アクア徒然日記

レッドビーシュリンプ、ホシクサの育成を中心にアクアな日々を徒然に綴っている日記です。 一昨年3月18日からは毎日欠かさず更新しています。 とうとう無事に3年を突破しました。まだまだ更新し続けるぞ! レッドビーシュリンプ ビー ホシクサ アピスト アクア 日記

2008年11月

朝に慌ててやるもんぢゃねぇ

相変わらず呆れるくらい働き三昧な楓です。貧乏暇無しとは昔の人達はうまいこと言ったものです。

そのせいで最近はアクアがかなり疎かなのは否めません。
毎日夜遅くに帰宅してライト、CO2をONにして餌をあげて肥料を添加。そして軽く様子を見て就寝。翌朝は全てをOFFにして出掛けます(もちろん歯磨きやシャワーはしてますよ笑)。

本当にこれしかしていないので水が蒸発して水量が減ってきていました。

ですから換水及び足し水をやってから出ることにしました。今朝は少し早く起きれましたから時間もありましたし。

で、作り置きした換水用の水槽から各水槽に換水を済ませ、また水を作り置きするようにバケツに水を汲み運んでいる最中に、それは起きました。





バシャンバシャ、バシャ〜〜



え?えぇ〜〜!?

何故かバケツの水が跳ねて大量に水を床にぶちまけていました。最初はバケツの底でも抜けたかと思いましたがどうやら完全に僕のミスでしか無かったようです。
その後、そこにはバスマットを被せて掃除してから水を改めて補充して慌てて家を出る羽目に。

ギリギリで電車に飛び乗るにつけ、換水は時間のあるときにゆっくりやろうという教訓を得ました。

飛び乗った電車が空いていて
「あ、今日は日曜なのか」
と気付きました。

ドジなアクアリストに慰めのポチッとお願いしますm(__)m



今日、昼にこの日記のこの部分は記述してあったのですがなんとかその事態を避けれた為、消去しました。
いつも読んで頂いてありがとうございます。

大満足

7fd4d1fe.jpg


今日はもっと別の写真を載せようと思っていたのですがこの1枚が撮れて満足してしまいました。

色が落ちない個体にモス。やっぱりこの組み合わせは水槽を眺めていて落ち着く景色です。

さて、7連勤も終わり、13連勤の4日目に入りました。今日が終われば残りは9日。頑張ります。それ以降はまた皆さんの所にもゆっくり遊びに行けますからもうしばらくお許し下さい。

この組み合わせは無敵でしょって思った方はポチッとお願いしますm(__)m

連続…かぁ

卵が孵化しきれないと言っていたママビーさんなんですが…

今、こんな感じになってます

58b0046a.jpg


卵が…





僕がチェックした時より増えています。

どうも連続抱卵のようですね。
抱卵自体は嬉しいのですがいかんせん、連続というのは個体にとっては嬉しいこととは言えませんねぇ。身体への負担、影響は大きく、最悪死んでしまいます。それだけは避けたいので無事に産んでもらえるようにストレスを与えない環境作りを心掛けようと思います(それでも他の個体の影響で死んでしまうこともあるのですが)。

あとはこの1ヶ月、何事も無く過ぎてくれるように祈るばかりです。

ママビーが元気に稚ビーを産むようにポチッとお願いしますm(__)m

個性が出てきましたが

稚ビー達も元気にアチコチに泳ぎまくっているのを見るにつけ、身体の表現(模様)に個性が出てきました。

と思って写真を撮ってみました

f12c954a.jpg


が!!写真では全くわかりませんね。
この2匹、全然表現が違うのですがただの稚ビーにしか見えません。早く違いがわかるように成長してくれないかなぁ。

しかし今回は親越えを果たす個体は難しそうですね。日の丸かせいぜいW日の丸が限界でしょうか。
母親は悪くない表現なので少し期待があったのですがやはり父親の遺伝が強く出ますね。モスラの出現の可能性は低そうです。
これは次世代に期待かな。

早くも次世代を考えるおバカな楓にポチッとお願いしますm(__)m

アマノさんです

ここ数日はビーの話題ばかりだったのでそろそろ他の話題も書きますね。

というわけで本日はアマノホシクサでいきましょう。
水中にドボンしたのは1週間くらい前でしょうか?全然記憶が鮮明になりませんが…あの2株からいきましょう

d141f0ef.jpg


どうでしょうか。なんとかかんとか根付いたみたいです。新しい葉も生えてきて元気になりました。


そして元からの株も見てみましょう

04318c0c.jpg


スクスク成長しています。
この冬はこのまま水中で大きく育ちながら越冬して頂く予定です。
間違っても花芽なんぞ上げるでないぞ。

これで一安心なアマノ君にポチッとお願いしますm(__)m

自由遊泳開始

今日もビーの稚エビ、稚ビーの話題です。
ビーは産まれてすぐは殆ど動かずにジッとしています。そして中々人間の目で見付けることが難しいサイズだったりするので死角で生まれると稚ビーを確認出来るまでに時間が掛かります。

今回はまさにその典型でウィローモスの森の奥深くで生まれたようで確認出来る数も少なくかなり不安でした。

が、今朝になるとようやく生まれた場所から少し離れた所にアチコチに泳ぎだしました

e0d85675.jpg


真ん中の白い点が個体です。こんな風に水槽前面に出てきたり。

dbd203cd.jpg



こっちには2匹一緒に出てきました。
朝の僅かな時間にも関わらずその他にも沢山の個体が見つかり、とりあえず11匹が確認出来ました。
実際にはこの倍はいるでしょうから更に楽しませてくれると思います。

毎日確実に成長するビーにポチッとお願いしますm(__)m

まだ…ある?

昨夜で無事に7連勤を終え、久しぶりのおやすみ。
あまりの疲れからか午後まで爆睡。
ようやく起床したあとは早速水槽を観賞。こうしてゆっくりたっぷり水槽を眺めるのも久しぶりです。

どの水槽もガラス面に苔が見られます。
が、もう今日は掃除をする気力が無くそのまま放置に決めました。

たっぷりと水槽を眺めていると

44ff4129.jpg


首を傾げて見て下さい。今回稚エビを産んだママビーなのですが…あれ?と思う方がいるかもしれません。
この写真、今日撮影したものなのですがお腹にまだ卵があるんです。もう最初の稚エビを見てから3日経過しています。これは普通は有り得ないことですから少し心配ですね。
連続抱卵ならまだしも(それはそれで負担が大きいので心配ですが)卵の数を見る限りその可能性は薄いでしょう。早く産みきって沢山の稚エビを放って欲しいですね。

より沢山の稚エビが産まれるようにポチッとお願いしますm(__)m

昨日の答えと…

昨日の日記の写真に写っていたものの答えに行く前に、改めて本日撮影した写真を見てもらいましょう

9a50a335.jpg


画像の中央に何か見えませんか?

e4f7185f.jpg


これなんかだとわかりやすいでしょうか。どうですか?わかりましたか?

そうです。ビーシュリンプの稚エビでした!







…ということは…そうなんです。我が家には今まで秘密にしていましたがあの壊滅的な被害の後にもひっそりとビーが存在し続けていました。ですが調子を落としたビーは回復に信じられないくらいの時間を費やしますから中々回復せず、夏以降は今回が初めての抱卵、孵化でした。
ちゃんと生まれるまでは報告出来ないと思いドキドキしながら毎日観察をしていました。でもこうして無事に稚エビを拝めたので報告と相成りました。

c5481771.jpg


抱卵時のママビーです。てか色がウッスイですね。さてここからどんな個体が育つのか、そしてまた選別の日々が始まるのか、今から楽しみでなりません。

これからはビーの写真、日記も上げていきますのでそれも楽しんで貰えたら嬉しいです。

当たった人も当たらなかった人もポチッとお願いしますm(__)m

限界まで寄ってみましたが…

とにかくまず写真を見て下さい

a88669c7.jpg


と言ってもただ写真を見せても絶対わからないので加工してみました。
この写真の中央には

「←ここです」

と書いてあります(それすら小さくて読めませんね)。
とにかくその左向きの矢印の先に…







実は










何かがいます!

…良いこと思いついた。クイズにしてしまおう。

さて、そこにいるのは一体何でしょうか?

ヒント
写っている水草。過去にもこのblogでこの水草が写っています。

わかった人もわからなかった人もポチッとお願いしますm(__)m

スイッチ入った?

本日早朝のアマノホシクサ(元からの水中株)です。

d7f927ca.jpg












気付きました?

葉が大きく伸び始めました。これがあの大きく美しいアマノホシクサへの第一歩となるのでしょうか。

しばらくじっと動かないでいましたからソワソワしていたんですがこれからが楽しみです。

ドカンと成長するようにポチッとお願いしますm(__)m

livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ