トップページ » 過活動膀胱

過活動膀胱

過活動膀胱の診断・検査

過活動膀胱であるかどうかの診断は、尿意切迫の症状が1日1回以上あれば「過活動膀胱」であると診断できます。つまり基本的に「尿意切迫」の症状があることが問診でわかれば「過活動膀胱」と言って良いのです。
しかし尿路感染症の有無を知るための尿検査や、膀胱の状態や神経因性膀胱(神経学的異常による膀胱の機能障害)の有無について腹部超音波検査で膀胱の状態を確認する必要があります。

「過活動膀胱」の診断や検査に痛い検査や不快な検査は必要ありません。どうかお気軽に泌尿器科専門医を受診してください。


コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星