単身赴任”彦さん”の自炊日記

ちょっと切ない単身赴任生活を、めし日記で綴ります。

December 2008

行く年来る年

みなさん、少しごぶさたしました。

実は、ある忘年会で一度だけハメを外して暴飲暴食をした翌日から、
原因不明の歯痛に悩まされ、一週間ばかり食事の時間がすごく辛い思い
をしました。最近は噛まずに食べられるようなものばかり。。
やっと痛みが引いて、原因もわかってきたんですが。。

毎年、暮れになると、インフルエンザになったりノロウィルスにやられたり
してましたが、今年はこんな結末になるとは思いもよりませんでした。。

さて、今年もあとわずか。今から実家のある名古屋に息子と一緒に
帰ります。

今年一年間、訪問していただいた皆様、コメントをいただいた皆様
ほうとうのありがとうございました。
来年はもしかすると大きく生活が変わって、当ブログのタイトルも
変わってしまうかもしれませんが、今後も引き続きよろしくお願い
申し上げます。

ではこのへんで。。みな様よい年をお迎えください。

 

 

 

ごま豆乳スープ

12月19日に放送された、「ドリーム・プレス社」スペシャル 「D-1コンテスト第2章」
赤星たみこさん「ミネラル豆乳ダイエット」が紹介されていました。
ご本人自身も番組に登場され、初めて拝顔させていただきました。

レコーディングダイエットと組み合わせることにより、森三中の村上知子が10kg
以上のダイエットに成功し、豆乳を使ったダイエットレシピも紹介してました。

ミネラル豆乳ダイエット 以前も書きましたが、私が今でもリバウンドしない
 ように続けているのが、↑ この方法です。
 他は、揚げ物をなるべく食べないようにするとか、
 、ビールをハーフカロリーのものにすることとか、
 やってますが、後は、いたって普通の食生活です。


さて、寒くなってくると豆乳や野菜ジュースを飲むのもちょっと辛くなります。
特に豆乳の使用量がちょっと減ってきました。
そこで、今日はだぶつき気味の豆乳を使った、暖かいスープのレシピを紹介
します。

豆乳ゴマポタージュ

 

 

 

 

 

 

 

 


◆材料(1人分)
  無調整豆乳150ml、出汁醤油大匙1杯、水50ml
  小ねぎ1本、パプリカみじん切り少々、すりゴマ小さじ2杯、
  ごま油少々、塩、コショー

◆作り方
  ―仆曽潴に水を加え、煮立てます。
  豆乳を加えます。
  J騰したら小ネギ、パプリカみじん切り、すりゴマを入れます。
  けコショーで好みの味に整え、最後にゴマ油を数滴加えてできあがり。

 熱々をどうぞ。コクがあって旨いです。

揚げずにカラアゲ

 

 

 

 

 

 

 

 


「揚げずにカラアゲ」というカラアゲ粉を使い、フライパンで仕上げた
カラアゲ?です。カリッとしてて美味しい。焦がし醤油で味付け、
トッピングは青ジソ。

ブロッコリーかぼちゃサラダ

 

 

 

 

 

 

 

 


風邪の予防に効果のある緑黄食野菜のサラダ。
ドレッシングはハーフカロリーのマヨネーズとレモン汁。

20081223

 

 

 

 

 

 

 

 


今日、やっと年賀状が仕上がりました。

 

信貴山「朝護孫子寺」への一本道

信貴山「朝護孫子寺」に、カミさんと毎月行ってます。
今日は天気も良く、ポカポカ日和だったので、自家用車ではなく
電車を乗り継ぎ、ハイキングを兼ねて徒歩で登りました。


朝護孫子寺に登る道は信貴山ケーブルの廃線を利用した
700m余り、桜並木の一本道です。

千本桜並木道

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「女の道は一本道でございます」とか言ってどんどん登って行く女房。
大河ドラマ「篤姫」も先週で終わってしまって、チト寂しいけど、
それどころではない。結構急坂でしんどいです。

女の道は一本道でございます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ハァ、ハァ。。おーい、置いてかないでくれー(^^;」
今度は桜の季節に来て見たいものです。

師走の信貴山

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

師走の信貴山。紅葉も終わって正月を迎える準備です。

朝護孫子寺本堂より東を望む

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝護孫子寺本堂から望む「飛鳥の街並み」です。霧のたなびく山々が
とても美しかったです。

かぼちゃと海老のサラダとシャンパン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕飯はローストチキンとシャンパンでミニクリスマス気分。

ローストチキン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昼間は信貴山に行ったりりして、ちょっとばかし仏教徒なのに
夜になると、キリスト様生誕のお祝い。。。
なんか後ろめたいなあ(笑

今夜のパスタ〜和風ポモロード

今夜は久しぶりにパスタです。トマトソース(ポモロード)を
和風に仕上げました。
トマトのグルタミン酸と鰹出汁のイノシン酸の出会いにより
旨みが相乗的にUPします。

和風ポモロード

 

 

 

 

 

 

 

 


以下、レシピです。

◆材料(一人分)

トマト大1個、玉ねぎ中1/2、出汁醤油大匙1杯、出汁の素少々、
青じそ1枚、食用油大匙1杯、塩、コショー

◆作り方

/用油、大匙1杯を鍋に入れ、玉ねぎを焦がさないように炒めます。
玉ねぎが透き通ったら、パスタゆで汁を加えます。
トマトはざく切りにして、一部をトッピング用に残しておきます。
ぞ紊瞭蕕縫肇泪箸里兇切りを加え、塩、胡椒、出汁醤油、出汁の素で
  お好みの味に仕上げます。
ゥ僖好燭茹で上がったら、ソースの入った鍋に入れ、よく混ぜてできあがり。
Ε肇奪團鵐阿棒献肇泪箸叛弔犬修鬚△靴蕕い泙后

トマトの酸味が鰹出汁により、まろやかになります。

かぼちゃのミックスサラダ

 

 

 

 

 

 

 

 


そろそろ、冬至を迎えるので、「雪化粧」という皮の白いかぼちゃを
買いました。とても硬いかぼちゃですが、できあがりはホックホクです。
いろいろな野菜と一緒に温サラダにしました。
緑黄色野菜をしっかり食べて、風邪(インフルエンザ)に負けないように
しましょう。

 

初冬の戸越公園

またもや「戸越公園ネタ」ですみません(^^;

戸越公園横にある「豊図書館」に行って、本とCDを借りた後、
鴨を見に池のほうに行ったところ。。

なんと季節はずれの桜が満開でした。

ヒマラヤ桜満開

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あまりに見事だったので、鴨を見るのも忘れてしばらく、ぼーっと
見ていました。これは「ヒマラヤ桜」という種類で、ちょうど今頃から
年末にかけて、満開になる寒桜の一種です。

さて鴨のほうですが。。。思ったとおりこの前来たときより増えてました。
毎日餌をやりにくる爺さんが水辺に姿を見せると、いっせいに同じ
方向を向いて、媚を売るかのように「餌おくれ」のポーズをします。


餌をねだる鴨

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾長鴨。首の部分が白いのが雄で、茶色いのがメスです。
投網で一網打尽にしたい衝動にかられました(^^;

そして、同じように食い意地のはったヤツがもう一匹。。。
爺さんの投げるパン屑をもの欲しそうに見てました。

美人カラス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嘴太ガラスをこんなに間近で撮ったのは初めてでしたが、
カラスの羽根は真っ黒ではないんですよね。
緑や紫が混じった予想外の美しさでした。
そしてこのバランスのとれた姿。
昨今の人間の醜さに比べたら、なんと美しい姿なんでしょうね。

「くさや」、「白ミル」、「カラス」と、ここのところ、3回連続で一般人にはあまり好かれない、「鼻つまみも」のばかりを取り上げましたが、いかがでしたでしょうか。
その反動か今夜はいたって普通の晩飯を食べました。

20081215

 

 

 

 

 

 

 

 


塩じゃけと菜花の辛子和え
蓮根と人参のピリ辛きんぴら
玉ねぎとゴボ天の赤出汁

 

白ミル貝料理

師走も半ば、仕事も忙しくなってきたし外食も多いし自炊もUPできるような内容ではなかったのですが。。
久しぶりに「魚慶」さんに寄って食材を仕入れてきました。

貝類の大安売り

 

 

 

 

 

 

 

 

 


丁度いいタイミングで貝類の大安売りをしてました。
ほっき貝や赤貝が1個100円、白ミル貝がなんと。。1匹280円。

購入したのはその白ミル貝です。

白ミル貝

 

 

 

 

 

 

 

 

 


見かけはちょっとグロですが、これがまた美味しいんです。

水管のところは、軽く熱湯に通して皮をむきやすくします。
貝自体の甘味も、熱湯に通したほうが増すような気がします。

房総半島の菜花と一緒に、辛子酢味噌で和え物にしました。

菜花と白ミル貝の辛子味噌和え

 

 

 

 

 

 

 

 

 


残った、白ミルの肝の部分は里芋、人参、切干大根と一緒に煮つけに。。

白ミル貝肝の煮物

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ちょっと小ぶりの白ミルだったので、肝も小さかったんですが、
春になると巨大になります。里芋の茎に近いほうが、キュルンとして
美味しかったです。

はたはた干物

 

 

 

 

 

 

 

 

 


♂のハタハタの干物。ちょっとナンプラー系の香りがしますが、美味しい。
日本の誇るべき魚醤、「しょっつる」はこのハタハタが原料です。
激減した時期がありましたが、最近はちょっと豊漁のようですね。

KIRINホップスRED

 

 

 

 

 

 

 

 

 


KIRINから新発売された「スパークリングホップ」の糖質20%オフ。
缶のデザイン、暖色系を使っていてなかなかいいですね。
味?他のビール飲料とほぼ同じです(^^;
今は糖質OFFのビール飲料が売り上げを伸ばしてるみたいですね。
来年早々、また新製品がたくさん出るみたいです。

081212

 

 

 

 

 

 

 

 

 


そんなこんなで来週からは忘年会が増えそう。
まともな自炊の投稿がしばらくはできないかもです。。

 

八丈島のくさや

会社の先輩がなじみにしている八丈島料理の店に先日行きました。

そこで食べたのが「くさや」。みなさんは食べた経験はおありでしょうか
名古屋や大阪では、なじみの薄い食べ物です。私は、、真空パックになった
既に焼いてあるものを食べたことはありますが、目の前で焼いてもらったのを
食べたのは初めてでした。

焼いている時の匂いというか香りも初めて嗅ぎました。
たぶん、普通の家庭で焼いたら、近所からあの家は何食べてるんだろうと
白い目で見られるのは確実。。外国へ行った日本人がこれを焼いていたら、
「死体を焼いてると」警察騒ぎになったこともあるそうです。



八丈島くさや

 

 

 

 

 

 

 

 


一見、普通の鯵の干物を焼いたものに見えますが。。。

焼きたてのまだ熱いうちに手でむしります。匂いは強烈ですが、
やみつきになりそうな風味の要素も持ち合わせています。
いわゆる悪魔的な食べ物でしょうか。臭いけど旨い。。。。
人間って案外臭いものって好きですからね。

ひえーっ。手でむしって食べたので、手に匂いが染み付いてしまった(涙
何度も手を洗っても爪の周辺が臭いです(^^;

 

黒砂糖家は蟹鍋ナイト

ずわい蟹の美味しい季節がやってきましたね。
北陸へ蟹を食べにいく旅行もたけなわのようですが。。

久しぶりに生きたズワイ蟹を購入して、堪能しました。
生きたズワイ蟹といっても1匹2万円もする代物とは違います。
庶民代表の黒砂糖家でたまーに購入するのは
「月とすっぽん」のすっぽんの方、1匹680円のロシア産「はした蟹」でございます(笑
でも蟹みそは味わえるし、冷凍とは比べ物にならないくらい旨いんですよ。

ロシア産といっても680円は安すぎ。安い蟹では今までさんざん期待を裏切られた辛い経験がありますので、その中からいい蟹を見つけることはお手の物。
その秘訣を伝授いたしまする(笑

1)蟹を買うと決めた日は午前中一番に売り場に行くこと。
  売れ残りはダメですよ。
2)数ある中から、足の欠けているものを選ぶこと。
3)その中で一番重いものを選ぶこと。

その理由は。。
まず、はした蟹になる理由は脱皮直後の水蟹か、足が欠けていて商品価値の
落ちたものが多いんです。その中で絶対に選んでダメなのが、水蟹。中身がスカスカで出汁にもならない最悪蟹です。これは足の揃っているものが多いんです。
あとは腹側が黒いもの。これは生蟹として売られていても既に死亡しているもの。そして選んでもいいものは、足が欠けているだけで、それ以外は問題ないものなんです。
足欠けで水蟹に当たってしまったらそれは運が悪かったと諦めてください(笑

さて、食べ方ですが。。。
足は鍋に入れます。足を取った甲羅は海水くらいの塩水で15分茹でます。

蟹味噌たっぷり




 

 

 

 

 

 

 

二匹購入しましたが、両方とも固めの蟹味噌たっぷりでした。

足のほうは。。包丁で縦に切れ目を入れます。このとき水蟹は水がどどどっと
あふれます。今回は残念ながら1匹はやや水蟹っぽいかな?



蟹足たっぷり

 

 

 

 

 

 

 

 

一応、保険というか2匹とも水蟹だったときのことを考え、
旬を迎えた「はたはた」(ただし、投げ売りされてる雄)を購入
(10匹入りで135円とはうれしいが哀しい)
白子がたっぷり入ってました。

はたはた白子たっぷり

 

 

 

 

 

 

 

 


さてさて、出来上がりです。「はした蟹と投売りされた雄ハタハタの鍋」(笑

ずわい蟹鍋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


蟹もハタハタも、ぷりぷりで歯ごたえがあって美味しかったですよ。

 

蕪のおでん風〜甲州百目柿

今日は漬物用に買った蕪が余っていたので。。。

蕪のおでん風

 

 

 

 

 

 

 

 


野菜天と舞茸といっしょにおでん風にしました。
寒くなってくると、会社帰りに新橋あたりのおでん屋で一杯っていうのが
増えてきます。
蕪は大根よりも早く煮えるので、単身赴任のスピードクッキングには
もってこいの素材です。

大盛りはるさめサラダ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一品は、はるさめのサラダ。きゅうり、人参、たまねぎ、
ロースハム薄切り、材料をいろいろ入れる内に、
大盛りになってしまいました。

081204

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そろそろ、中途半端なアルコール類の整理もしなければ。。
半分飲みかけの焼酎がけっこうあるんです。
新春は新品のお酒で迎えたい。

アルコールを飲んだ後、最近はよく柿を食べます。
今日食べたのは、「甲州百目柿」という高級柿。元は渋柿です。
1つ300gから400gある大きな柿です。
富士柿という名でも売られています。

甲州百目柿

 

 

 

 

 

 

 

 


実は、この柿は焼酎で渋を抜いています。

甲州百目柿カット

 

 

 

 

 

 

 

 


半分に切ってみました。なんと種がありません。
香りがよく、上品な甘味。もちろん渋は完全に抜けています。
種がないので、すごく食べやすいです。
この柿は干し柿(あんぽ柿)にも良く使われるそうです。

江ノ電305型で鎌倉へ

11月の最後の休日、30日にまたもや「鎌倉」に行ってきました。

その目的は。。。

10月に鎌倉に行った時にも江ノ電に乗ったのですが、
これが本来の江ノ電だという「305型」に、乗ることも見ることも
できなくって、ちょっと残念な思いが残りました。
今回は305型に乗って、写真を撮ることが一番の目的です。

藤沢駅の江ノ電305型

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は最初からラッキー。なんと1車両しか走ってない「305型」に
藤沢駅からの始発でいきなり遭遇しました。この色と形、実にいいですね。
しっかりと写真に収めました。
以前はチョコレート色の「チョコ電」も走っていたんですが、2005年に
引退してしまいました。

305型の連結器

 

 

 

 

 

 

 

 


この車両はかなり古く、床も木製です。そして車両をつなぐ連結器も
すごくユニークな形をしています。カーブのたびに、このテーブル状の
連結器が回転します。

さて江ノ電は、江ノ島と腰越の間で「路面電車」になります。
並み居る自動車を掻き分けて、市電みたいに走るわけです。

路面を走る305型

 

 

 

 

 

 

 

 

 

路面電車はこんなかんじですかね。一旦降りて写真を撮りました。

今回、鎌倉へは「銭洗い弁天」のある源氏山公園に行くことも
目的の一つでした。

銭洗い弁天にて銭洗い

 

 

 

 

 

 

 

 


こんなかんじで「ざる」に入れてお金を洗います。
このお金、財布に入れっぱなしにしておくよりも、じゃんじゃん使った
ほうが、お金の回りが良くなるそうです。

源氏山公園の頼朝像も見に行きましたが。。。

源氏山公園の源頼朝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


源頼朝と名前の書かれた短冊の前に何か変な生き物が。。。

アップしてみると。。なんと。

源氏山公園のドラ猫大将

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スゴイ巨大猫。まさに「ドラ猫大将」でした。
雉虎の猫は巨大猫が多いらしいですが、実家のフクもこんな
ふてぶてしい猫になるんだろうか(^^;

 

参加してます。押してくださいませ
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
Profile

黒砂糖 彦兵衛

コメントありがとう
シュガーの部屋
カウンター
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
お勧めJAZZ CD
  • ライブドアブログ