単身赴任”彦さん”の自炊日記

ちょっと切ない単身赴任生活を、めし日記で綴ります。

野菜料理

蕪のおでん風〜甲州百目柿

今日は漬物用に買った蕪が余っていたので。。。

蕪のおでん風

 

 

 

 

 

 

 

 


野菜天と舞茸といっしょにおでん風にしました。
寒くなってくると、会社帰りに新橋あたりのおでん屋で一杯っていうのが
増えてきます。
蕪は大根よりも早く煮えるので、単身赴任のスピードクッキングには
もってこいの素材です。

大盛りはるさめサラダ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一品は、はるさめのサラダ。きゅうり、人参、たまねぎ、
ロースハム薄切り、材料をいろいろ入れる内に、
大盛りになってしまいました。

081204

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そろそろ、中途半端なアルコール類の整理もしなければ。。
半分飲みかけの焼酎がけっこうあるんです。
新春は新品のお酒で迎えたい。

アルコールを飲んだ後、最近はよく柿を食べます。
今日食べたのは、「甲州百目柿」という高級柿。元は渋柿です。
1つ300gから400gある大きな柿です。
富士柿という名でも売られています。

甲州百目柿

 

 

 

 

 

 

 

 


実は、この柿は焼酎で渋を抜いています。

甲州百目柿カット

 

 

 

 

 

 

 

 


半分に切ってみました。なんと種がありません。
香りがよく、上品な甘味。もちろん渋は完全に抜けています。
種がないので、すごく食べやすいです。
この柿は干し柿(あんぽ柿)にも良く使われるそうです。

秋の夜長と悪夢

夜涼しくなって、夜中に目覚めることもなく、ぐっすり眠れます。
でもなぜかこんな時に限って、朝方に「悪夢」を見ることがあります。
それも妙にリアルというか、内容をしっかり思い出すことのできる
夢が多いようです。
秋の夜長と悪夢、どんな関係があるんでしょうか。

悪夢のパターンは大体決まっていて、大切なものを無くすのが一番
多いような気がします。

さて昨晩見た悪夢。無くしてしまった大切なもの。。。それは「髪の毛」でした。

朝起きて、鏡を見ると、頭頂のところが河童みたく、まーるく毛がありません。
なぜか、職場には「づら」をかむって出社しているようです。
そして帰宅して「づら」を外すと、今度はつるっぱげになっているでは
ありませんか。
思わず大声を上げると、そこに女房が現れて、「今までよくも騙してくれたわね」
とかいって、家を飛び出していきます。
そこで目が覚めましたが、思わず手が頭の毛を確認してました。

シナリオは多少違っても、髪の無くなる夢は今まで、何回となく経験アリです。
あと、駐車場で止めた車が見つからない、どこに止めたかわからないとか、
家の鍵を無くして、家に入れないといった、短時間でドキッとするような
夢が多いようです。

自分の経験では野菜不足、特に緑黄色野菜が不足するとこんな状態に
なるように感じるので、今日は南瓜をたっぷり食べました。
(結局、食べ物の話にムリヤリ持っていこうとしてます)

胡麻かぼちゃ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒砂糖オリジナル、胡麻かぼちゃです。
作り方は簡単。エビスかぼちゃなどホクホク系のかぼちゃを
食べやすい大きさに切り、いり胡麻をまぶして、
胡麻油を小さじ1杯ほどかけよく混ぜ合わせます。

これをラップに包み、電子レンジで2分半加熱します。
小皿に移してから、出汁醤油を適宜かけて自然に冷やします。
簡単に早くできて、メチャ美味しいかぼちゃ料理です。
ぜひお試しください。

しいたけご飯

 

 

 

 

 

 

 

 

 


干し椎茸と人参の炊き込みご飯。

鯖文化干し豆鼓焼

 

 

 

 

 

 

 

 

 


鯖文化干しをフライパンで焼き、仕上げに豆鼓をパラリ。

080924

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今夜も涼しくって、ぐっすり眠れそうですが、どうか朝方悪夢を見ませんように。。

参加してます。押してくださいませ
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
Profile

黒砂糖 彦兵衛

コメントありがとう
シュガーの部屋
カウンター
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
お勧めJAZZ CD
  • ライブドアブログ