームになれるから。

そして私も反省するべき。
見守ることも必要だし、
粘り強く伝えていかないといけない。

よし、切り替えて!今日からまた頑張ろう!

目指してきた場所

子供たちが目標としていた「北海道大会への挑戦」が終わりました。

結果は2敗でしたが、誰一人として諦めることなく最後まで自分たちらしくチャレンジしてくれたことが何よりも素晴らしかったです。

6年生でもバスケを始めて2年に満たないチームで、サイズも小さく、人数も1年生を入れて9人。今秋頃に始めた子もいます。そんな子供たちがあの大舞台で涙を流す場面もありましたが、笑顔で楽しく一生懸命にプレーしてくれたことは本当に誇りに思っています。

IMG_8547

今年の女子チームは全員が優しく思いやりがあって、ケンカやいざこざになることなどありません。戦うことや争いに不向きな子供たちばかりです。
そんな子供たちが本当に大好きなバスケットを一生懸命に練習してきました。
でも勝つことは難しく、北海道での一勝という壁の高さを知らされました。

IMG_8548

コーチ陣も本当に親身になって子供たちに寄り添ってくれました。
練習も試合もポジティブな声かけをし続けてくれてコーチたちに本当に感謝しかありません。


私は昨年、サイレントゲームを強いられたこともありますが、子供たちに声をかけて背中を押してあげることができませんでした。
だから今大会は私にとってもリベンジの場で、絶対にベンチには座らずにずっと子供たちを励まし続けようと決めていました。
「笑って!」「笑顔!」「楽しんで!」「楽しもう!」「大丈夫!」「チャレンジ!」
そうやって声をかけ続けました。点差が離れようとやめずに言い続けました。きっとまだまだ足りないかもしれませんが、少しは昨年より成長できた部分なのかなと思っています。

http://blog.livedoor.jp/b_dash_note/archives/85911156.html


初日のゲームで、相手チームにマンツーマンペナルティで赤旗が上がりました。
もちろんうちの子供たちはベンチに戻っては来れないのですが、コートの真ん中で6年生5人で話し合い、ハドルを組み、笑顔を見せ、小さくエールをして試合に戻る場面がありました。

ゲーム後のチームディナーで、子供たち一人一人から翌日のゲームに向けての意気込みを言うことになりました。私は6年生5人だけが言うのだと思ってましたが、4年生が続き、始めて間もない5年生、3年生、1年生と全員がしっかりと話をしました。普段ほとんど口を開くことがない子であっても、全員の前で試合に出ている自覚を持って話す姿には心を打たれました。

まだまだあるかもしれません。
そういう場面を見て、子供たちの成長を感じることができました。勝てなかったかもしれませんが、子供たちはバスケを通じて人として成長していると思えた瞬間でありました。

IMG_8550

そして、まだリーグなどが残っているので試合はできますが、この大会が今のメンバーで出る最後の大会となりました。
今年度で遠くへ離れてしまう子がいて、その子ともっと同じ時間を過ごしたかったとみんなが感じています。
優しくて一生懸命で思いやりがあって、よくチームをまとめてくれました。自分の立場を理解して、泣きたいときも涙目でグッと我慢している子です。間違いなく彼女がいたから今のチームがあります。本当にありがとう。


ブログでもよく書きますが、子供たちに私は「仲間」を作ってほしいと思っています。
もちろん友達も大切ですが、仲間はその一段階上かなぁと思っていて、同じ目標に向かって頑張ること、そのために言い合いやぶつかること、馴れ合いではない関係。それが仲間だと思っています。きっとそれは一生の宝物になります。

私は「仲間のために」とよく言います。
仲間のために頑張ること、助けること、言い合うこと、その全てが素晴らしいことだからです。

間違いなく彼女たちは「仲間」でした。

そんな彼女たちと目指してきた場所では勝つことができませんでしたが、人として成長した姿を見れたことは指導者として本当に幸せなことでした。

背中を押す言葉

2023年あけましておめでとうございます。
今年も健康で子供たちとバスケットボールを楽しんでいけたらと思っております。

このブログも変わらずに気分によって不定期ではありますが、緩く続けていきたいと思っております。

IMG_8478

コーチである娘に女子キャプテンから年賀状が届きました。

「いつも○○ならやれるよ!」と声をかけてくれてありがとうございます!と書いてありました。

言っている場面は見たことがありますが、子供たちの胸に響き、記憶に残る言葉をかける。
そうやって若いコーチたちは子供たちの背中を押しているんだと思って嬉しく思いました。


私は娘たちがミニバスをプレーしていたときは間違いなく「否定型」だったと思います。
これはダメ、それは無理、そう言った言葉が多かったと感じます。

今は、「大丈夫!できるよ!」と言ってあげられる「肯定型」になったように感じます。
私が歳を取ったのか、時代なのか、それはわかりませんが、まだまだ子供たちのおかげで私も成長してるのかもしれません。


子供たちとレバンガ北海道の試合観戦したときに、プロのプレーをキラキラした目で見ている子供たち。
近くに座った子に、
「プロになりたい?」と聞いたら、「小さいから無理だよ」と返ってきました。
「無理じゃない、きっとなれるよ!だから練習頑張ろうな!」と声をかけた後、その子はもっと真剣なキラキラした目をしていました。

無謀だとか、
無理だとか、
周りの人はよくいう言葉ではありますが、夢を叶えた本人はそう思ったことがないはずです。


YouTube動画で、
朝倉未来さんが少年院に行って、そこに入っていた少年たちに話をする企画がありました。
罪を犯し、少年院に入っている少年たちに夢を聞きます。
彼は少年たちが口にする夢の全てを「叶うと思います」と言います。
その言葉がどれだけ少年たちの背中を押してくれたでしょうか。モザイクこそかかっていますが、少年たちの目は輝いていたと思います。

https://youtu.be/GXP6w5Mnebo


私もそうやってずっと子供たちに「できるよ!やれるよ!」と背中を押し続けてあげたい。
子供たちが自分の夢に真っ直ぐに進んでいけるように。

2023年も子供たちと頑張っていきます。
ギャラリー
  • 仲間のために声を出す
  • 目指してきた場所
  • 目指してきた場所
  • 目指してきた場所
  • 背中を押す言葉
  • 記憶に残るもの
  • 記憶に残るもの
  • Crybaby
  • グータッチ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ