蹴球二日制のサッカー色々

山口県からJリーグクラブを目指すレノファ山口とその他サッカーを中心とした話題のブログです

レノファ

2011年シーズンの終了

山口国体が始まり、県内はスポーツのお祭り状態になっています。ただ、全国ニュースに扱われることもない山口県だけで盛り上がっているこのギャップはなんだかなあと思ってしまいます。(´・ω・`)

さて、山口国体についてですが、2-4で1回戦敗退という結果に終わりました。
残念ではありますが、今年のレノファのコンディションでは致し方ない部分があったかもしれません。

日程も3,4日程度、負ければたった1日で終了となるこの国体に向けて6年間強化を進めてきたサッカー協会と県ですが、この結果をどう受け止めているのでしょうか?悔しい思いは関わった全ての人たちが同じだと思います。

ただ、ここまでその悔しい思いを伝えてくれるのは戦った選手ばかり、(´;ω;`)彼らの思いばかりが伝わってくるばかりでそれを主導した上層部がまだ伝わってきません。

ここ数年、JFL昇格という言葉ばかりが先行するのとは裏腹に、松本山雅やカマタマーレ讃岐など全国のライバルと比較しても決して同じレベルまでのチーム力強化がなされないままシーズンをスタートして、スタートすればその活躍に今年こそはと期待をするも、やはり全国にでればチーム力の差を見せ付けられて敗退を喫してつらい思いをすることの連続でした。
今年、西社と3月のリーグ戦の結果から自分は今年のこのチームを一歩退いて観る事にしました。それは強い期待をするほど結果が出ないと深く傷つくからです。どんなにつらい時でも応援を続けることが本当のサポーターかもしれませんが、時には厳しい言葉をかけて、突き放すサポーターがあってもいいのではないでしょうか?

「こんなチームは解散してしまえ!」ヽ(#`Д´)ノなんて声もありますが、それはあってはならないことです。どんなに不甲斐ない結果であっても、プロスポーツチームのない山口県でJリーグ参入という大きな目標をもつチームはなくしてはならないと思っています。(`・д・´)

来季の体制については色々書いてもチームの人たちが一番良く分かっているはずなのであえて書きませんが、応援するに値する変化を見せてくれない以上来年も一歩引いた応援をすると思います。

西日本社会人サッカー

さて、年が変わって最初のブログですね。昨年より早いタイミングで何人かの新入団選手が発表されています。
最終的にどのくらいの選手が入ってくるかはこれからの動向をみていきましょう。

そして明日からは西日本社会人サッカーが大阪の堺で行われます。前年に西日本(関西・中国・四国・九州)のリーグ上位成績チームが出場するこの大会は優勝することで特に何かがあるわけではありませんが、今シーズンを占う大事な公式戦になります。

この時期なのでチームによってはプロ野球のオープン戦のように調整として考えるところもあるかもしれませんが、やはり結果を求めて欲しいところです。
ちょっと、野球の話しになりますが、2002年のプロ野球オープン戦、当時阪神ファンだった自分は星野新監督のダメ虎改革に期待をしていました。負け犬根性を直すためオープン戦であろうと本気で勝ちを求めた阪神はオープン戦勝率8割を越す成績で優勝、ペナントレースは優勝できませんでしたが、あのオープン戦の戦いは今でも印象に残っています。

調整も大切かもしれませんが、やっぱり勝ってきてもらいたいですね。

話しがそれましたが、西日本サッカーの組み合わせは次の通り
レノファ VS ヴォルカ鹿児島
三洋電機 VS 南国高知

HOYO VS アイン食品
デッツォーラ VS カマタマーレ

HOYO、カマタマーレ、三洋電機と地域決勝のライバルも出てきます。
HOYOとあたることが出来ればリベンジのチャンス、カマタマーレを下すことができれば、初勝利&JFL昇格チームからの白星で自信と勢いにつながるでしょう。三洋電機もベスト4チーム。こことの勝負も実現すれば楽しみです。

地域リーグ決勝大会終了

1年の総決算、地域リーグ決勝大会の1次リーグが終わりました。

ご存知とは思いますが、レノファは1勝2敗で1次リーグ敗退となりました。

1日目
レノファ山口 0-3 YSCC

2日目
レノファ山口 0-1 HOYO

3日目
レノファ山口 3-2 SC相模原

2日目の段階ですでに敗退が決定し、3日目の相模原戦でも早々と2失点。
完全に意気消沈の中、劇的な逆転で勝利!
Jリーグ準加盟の飛び級で参加したSC相模原の今季昇格を阻んだと一部で盛り上がったりもしているようですが、レノファにとっては敗退という結果は同じです。

3年連続の敗退については自分の中のでのチームに対する怒りの気持ちと同時に山口を背負ってJリーグをめざすチームを応援し続けたい相反する想いがせめぎあう3日間でした。

「JFL昇格」「山口からプロチームを」こうした目標に対して具体的に何が必要であるのか?これは別の機会に書いていくつもりです。

全社2日目・山口きらら公園会場

昨日に続いて、晴天に恵まれた全社の2日目。2回戦の観戦は山口きららスポーツ交流公園のレノファとパルセイロの2チームの観戦です。

小野田会場と同様にここでも地元特産品や軽食の販売が行われています。あとはよく分かりませんがスタンプラリー(?)なんてのもやっていました。
1017a






さて、地元のレノファの試合ということもあり結構なギャラリーが集まった所で第1試合の試合開始。
1017b1017c


出だしから攻勢に出たレノファが福原、安田、田村の連続ゴールで3-0と大きくリードして前半終了。田中のFKからのゴールは観客の興奮も最高潮になります。

1017dしかし、後半、1点を失うとあっという間に2失点。完全にペースが相手に流れてしまいます。延長になってからも状況を打開できずに逆転を許し3-5で敗戦・・・(´・ω・`)守備がこれだけ崩れるとどうにも出来ません。
終了後に選手に送られた拍手が重苦しい観客の雰囲気を感じさせるものだったのが印象的でした。


第2試合の長野パルセイロとラランジャ京都の試合は非常に見ごたえがありました。結果はラランジャが先制、長野が追いついた後、延長で逆転といった流れで長野パルセイロが勝利しました。
1017e1017f


終始ペースを握ったパルセイロは正確なパス回し、ボールを持っても奪われない個人技、圧倒的な支配率となかなか点が奪えなかった点もありましたが、ライバルながら見ていて惚れ惚れしました。はるばる長野から来たサポーターの方々、ご苦労さまです(`・ω・´)>
1017g1017h

ここまで2日間を見ただけですが、客観的に見て盛岡・福島の東北勢と長野はやはり実力は抜きん出ているようです。(もちろん福島はまだ全社枠を手にしていませんが・・・)

さて、レノファについてですが、非常に状況はまずいです。
大事な地域決勝1ヶ月前、しかも地元開催の全国大会の場でのこの敗戦。日本代表の岡田JAPANはW杯直前までひどい惨状だったのを本番で見事に裏切りベスト16入りをやってのけました。応援するサポーターはただ信じるしかありません。あとはその信じる気持ちに答えてくれることを願うしかありません。

全社開幕!

待ちに待った全社(全国社会人サッカー選手権)が明日から地元山口で開催されます。来年の国体のおかげとはいえ、この大会が地元で行われるのはいいですね〜(´∀`*)

組み合わせは公式や他のところで出ているので省略しますが、勝手ながらベスト8までを予想してみます。

乃木浜会場の2つの山からは
「tonan前橋」と「カマタマーレ讃岐☆」。
小野田会場の4つの山からは
「ノルブリッツ北海道」と「グルージャ盛岡☆」と「藤枝MYFC☆」と「福島ユナイテッド」
最後に山口きららスポーツ公園会場からは
「レノファ山口☆」と「長野パルセイロ☆」

☆は地域決勝出場決定チームです。
もっとも予想が難しいのが小野田会場のグルージャ盛岡と予想した山です。SC相模原、矢崎バレンテ、デッツォーラ島根と実力ぞろいの山なのでどこが来てもおかしくありません。

ベスト8から先は本当の実力勝負。連戦を勝ち抜く力があるところがさらに上に進むことでしょう。

注目は福島ユナイテッドとデッツォーラ島根。福島は真剣勝負の全社として山口にやってきます。地域決勝に進むラストチャンスをつかむことができるかといったところでしょう。
デッツォーラ島根はご存知中国リーグ終盤にもっとも勢いを見せたチームで全国から一目置かれています。1回戦があのSC相模原という強敵が相手ですが、その勢いは全国でも発揮できるか?が注目です。

そして、地元のレノファですが、問答無用で勝ち進むだけでしょう。全社を獲ることが地域決勝の大きな力と自信になるなら負けることは許されないはずです。なんせ地元開催ですから。あの某ブログの方もレノファの活躍がこの大会を盛り上げる要といっていますしね(`・ω・´)

さっきのデッツォーラ島根も同じです。あっさり負けては中国リーグの威信失墜にもなります。レノファとデッツォーラで盛り上げていきましょう!!


TagCloud
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ