アクア徒然日記

レッドビーシュリンプ、ホシクサの育成を中心にアクアな日々を徒然に綴っている日記です。 一昨年3月18日からは毎日欠かさず更新しています。 とうとう無事に3年を突破しました。まだまだ更新し続けるぞ! レッドビーシュリンプ ビー ホシクサ アピスト アクア 日記

レッドビー

よしっ!まだある!!

ある事項を確認する為に

f319c2ad.jpg


餌を使いおびき出し作戦を決行しました。

すると1分もせずに

cd968724.jpg


次期エース候補が登場。
流石、嗅覚が違いますね。この反応の早さが次代のエースとして逞しく繁殖を行うには必要です。

が!!

今日の主役は君じゃないのだ!
そんなワケで更に罠の前で待ち続ける僕。

そしてきっかり1分…

ceb125ed.jpg


更に別の個体も登場。しかし君も違う。

と、ここでちょっと席を外して戻ってみると

6ada6647.jpg


大惨事になっていました。

しかしちゃんとこの罠には今日の主役がちゃんとかかっていました。

そう、この写真の中で一際大きい赤ビーです。

そしてドキドキしながらこの赤ビーのお腹をチェックしてみると…(以下、首を右に90度傾けてお楽しみ下さい)

e1571bde.jpg


985f8979.jpg



少し見づらいですが確かに卵の存在を確認出来ました。先日お伝えした通り、赤ママです。ちゃんと今も抱えてくれていました。

しかしやはり少し卵が減っていますから脱卵しているようです。あと20日くらい、持ちこたえて欲しい!!

まだまだ経過報告をしていきますから楽しみにしていて下さいね。

最後まで脱卵せずに頑張れるようにポチッとお願いしますm(__)m



追記
本日までのコメント返しを書きました。1週間前の記事から振り返って読んでもらえたら嬉しいです。

お待ちしていました〜

昨日、帰宅して水槽を見ていると

bf56ce9b.jpg


こんな抜け殻がありました。
なので直感で「キタか?」とは思っていました。

しかし今までそれでスカシを喰らったこともありますし期待を高め過ぎるのは良くないなととりあえず様子を見ることにして床につきました。

で、今朝になって改めて水槽をチェックすると目的の個体

a24f61d4.jpg


がちょうど水槽前面に来ていました。
これじゃわからない…もうちょい横向け。もうちょい

c1692455.jpg



お…通じた?もう少し…そう、もう少し…

4166f054.jpg


おぉ、お。
なんか見えた…チラッと見えた

33f4c078.jpg



絶対に間違いない!これは待ちに待って待ち兼ねた…

76e59ee0.jpg


抱卵ぢゃ〜い!

この個体の抱卵をどれだけ待ち侘びたか。以前に初抱卵、その後、脱卵してしまってからうんともすんとも言わずおよそ2ヶ月。
ようやく抱卵。この個体の抱卵に何故こんなに喜んでいるかというと、見ての通り表現は普通の日の丸なんですが通算2度目の抱卵ですが全く色が落ちないのです。

表現はどうとでもなりますが色が落ちない個体は中々作れないのでまさに宝なんです。この個体から生まれる稚ビーへの期待と言ったらありません。
ちなみにここ2回頑張ってくれた黒ママは最初の抱卵でガッツリ色が抜けました。

今日、抱卵したので来月24〜5日が孵化の予定日でしょうか。
脱卵癖もあるかもしれませんし、それまで大事に育てていかなくてはいけませんね。また長い1ヶ月が始まります。

良い報告が出来るようにポチッとお願いしますm(__)m

お疲れ様でした

といっても自分のことでも何かが死んでしまったワケでもありません。

今日の主役は久しぶりに彼女です

41c5c1da.jpg


そう、最近我が家で沢山の稚ビーを生んでくれたママビーです。
無事に2回の連続抱卵にも耐えてくれました。
しかも生んだ後は色が戻ってきました。
なんてタフなんでしょう。

しかしそろそろ一旦はお休みしてもらってまた春くらいから頑張ってもらおうと思います。
それまでは少し他の成長したビーとは隔離しておこうと思います。

元気でホッとしたママビーにポチッとお願いしますm(__)m

まだか…

週末土曜の仕事も終えて帰宅。

ゆったりと…じっくりと水槽を眺めてみる…。






まずはビーの水槽を眺める。

次は水草レイアウトの水槽を眺める。



そして改めてもう一度しっかりとビーの水槽を眺めてみる。今度は色々な角度、面からも眺め、いや覗いてみる…


















いないか…。
うぅん、残念ながらまだ稚ビーは孵化していない様子。
これから忘年会なので終わって戻ってきた時に期待して眺めてみることにします。

こうして過ぎていくアクアリストの週末にポチッとお願いしますm(__)m

親越え

稚ビーが沢山生まれてそれが段々成長していく中で表現が変わり、良くなるのもいれば悪くなるものもいます。
サイズアップしていくとその表現が見ているこちらにもよりわかりやすくなっていきます。
そうした中で今回の理想は母親越えした表現の個体がいることでした。

が、正直母親の遺伝は劣勢なので父親の表現に近いものが出てきやすいのです。
でも残念なことに♂個体で立派な表現個体はいませんでした。

でもでも

a56b0004.jpg


写真ではわかりにくいですが背中に少しだけ残っていた日の丸部分が白に変わってモスラに変身しました。しかも麿呂ハッキリ!

よ〜し、元気に育ってくれよ〜

次世代のエース候補にポチッとお願いしますm(__)m

4月終りだ〜!!

と言うことで一ヶ月の総括をしてみたいと思います。
今月は結構変化がありました。

まずなんと言ってもマットグロッソスターがやってきました
f31196c2.jpg

今日の写真です。
葉がどんどん枯死していき心配していた時期も過ぎ、しっかり展開してくれました。

あとはクロ&アマノの種子も届きました
0138d706.jpg

d56a0d07.jpg


今日は連続アップです。そういえばクロは結構日数が経過しましたね〜(汗)

あとはビーの爆殖スイッチ入りましたね。ポツポツでは無くガッと抱卵、孵化をしました。今もまた抱卵が続いています。
写真は手元に無いのであとでこの日記に追加添付します。

最期にキネレウムの成長を見てみたいと思います。まずは1日の写真
da5d6b46.jpg


続いて本日の写真2c977f51.jpg

だいぶ成長しました。あとは順調に大きくなり、株別れや水上化を体験出来れば良いですね。

来月も頑張りますのでポチッとお願いしますm(__)m

第100号

ブログを初めておよそ2ヶ月半…この日記が記念すべき100件目の日記です。
当初は「ちゃんと続くかな」とか「誰も読んでくれないんじゃないかな」とかネガティブな妄想もしましたが最近はコンスタントに見てくれている方が増えたように思います。ありがとうございます。

そんな記念の100号ですからいつもより写真の多い合成な仕上げにしようと思います。

まずはレギュラー写真から連続でアップしちゃいます。
f7653994.jpg
クロホシクサ
まだ発芽しませんね。もう少し先でしょう

fb23e734.jpg
アマノホシクサ
こちらはクロより後ですからね。まだ半月先の予定です。

7b24e54d.jpg
キネレウム〜
こちらは相変わらず順調です。日々成長しています
c428f4c6.jpg
今度は横からキネレウム〜
成長がわかりやすいカットでしょ?縦にも横にもガッツリと広がっています

fc771a9b.jpg
マットグロッソスター
こちらは生え変わりも殆ど終わり、やや小さめのサイズに生まれ変わりました。今までより濃い緑が元気な証拠なのかな

6d88d2de.jpg
キューバパールグラス
こちらは上に例のクロ&アマノソイルがある為に光量が少し弱いのか横へのランナー展開をしていませんね〜。移動してあげようかなぁ


さて、水草はこんなもので良いかな。
ここからはめでたいと言えば紅白ってことでレッドビーシュリンプの写真をアップしちゃいます。

b2fe2346.jpg
まずはへんてこポーズから。
勝手にお祝いのポーズと決めてしまいましょう(笑)

620caa28.jpg
お次は黒モスラです。
紅白ではありませんがお許しを。


1ebf1538.jpg
そして今度こそ紅白です。
赤モスラ。ビーのランク的にもようやくお祝いっぽくなりましたね。


b1556345.jpg
卵は見えませんが抱卵ママです。
しかも50個近く持っています。色落ちも殆ど見られないのでこのママさんの稚エビは楽しみです


82f48cff.jpg
そして100号のラストを飾るのはこの写真。
我が家の色落ちしない黒と2匹のママビー様です。この3匹の功績はとても大きいのでラストを飾ってもらいました。

いつも読んで頂いている皆さん本当にありがとうございます。

もう100号頑張れるようにポチッとお願いしますm(__)m

多くは語らないでおきますが

今日、21時から放送した週間オリラジ経済白書にてレッドビーの買い取りを行っていましたが、テレビの力は絶大ですね。そして嘘だらけの世界と言うべきでしょう。
僕自身、テレビ業界にはかなりコネクションがありますしどうせこんな事になるんだろうと思っていましたが。

買い取り業者として出てきたのがアクアフォー〇ュンの代表S氏とは…。
彼は業界でもやり手で有名ですがまさかあのクラスの個体に6万とは…大きく出ました(笑)
多分、番組側があの金額だった事にするよう根回しと言うか、わかりやすく言えばあの封筒が店側から渡された封筒だという証拠はどこにも無いと言う事ですね。実質あのクラスだと彼は3千円程度しか出しません。


書いてて馬鹿らしくなってきたので局に探りを入れようかと思っていたのですが止めておきましょう。
今回はあまり良い内容では無くなってしまい、すいません。けれど現実はこんなものです。
せめてこのblogを読んでくれた人達だけは(この件だけで無く)メディアに踊らされないで欲しいと思ってこの日記をあげました。
ランキングエントリー中!

livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ