皆様
あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。


会社のご厚意で正月休みは10連休となり、リフレッシュしすぎた感じですが、今年も頑張っていきたいと思います。

このブログも不定期ではありますが、気がついたことや思ったことを、頑張って書いていきたいと思います(毎年言ってるなw)

どうぞ宜しくお願い致しますm(__)m





ミニバスが年末年始にかけて長いお休みでしたが、娘たちジュニアの選抜練習などを見る機会があった。

その中で娘たち(同世代メンバー)に感じたことがある。





きっと、
彼女らがバスケットボールを好きなのは間違いないだろう。

バスケットボールの仲間といる楽しさ、
プレーする喜び、
そういうものもあるだろう。


でも私が外から見て強く感じたこと。


それは
「好き」と「上手くなりたい」は
違うんだということ。


彼女たちから
「誰よりも上手くなりたい!」
「どこにも負けたくない!」
という強い気持ちや雰囲気が感じられなかった。


環境や、明確な目標がないことが原因かもしれない。


でもそれは言い訳だ。

中学生になり、
勉強や塾に忙しくなったかもしれない。

でもそれも言い訳だ。


私には部活動のことはよくわからないが、

部活動の練習が緩かったり、ダラダラしているのが原因なのだろうか。

ミニバスに比べて、
走る練習が少ないから走れなくなった。


本当にそうだろうか?


ダラダラするのも自分。
走れなくなったのも自分。
全部自分のせいではないだろうか。


自分が上手くなりたいと思えば、
ダラダラせずに練習し、
勉強があったとしても、
時間を作って練習するんじゃないだろうか。

部活動で走るメニューが少なくて、
走れなくなったことを感じているなら、
家でスマホを触る時間を、走る時間に出来ないだろうか。


バスケットボールの練習は、
ゴールがないとシューティングが出来ないだけで、
それ以外のことはゴールがなくても何でも出来る。


走ることだって、
ドリブルすることだって、
ダッシュだって、
スライドだって出来る。


雪があるから。
寒いから。
朝起きれないから。

それは自分にとって都合のいい言い訳だ。


では
良い環境であれば、
上手くなるだろうか。
強くなるだろうか。

確かに
上手くなるだろうし、
強くもなるだろう。

ただし今の気持ちだと、
ある程度で終わるんだと感じる。


私はよく思うのだが、


練習は義務だ。
チームの一員として、
必ず一生懸命に全力で行う義務がある。
それを行わない時点でチームの一員としての責任がない。

見てて娘たちはミニバスの練習に来ても一生懸命で全力だと感じる。

でも練習なので
それは当たり前の義務だ。


でも
それで満足しているんじゃないかな?


大切なのは
練習以外のところだと思うんだよ。
人が見てないところ。
人に言われないところ。
自分で考えてやれることをやること。

スタミナがなければ外を走ればいい。
シュートが届かないなら家で横になって天井に向かってシュートの練習をすればいい。
ハンドリングが悪かったら毎日ハンドリングをやればいい。

やれることなんて、いっぱいある。

自分の足りないものや、やれることを時間を作ってやればいい。

それを努力と言うんだよ。

それが今の娘たちに足りないと感じた。


環境も確かに大切。

でも一番大切なのは、
環境じゃない。

自分が
上手くなりたい!
強くなりたい!
という気持ちと行動だから。

上手い人や
強いチームには
必ず理由がある。

それは絶対に練習だけじゃないよ。
見えない努力が必ずあるんだよ。


バスケノート書いてるか?
トレーニングしてるか?
やるのは自分。
今からでも遅くないよ。

伝わればいいな〜。