ついに我慢できなくなって、コレステロール爆弾
製造してしまいました。

うに丼(魚慶スペシャル)です。

うに購入

 

 

 

 

 

 

 

うに丼

 

 

 

 

 

 

 

ばぶおさんに続き、欧米魔女軍団に連続砲撃です。
ウニ、うに、海胆。。。こんなに安くていいのか。わはははは。
おっと、自分自身が取り乱してしまいました。

本日のサブメニューです。
抱卵鰯と焼きねぎの甘辛煮ともろきゅうです。
もろみ味噌は「金山寺みそ」を使いました。

抱卵鰯、もろきゅう

 

 

 

 

 

 

 

そして。。季節の一品
わかめと筍の吸い物です。

若筍吸い物

 

 

 

 

 

 

 

本日の夕飯
うに丼(魚慶スペシャル)
抱卵鰯と焼きねぎの甘辛煮
もろきゅう
わかめと筍の吸い物

0412夕飯

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うに丼、めっちゃんこ、うんみゃーでかんわ。まいった。


名古屋弁一口夜話

今日の言葉は「ひゃーぶんぶ」。

黒砂糖の「ぎんばあちゃん」直伝の名古屋弁です。
標準語でいうと「ハエ:蝿」のことですね。
ほかに「蚊」のことを「かんす」と言ったりします。
さて、本日の出演は地元名古屋出身の新任教師「Fuchsia」さんです。
黒砂糖、小学3年生の頃の話です。

Fuchsia「今日からみんなの担任をすることになったFuchsiaだがね。
     地元の名古屋出身だでよー、授業も、ばーりばりの名古屋弁で
     やっちゃうよー。名古屋弁のことは、たいてい知っとるでよー。
     わからん言葉があったらいってみやー。」

黒砂糖「先生、ひゃーぶんぶって知っとるか?
     うちのばあちゃ
がよー使うけど、最初なんのことか
     わっかれへんかったがや」

Fuchsia「ぷっ。ひゃっ、ひゃっひゃーぶんぶぅー。なにーそれ。
     先生も知らなんだわー。誰か知っとる人、手ぇあげてー」

生徒達「シーン。。。」

黒砂糖「うっそーっ。みんな知っとると思っとたがやー。
     蝿のことだがや。うちのばあちゃんしか使わへんのかー?」

◆名古屋弁の中でも、だんだん使われなくなってきた言葉があります。
 こういった言葉、大事に後世に残していきたいですね。