単身赴任”彦さん”の自炊日記

ちょっと切ない単身赴任生活を、めし日記で綴ります。

May 2008

東京で食べる讃岐うどん

またもや先日のオフ会プレゼントネタです。

今日は謎若2号ちゃん(新婚ほーやほやの若妻)からいただいた
本場の讃岐うどんです。

謎若2号ちゃんはドイツで3年間お菓子作りの勉強をしている時に、
ドイツでハム・ソーセージ作りの勉強をしていた旦那と知り合い、
日本に帰国してから結婚しました。そしていまは香川県に住んでいます。

謎若さぬきうどん

 

 

 

 

 

 

 

 

生タイプの2食分です。12分茹でて冷水でいったん締めます。

1回目は「ぶっかけきつねうどん」にしました。

とにかく麺の歯ごたえがスゴイ。

ぶっかけきつねうどん

 

 

 

 

 

 

 

 


そして今日の昼ごはんに食べたのが。。

ほうれんそう入りかけうどん

 

 

 

 

 

 

 

 


ホウレン草と卵入りかけうどんです。
私は名古屋育ちなので、きしめん風に花かつおを入れることが多いです。

最近東京でも讃岐うどんの店が増え、おつゆの色真っ黒な東京うどん
はほんとうにみかけません。

以前食べた東京うどんの写真です。

東京うどん

05_9_24_1

 

 

 

 

 

 


どうですか、このつゆの色。。うどんにそばつゆをかけて食べる
ってかんじでしょうか(笑

まずくっても評判悪くっても、これはまたこれで、後世に残ってほしいと思うんですが。。。

 

ほうぼうと生鰹のお造り〜冷酒で一杯

魚介類の売場にほうぼう、キス、アジ、いさきといった夏に旬を迎える
魚たちが目立つようになりましたね(^^

今日は「豆料理」を忘れて、先輩とちょっと飲みに行く予定だったんですが、
直前に約束が反故になったので、閉店間際の「魚慶」さんに駆け込んで、
ほうぼうと生鰹を仕入れてきました。

ほうぼうの顔 毎年、今頃の時期に新鮮なほうぼうが出回ります。
 先ほどまで生きてたようなピチピチのほうぼう君で
 あります。
 かえるちゃんみたいな愛嬌のある顔してます(^^




柵取りの準備。。

ほうぼうのさく取り準備

 

 

 

 

 

 

 

 


よく締まった透明感のある白身です。
この半身ををお造りに。。半身は煮物用にブツ切りに。
思ったとおり抱卵してました。真子はアラと一緒に赤出汁にします。

まずはお造りです。

ほうぼうのお造り

 

 

 

 

 

 

 

 


今のほうぼうの身はびっくりするくらい甘さがあります。

ほうぼうアラの赤出汁

 真子とアラの赤出汁です。


 


 


もう1品、今度は赤身を。。
銚子で朝あがった「生鰹」です。
よくスーパーでみかける昨年加工されて、解凍した「鰹のたたき」よりも
当然旨いです。
血合いのところもぜんぜん生臭くありません。
さすが「魚慶」さんいいものをお値打ちに提供してくれます。

生鰹のお造り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今夜は冷酒で一杯。この前、神楽坂で購入した「塗り枡」、
初お目見えです(^^

080528

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

ソラマメと海老の水餃子

今日もまた豆料理ですか?
はい、今日もまた豆を使った料理です(笑

さすがに乾燥豆を戻して使うのはチョットくどいかと思いまして、今日は生豆。

そろそろソラマメの旬も終わりつつあるので、鞘に入ったのを久々に購入しました。前夜はこれを初めて丸焼きにして食べたんですが、味はちょっとイマイチでした。今日はそれをひとまず塩茹でして。。。皮を剥きました。

茹でソラマメ

 

 

 

 

 

 

 

 


さて、これをそのまま食べてももちろん美味しいんでありますが。。

海老とソラマメの大判餃子

 

 

 

 

 

 

 

 


海老すり身、ネギ、キャベツ、たけのこ、しめじのみじん切り
をベースにした餃子のたねで「ソラマメ」をくるんで、大判の餃子の皮で
包みました。

そしてこれを3分間、沸騰したお湯で煮ます。

そらまめと海老の水餃子

 

 

 

 

 

 

 

 


ソラマメの緑と海老の朱色が皮から透けてみえます(^^

水餃子はつけだれが命。これで随分味が変わってしまいます。
今日は、カクキューの味噌カツのたれに米酢と花椒(中国山椒)
を入れたものを用意しました。

水餃子たれ

 柑橘系の味がほんのりして、とても爽やかな
 味わいになります。

 

 


080527

 

 

 

 

 

 

 

 


ジャガイモ、ソラマメ、炭水化物が多いので、本日はご飯なしです。

さて、先日作った「白いんげんの水ようかん」を凍らせたものですが。。。

白いんげんアイスと果物缶のデザート

 

 

 

 

 

 

 

 


フルーツ缶と組みあわせて、アンミツ風にしました。
凍らせた水ようかんの色がソーセージみたくになって、
あまり美味しそうじゃないですが、
たしかに昭和風の懐かしいアンミツの味がしました。

 

白いんげん豆の水羊羹(黒糖風味)

豆に憑りつかれた?1週間。
ついにこの休日、お菓子まで作っちゃいました(^^;

使った材料は北海道産の「白いんげん豆」
皮が薄いので、中身が溶けやすく、普通の料理にはちょっと使い辛い豆みたいです。和菓子屋さんで白餡を作る時に使う豆です。

 1晩水に漬けた白いんげん白いんげん(北海道産)

 

 

 

 

一晩水に漬けます。。きれいな白い豆です。

圧力鍋で二度煮

 

 

 

 

 

 

 

 


黒砂糖オリジナル「白いんげんの水羊羹(黒糖風味)」のレシピです。

◆材料
 白いんげん豆(乾燥)100g、グラニュー糖大匙4杯、黒糖大匙1杯、
 塩少々、梅酒5ml
  ※甘さは各自調整してください。この分量はかなり上品な甘さになります(^^

◆作り方
/紊婆瓩靴診鬚い鵑欧麁Δ録紊ら煮てアクを取り、一度水を代えます。
圧力鍋で5分間加圧します。
0砧呂抜けたら、グラニュー糖(大匙4杯)と黒糖(大匙1杯)
  塩少々を入れ、水分が半分になるまでトロ火で煮詰めます。
ゑ欧できたら、粉寒天5gを投入し、軽く混ぜ合わせます。
シ燭貌れ、ラップで覆い荒熱を取ります。
荒熱が取れたら、冷蔵庫で冷やします。
Ю擇衒けて皿に盛り、梅酒を振りかけてできあがりです。


型に入れる

 

 

 

 

 

 

 

 


型に入れたところ。熱いから火傷に注意。

ラップで覆って冷ますラップを覆って冷まします。
荒熱が取れたら、冷蔵庫へGO!



 


冷蔵庫で固める固まりました。

 

 

 

白いんげん黒糖風味の水羊羹

 

 

 

 

 

 

 

 


できあがり。梅酒を少しかけて大人風味にしました。

カロリーの高いものを食べた後に食べると、その吸収を阻止する作用のある
寒天が入っていますので、ダイエットにもいいかも。

考えてみれば今までお菓子やデザートを一度も作ったことのない
私にここまでさせる「豆」ってスゴイ(笑

式部の香り

 

 

 

 

 

 

 

 


この前のオフ会で 椿さんにいただいた深蒸し煎茶「式部の香り」
といっしょにいただきました。

余ったのは冷凍しました。「井村屋のあずきバー」みたいになってくれると
嬉しいんですが。。それはまた次回ということで。

連夜のひよこ豆料理

水に漬けておいたひよこ豆、3倍くらいに膨らみました。

ひよこ豆準備中

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな状態から。。。

膨らんだひよこ豆

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなに体積が増えました。

チキンとひよこ豆のトマト煮+玄米ご飯

 

 

 

 

 

 

 

 


「ひよこ豆とチキンのトマトソース煮」+玄米ご飯です。

簡単な料理ですがレシピを載せます。

◆材料(3皿分)

乾燥ひよこ豆80g、カットトマト缶、手羽元6本、
玉ねぎ中1個、ピーマン、コンソメスープの素、塩、胡椒、オリーブオイル
赤ワイン1カップ、醤油、乾燥オレガノ

◆作り方

,劼茲各Δ楼貳嫂紊膨劼韻討き、アクが浮いていたら取り除きます。
手羽元は塩・コショーし、フライパンで皮に焦げ目が付く程度に
  オリーブ油で焼いておきます。
圧力鍋にひよこ豆、炒めたタマネギ、鶏手羽元、ワインを入れて、
  10分加圧調理します。そのまま圧力が下がるまで放置します。
5ぐ気下がったら蓋を取り、トマト缶(カット)を全部入れます。
げ个通ったら、塩、コショー、砂糖、乾燥オレガノ、醤油を
  入れ味を見ながら、自分の好みの味にしていきます。
ィ喫ほど煮込みます。
Ε圈璽泪鵑里澆犬鸚擇蠅鯏困┐討任あがりです。

食べてみた感じ、ひよこ豆はジャガイモと同じ感覚でいろいろな料理に
使えばいいと思いました。ジャガイモと違って、煮込んでも煮崩れしないし、
煮込めば煮込むほど、味わいが深くなりコクが出るんじゃないでしょうか。
翌日のガス発生が問題か(笑


さて2日目のメニュー

今日もひよこ豆のトマト煮を使った1品

チーズinオムレツとひよこ豆のトマト煮

 

 

 

 

 

 

 

 


チーズオムレツにたっぷりとかけてみました。

バジルソースのブルスケッタ

 

 

 

 

 

 

 

 


バジルソース味のブルスケッタです。

080522

 

 

 

 

 

 

 

 


ひよこ豆、十分に堪能しました。しばらく豆は見たくない(^^;
次回は「白いんげん」の料理です。

a href="http://food.blogmura.com/cookingmen/"><img src="http://food.blogmura.com/cookingmen/img/cookingmen88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ" /></a>

 

ひよこ豆

ChiblitsさんにもらったMIX豆の茹で豆を味見して選んだのは、
これでした。

ひよこ豆準備中

 

 

 

 

 

 

 

 


「ひよこ豆」です。和名で「栗豆」といわれるようにほっこりして
とても味が良かったからです。
カルバンゾーとして、ミックスナッツに入っているのは、食べたことありますが、
料理に使うのは初めてです。
どこのスーパーにも置いてあるのかなと思ったのが大間違いで、レンズ豆も
ヒヨコ豆も置いてある食料品店を探すのに苦労してやっと今日手に入れました。

乾物の豆の価格は今まで全く知らなかったのですが、かなり高価で貴重なもの
だということがわかりました。
ですから、今夜一晩水に漬けて、料理できるのは明日です(^^;

今日の晩飯は。。
「魚慶」さんで購入した分厚い甘塩しゃけ。

魚慶の分厚いしゃけ

 

 

 

 

 

 

 

 


筍、じゃが芋、ロースハムをオリーブ油で炒め、バジルソース
で合えたもの。。

筍とロースハムのバジルソース炒め

 

 

 

 

 

 

 

 


小松菜と蒸しほたて、切干大根の味噌汁。

ほたてと小松菜の味噌汁

 

 

 

 

 

 

 

 


調理時間は全体で30分ほどでしょうか。。

豆料理は究極のスローフードですから、休日の時間に余裕のあるとき
じゃないと無理かも。。。


200520

 

 



 

 


 

 

 

 

豆料理に目覚める?

オフ会のプレゼント交換で、カリフォルニアのばあさんことchiblitsさんから
レンズ豆、MIX豆、いろいろな香辛料をいただきました。
ちなみに他のみなさんは鹿児島名物「かるかん」でした(^^

料理好きの黒砂糖さんへということで、特別に宿題をいただいたような気がして、
ここ数日、もう頭の中はどうやって食べてやろうと「豆」のことで頭がいっぱい。
考えて見ると、生豆(えんどう豆、えだ豆、そら豆)のたぐいは、しょっちゅう食べているんですが、水で戻す必要のある豆料理は今まで一回も作ったことがありません。(一晩水に漬けておくだけでいいんだけど、それがなかなか面倒なんだよね)
圧力鍋を買ってもまだ豆料理は作ったことないし、これを機会に挑戦してみようかなと思って早速、「レンズ豆」の料理に取り掛かることにしました。



chiblits産レンズ豆

 

 

 

 

 

 

 

 


まずは「レンズ豆」をWIKIで検索してみると

2006年3月27日、アメリカの健康専門月刊誌「ヘルス(World's Healthiest Foods: Lentils (India))」による世界の 5 大健康食品が発表され、スペインオリーブ油をはじめ、日本大豆、、ギリシャヨーグルトインドのレンズ豆、韓国キムチの 5 品目が選出された。

この「スーパー食品」はタンパク質コレステロールを減らす溶性繊維を含み、その他のマメ類の約 2 倍の鉄分を含んでいる。そしてレンズ豆にはほとんどのビタミンB 群と葉酸が多く、とりわけ適産期を迎えた女性にとって大事なのは、葉酸が流産のリスクを減らすという理由である。また、米国農務省の研究によれば、ベルガ黒レンズ豆の中の色素には抗酸化作用があり、心臓病・ガン・一般的な老化現象への抵抗を手助けする。

レンズ豆いろいろ

 レンズ豆っていってもいろいろ種類が
 あるんですね。

 今回は茶色のレンズ豆を使いました。

 

 

 



 

 

おおーっ、今まで知らなかったけど、すんごい食材じゃないですか。

ポークビーンズをまず作ってみようと最初は思ったんですが、豚肉が無かった
ので、和食に使えるかどうかを試すために炊き込みご飯に入れてみることに
しました。

レンズ豆炊き込みご飯

 

 

 

 

 

 

 

 


レンズ豆は米と一緒に30分間、普通に吸水させてから使いました。
火を入れるときに戻っているかどうか調べてみると、固いままだった
ので、チョット心配しましたが、いつもより水を多目にして、5分間
余分に炊いて、蒸らし時間も長めにしたらちょうど良い固さに仕上がりました。

一口食べてみると。。独特のコクと旨みがあって美味しいです(^^

080516

 

 

 

 

 

 

 

 


冷やっこをアンさんからいただいた「味噌かつのたれ」で食べてみました。

そして話はまだ続きます。。
食べ終わってから、chiblitsさんに御礼を兼ねて報告しようとしたら。。。

「私が米国に帰ってからレシピ紹介するから、それまで待っててね」
というコメントが。。。

ギャハハ。フライングしてしまいました(^^;
食いしん坊はこれだから困る。待てないんですよね。

というわけでchiblitsさんにいただいた豆はそのまま置いておくことにして、
もう「豆料理」のことで頭が一杯の私は、自分で豆を買ってくることにしました。
レンズ豆は新たに買うとして、他にどんな豆を買おうかな?
そこで、これもいただいた「MIX豆」を茹でて、どんな味がするのかを
試してみたくなりました。

茹で豆の準備

 

 

 

 

 

 

 

 


次回はこの中からどんな豆を買ったのか。。報告します。
しばらく豆シリーズ続くかも。。

 

黒はんぺんが食べたい時に行く店〜練馬区がらくた居酒屋いっぽん

くろねこママさんから送っていただいた黒はんぺんは
大阪に。。私は東京、そして大阪に帰るのは来月中旬。。

というわけで、大好きな黒はんぺんはお預け状態なんです。
とりあえず、カミサンには「まんだ食べちゃかんでー」と連絡してありますので、
実際に料理した写真はまた今度ということで。。。

そんなこんなで黒はんぺんが食べたくってたまらない時には
どうするかというと。。。

このお店に行きます。以前もブログで紹介しましたが、今度は実名で。
それは練馬区桜台駅の近くにある「がらくた居酒屋 いっぽん」です

いっぽんの店内

 日本各地の焼酎がいっぱい揃った
 店内。

 あちこちにかわいい小さな玩具やら
 マスコットが飾ってあります。

 

 

いっぽん 甕入焼酎

 

 

 

 

 

 

 

 

お店のオリジナルブレンド芋焼酎「いっぽん」です。
口当たりまろやかでつい飲みすぎちゃいます。

そして黒はんぺんが食べたくなったら。。。
さっそく「黒はんぺんフライ」を注文しましょう。。

いっぽん黒はんぺんフライ

 

 

 

 

 

 

 

 

うひゃー美味しそう。黒はんぺんの故郷、静岡県出身のマスターが
作ったものですから、味も保障付きのほんまもんです(^^

ちなみにこれを作ったマスターの写真(NETより拝借)

いっぽんのマスター以前は私達とおんなじ宮仕えをしてたんですが、
奮起一発、このお店を2年ほど前にやりはじめた
そうです。


 

 

 

そしてこの料理を運んできたいっぽんの看板娘(実はマスターの奥様)


いっぽん おかみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダハハ。。ちょー癒されます。カワイイ。
写真を撮らせてもらった御礼に、この前買った「俵屋」の
せっけんをプレゼント。


いやいやけっして奥様目当てでこの店に行くワケではないんですよ。
あくまでも「富士宮焼そば」や「磯自慢」、そして「黒はんぺん」といった
静岡の名産を味わいに行くのであります(^^;

甘辛味噌ライバル登場〜カクキュー「味噌カツのたれ」

名古屋オフ会でいろいろな方から美味しい贈り物を
いっぱいいただいたので、ブログネタには当分困りません。
順番に紹介をしていきたいと思います。

まずは「アンさん」にいただいたカクキューの「味噌カツ」のたれです。

ライバル同士

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このブログで何回も登場した「献立いろいろみそ」の強力な
ライバル登場です。私もこれは「成城石井」でみかけたことがあり、
一度使ってみたいと思っていたところ、ドンピシャのタイミングで
いただきました。

まず、昨日のメニューから。。
ジャージャー麺定食です。

ジャージャー麺定食

 

 

 

 

 

 

 

 


冷やした中華麺に肉味噌をかけていただくのがジャージャー麺です。
これは「イチビキ」のほうで作りました。

そして今晩「味噌カツのたれ」で作ったのがコレ。甘辛味噌料理
絶好調です。

筍と春雨の甘味噌炒め

 

 

 

 

 

 

 

 

筍、いり卵、わけぎを春雨と一緒に炒めました。
味の仕上げに「味噌カツのたれ」と花椒を使います。

そして「味噌カツたれ」を使ってもう一品。。

帆立貝柱とわけぎのぬた

 

 

 

 

 

 

 

 


シンプルに「わけぎと蒸し帆立貝のぬた」です。
ちょっと贅沢でしたが貝柱のみを使いました。
帆立のヒモのほうは。。。

帆立ひもとカクテキチムチの和え物

 

 

 

 

 

 

 

 

カクテキキムチと和えてみました。これはメチャビールが進みます。
と言いたいところですが。明日は半年ぶりの人間ドッグに行きますんで
アルコールは抜きです。

そういえばくろねこママさんから無事「黒はんぺん」届きましたので、
報告します。次回は「黒はんぺん」料理を。。。。

 

名古屋オフ会決行!

先日ブログ仲間のオフ会を名古屋で決行しました(^^
場所は西区のうなぎ料理屋「しら河」です。

集まったメンバーは。。。そうそうたるメンバーです。
「カリフォルニアのばあさんブログ」でおなじみのchiblitsさん、横浜から椿さん、香川から謎若2号さん、広島からAcho☆さん、大阪からユムユムさんとウチのかみさん、地元愛知のアンさん、クロブタさんに今回の幹事のクロネコママさんそして、ドイツからはふろっしゅさんも参加です。

この中で男性は私とクロブタさんのみ。。もちろん初めて会った人同士も多かったんですが、みなさん明るくって、楽しい人たちばかりです。

しら河のひつまぶし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひつまぶしを食べながら、話に花が咲きました。
メンバーのこの笑顔を見てください。
せっかくの美しいお顔?にモザイクをかけるのはしのびなかったんですが。。
お許しください。
誰が、誰?ってのは内緒です(笑

ニコニコオフ会1

 

 

 

 

 

 

楽しいオフ会1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽しいオフ会2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だーれだ?顔、隠してるのは(笑

ブログのイメージどおりの方もあれば、ギャップのある方?もいらしゃると
思いますが、それもまた楽しみの一つでございます。

そしてもうひとつのお楽しみ。プレゼントの交換
写真は「椿さん」のをちょっとお借りしました。
ウチはかみさんと山分けしたので、大阪と東京に分かれてしまい
写真が撮れなかったからです。

プレゼントの山

 

 

 

 

 

 

 

世界各国、日本各地の名産品が寄り集いました(笑

幹事のくろねこママさんそして二次会移動のときに車を出して
いただいた旦那様、くろぶたさん、どうもお疲れ様でした。
来年は京都オフ会がいいなという声がチラホラ。
それまで皆様ごきげんよう(^^

参加してます。押してくださいませ
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
Profile

黒砂糖 彦兵衛

コメントありがとう
シュガーの部屋
カウンター
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
お勧めJAZZ CD
  • ライブドアブログ