たこ焼ごはんを炊き、〆鯖を焼いて、写真を撮ろうと
したときに気がつきました。
携帯電話がない!
私の携帯電話は2メガのデジカメがついてるので、投稿
写真もそれで写してるのです。
やってしまいました。支店に寄った時にどうも忘れてきた
みたいです。。。。
ショックです。がんばって作ったのに。。。
でも食欲にはかないません。とりあえず食べました。
ごちそうさまでした。とっても美味しかったです。
今度、この料理かならずリベンジで掲載したいと思います。

そのかわりといっては何ですが、今日は、
先日の〆鯖を作る過程を載せます。

大鯖

 

 

 

 

 

 

 

見事な大鯖です。某ブランド品であれば2000円ほど
しますが、1匹350円もちろん「魚慶」さんです。

内臓脂肪

 

 

 

 

 

 

 

お腹を割ったら、この内臓脂肪。
人間でいったら、完全にメタボリック症候群ですな。

三枚おろし

 

 

 

 

 

 

 

背骨を外してフィレにした状態です。
生き締めにしてたら、身はもっと白いんですが。
釣り物ではないので、それは無理ですね。
でも脂がしっかり乗ってます。
この後、塩で〆ます(土曜日夜)

塩〆終了

 

 

 

 

 

 

 

一晩、塩で〆た鯖です。水分がかなり飛んでます。
水あらいをして、ペーパータオルで余分な水分を
ふき取ります。

生酢つけこみ

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ生酢(みりんと砂糖を少々加えてあります)
につけます。早煮用の薄い昆布を身と身の間に
はさみます。(日曜日朝)

特製しめ鯖

 

 

 

 

 

 

 

できあがり。(日曜日夜)