アクア徒然日記

レッドビーシュリンプ、ホシクサの育成を中心にアクアな日々を徒然に綴っている日記です。 一昨年3月18日からは毎日欠かさず更新しています。 とうとう無事に3年を突破しました。まだまだ更新し続けるぞ! レッドビーシュリンプ ビー ホシクサ アピスト アクア 日記

2009年03月

再現

水槽を閉じましたがそろそろ新たに立ち上げる予定でいます。

で、今回の狙いは一番爆殖していた通常とは一風変わったビー水槽を30cmキューブ水槽で再現してみようと企んでいます。

準備は整えてありますからあとは実行あるのみ。

キーワードは
「簡単だけど難しい」
です。

近日中の立ち上げをお待ち下さいませ。

実は博打的な立ち上げを実行しようとしている楓にポチッとお願いしますm(__)m

刺激

緊急避難したビー達。
そのお陰で元気にツマツマしています。

そんなビーは嘘か本当か、刺激を受けると抱卵するという話しがあります。
なのでわざと換水したり温度を変えてみたりなんて裏技のような技法があります。

で、今回このように急な引っ越しをしたせいなのかなんなのか

3d620878.jpg


c8baaa27.jpg



しっかり抱卵してくれています。刺激を受けたんでしょうか(笑)しかも結構まともな卵の数を抱えていそうです。
また1ヶ月、見守っていくことにします。

刺激を受けまくったビーにポチッとお願いしますm(__)m

テトラばかりになっていましたがそんな中でもホシクサの成長は進んでいます。
ずっとドーム状になって欲しいと言い続けていましたがここ数日で成長が加速。
ドームを通り越して

c7bd150d.jpg


縦長になってきています!!(笑)
アマノホシクサは有茎草では無いのですがこのように葉が層になって縦に伸びることがあるようです。

正しい成長とは言えないかもしれませんから正直微妙ですね。
シルエットもドーム状が一番綺麗に思うのは僕だけでしょうか?このシルエットだとパイナップルみたい。

こうなったら…もっと横に成長しておくれ〜(笑)

水槽の中のパイナップルにポチッとお願いしますm(__)m

記憶

グリーンネオンのトリートメント期間も7日経ちました。高栄養の餌を日に3度与えたので病気の心配も無さそうです。

餌と言えば僕が傍に寄るとビクビクと逃げ回っていた彼等が昨日…いや、一昨日からでしょうか。
餌をあげると寄ってくるようになりました。

ようやく僕を覚えてもらえたようです。

…僕と言うより「餌をくれる人」をかな(苦笑)

その証拠に

176c35a0.jpg


携帯を構えただけで大興奮。水槽内は騒然としていました。

そんな中で餌を与えてみると…

12f92249.jpg


更にヒートアップしていました(笑)

流石小型ピラニアですね。

もうじき引っ越しのグリーンネオンテトラにポチッとお願いしますm(__)m

緊急避難&閉鎖

水槽でビーを眺めているとどうにも違和感というか何かピンと来たんです。


「ソイルが崩壊寸前だ!!」



そんなワケで





緊急避難!

慌ててこの前ヤマトを投入した水槽に全部引越しました。

そしてビーのいた水槽をとりあえず閉鎖(僕等仲間うちだけでリセットではなく使わなくなった水槽をそう呼んでいます)しました。

と言ってもこれは一時的なものなので近いうちにまた立ち上げる予定です。既に構想は頭にあるので近々に実践したいと思います。

とりあえず無事に避難したビーにポチッとお願いしますm(__)m

初心

グリーンネオンテトラを飼い始めて数日経過し、考えるところがありました。

最近は新しい魚種の追加も無かったせいか

・魚のトリートメント
・時間を決めてしっかりとした給餌
・病気の発症の有無及び体調チェック

など久しく手を抜いていたなと実感しました。
手を抜くというかそこまでする必要性が無い状態が続いてしまっていただけなんですが
「病気なんか起こるワケが無い」
とか
「昨日平気だったんだから今日も平気」
みたいな油断というか慢心があった気がします。

しかしこういうことをきちんとやってみると改めてアクアの面白さを感じますし、反面で僕が丁寧にケアをしていかなかったら簡単に病気や死が訪れるんだと思い出しました。

グリーンネオンテトラを飼ったのは久しぶりに飼いたくなったという単純なものでしたが僕にとって思わぬ副産物を与えてくれました。

何事も初心忘れるべからずという気持ちを思い出した楓にポチッとお願いしますm(__)m

グリーンネオンテトラが我が家に来て今日が4日目。
餌の食いつきもとても良くて当初予定していた量の5倍近い量を食い尽くしています。30匹のうち残念ながら初日に1匹だけおちてしまいましたがあとはすこぶる元気です

12c93762.jpg


6f8900e6.jpg



色もかなりしっかり揚がってきましたし水槽内の様子を見ていても落ち着いていますし僕の存在もある程度認識出来たのかな。

しかしここでまだ油断は出来ません。経験上、白点病をはじめとした病気が潜伏していたのが発症するのがトリートメント4〜5日目辺り。つまり今が一番の山です。

ここを無事に越えられれば安心して他の魚のいる水槽に混ぜてあげられるでしょう

9944b88e.jpg


今の所は病気の存在は見受けられないのでこのまま山場を乗り越えてくれることを祈ります。

それにしても…もう少し多くても良かったなぁ(笑)

無事にここを乗り越えるようにポチッとお願いしますm(__)m

正解は…

例の如く少し引っ張ったニューフェイスの答えをいよいよお伝えしようと思います。

ではまず写真をどうぞ

92367ab9.jpg


3aa90e59.jpg


4b57e972.jpg



ものの見事にピンボケばかりですがもうおわかり頂けた方もいるでしょうか。

では会心の一枚とともに名前を

e1a88d46.jpg




グリーンネオンテトラでした〜

ポピュラー種ですね。しかしやっぱり可愛いですね。

これが僕の新しい仲間です。この写真は昨日撮影したもので、今朝の段階ではこの写真より色が出ています。今の所は白点病なども出ていないのでもうしばらくトリートメントタンクで落ち着いたらメインタンクに移してあげようと思います。

新しい仲間、グリーンネオンテトラにポチッとお願いしますm(__)m

水合わせ〜

昨日、急に魚を欲しくなり(正確には欲求を抑えられなくなっただけ)買ったお魚様。
あれから水合わせを必死こいて行いました

fe2a0cf3.jpg


これがその時の写真です。一体何が入っているのかわかりますか?

03d213b8.jpg



同じような写真をもう一枚。こんなんじゃハッキリ言ってわからないですよね。メダカにしか見えない(笑)
さて、一体この魚はなんでしょ〜??



そしてここからは少し水合わせについて書いていきましょう。

水合わせとは基本的に『水温』と『水質』をその魚の適切な状況にしてあげる作業です。

魚はショップから家に運んでくる間に温度の変化があり、梱包されたビニールの中で糞やら自らの出した分泌液で傷んだ水になっています。
だからと言っていきなり「ここが君の適正な水だよ」とぶっ込むとショックが起きて病気になったり問題が起こりやすくなります。

そのショックを和らげてあげることによって問題が起こる確率を減らすスポーツ前のアップみたいなものです。

で、そのやり方です。
まず、袋のまま入れたい水槽につっこみます。これで大体30分。
そこに水槽の水を袋の水の3分の1程度ゆっくり入れてあげます。
そして15分放置。
この行程を更に2回繰り返してあげると水合わせ完成です。

あとはこの袋の水を出来るだけ入れないようにしながら水槽に魚を移してあげて下さい。

これはあくまで僕個人の方法ですから人によって違いますし真似して何かあってもその辺は自己責任でお願いしますね。

水合わせを終えた新たな仲間にポチッとお願いしますm(__)m

トリートメント

81e145df.jpg


トリートメントタンクを立ち上げました。
フィルターとヒーターを付けただけの最低限の装備です。
しかもキスゴム外れて漂うヒーター…良いんです!トリートメントタンクだから!!

ガラスの向こうも配線剥き出し…良いんです!トリートメントタンクなんだから!!


さて、と…
これに何が入るのかは今日か明日の日記には書く予定ですからお楽しみに。

ちなみに、このタンクはフル稼動しているビーの水槽のフィルターそのまんま持ってきました。水はビー水槽、レイアウト水槽から持ってきたの水で出来ているので立ち上がり抜群です。

新たな仲間を迎える準備万端な楓にポチッとお願いしますm(__)m

livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ