今日は全然別のことを書こうと思っていましたが久しぶりに面白いテーマだったのでそちらに変更しました。

そのテーマは
「えっ!また買ったの??恋人、奥さんに叱責されたときの言い訳」
です。

趣味というのはお金がかかり、その趣味を共有出来ない人にとって全く理解されないものです。そういう体験は皆さん誰でもあると思います。
僕も彼女がいたりいなかったりしますから(笑)そんな言い訳をしてしまうこともごく稀に…あくまでもごく稀にあります。

で、その答えがタイトルにあるように

『だって呼ばれたから…』

です。
あるんですよ。たまに…じゃなかった、ごく稀に生体をみた瞬間にバチッと目があって「楓さん連れてって」って聞こえる瞬間が。

もう何年前でしょうか。初めてアピストを買った時も、サエちゃんを買った時も、そして泣く泣く諦めた某産地のアガシジーも、みんな僕にそう語りかけてきたのです。

気付くと僕の財布から大金が消えていてその代わりに左手に袋や発泡スチロールの箱を握っています。

この日記を読んでいる皆さんはどんな言い訳をしますか?

でも呼ばれたのは言い訳じゃなくて事実だからなぁと言い訳をする楓にポチッとお願いしますm(__)m