トップページ » 無診療処方について

無診療処方について

外来患者の中には、診察をうける時間がない等の理由で、診察を受けることなく「薬だけ」を求める方が居ます。これを「無診察処方」と言います。


医師法第20条では、「医師は、自ら診察しないで治療をし、若しくは診断書若しくは処方箋を交付し、自ら出産に立ち会わないで出生証明書若しくは死産証明書を交付し、又は自ら検索しないで、検索書を交付してはならない。..後略」とされています。

すなわち医師法上は「無診察処方」は違法なのです。
他の医院では「薬だけ」をしてもらっている、という方も居るかもしれませんが、それは現状では正しい医療行為ではないのです。

忙しくてどうしても診察が出来ない場合は、どうかお家の方などに病状を十分伝えて、それを医師に伝えてください。本人が医院まで来ていて「薬だけ」というのは、残念ながらあり得ないとお考え下さい。
 



コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星