単身赴任”彦さん”の自炊日記

ちょっと切ない単身赴任生活を、めし日記で綴ります。

アボガド

さんま蒲焼とアボガドサラダ

輸送手段の向上かどうかはわかりませんが、最近売られているさんまは、
ほとんど生さんまです。10年くらい前は一汐さんまが多かったので、
まちがって買ってきて刺身にすると、すごくしょっぱかったんです。
でも塩焼きにするのはこの一汐さんまがいいんですが、どこへいって
しまったんでしょうかね。

さんまの塩焼きは外めしで食べることとして。。
1匹の生さんまを2種類の料理に。


さんま蒲焼

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

缶詰でおなじみのさんま蒲焼です。

美味しく作るコツはただ一つ。腹骨をかならず漉き取ってください。
焼くだけでは、なかなかこの腹骨柔らかくなりません。
味付けはお好みで。

アボガドとさんまのサラダ

 

 

 

 

 

 

 

 

 


もう1品。これは居酒屋の再現メニューです。
さんま、アボガド、きゅうりをわさび入りマヨネーズで和えたものです。
「アボガドの女王様」って変な名前のメニューでした。

ズッキーニの味噌汁

 

 

 

 

 

 

 

 

 


最近味噌汁の実でハマッてるのが、ズッキーニです。
ズッキーニそのものの味って今までよくわからなかったんですが、
和食料理につかうと、よくわかります。

080928

 

 

 

 

 

 

 

 

 


急に寒くなって、鼻風邪を患いました。
朝からくしゃみ連発、しょっぱいサラサラの鼻水がタラリ。
鼻アレルギーかも。。。

 

まぐろとアボガドのやまかけ丼

最近、見直した食材があります。みなさんも以前はよく使われた
ことがあるんではないでしょうか。それはこれです。

粉わさび

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん山葵は生のおろしたてが一番ですが、チューブに
入った「生もどき」よりは昔よく練らされた「粉わさび」のほうが、
美味しいと最近思うようになりました。
特に、まぐろの刺身を食べる時はそう思います。
粉わさび、原料をみると「西洋わさび」と書いてありますが、
これはローストビーフの薬味に使う「ホースラディッシュ」のことでしょうか。

さて、今夜の主役は「粉わさび」ではなくて。。。
「まぐろ」君です。「トロ」「赤身」がいろいろ混じっている「魚慶」さんの
ブツ切りを使って、「まぐろとアボガドのやまかけ丼」を作りました。
もちろん名わき役は「粉わさび」君です。

まぐろとアボガドの山かけ丼

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アボガドは固い時に買って、1週間熟成させました。
ちょうど食べごろでした。出汁醤油と醤油を1対1で割ったものをかけて
食べました。。。。。もーほっぺた落ちそう。。でした(笑

次は旬の小松菜を使った一品。

小松菜と小エビの煮びたし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小松菜と海老の煮浸しです。

小海老と小松菜をゴマ油で炒め、油揚げを加えて、出汁、醤油、みりんで
さっと煮たあと、そのまま冷ましたものです。仕上げに白ゴマをパラパラして
出来上がり。今の小松菜って根本のところがスゴク甘いんです。

100225夕飯

 

 

 

 

 

 

 

 

 

在外組のチブリッツさんとか ふーしゃさんに日本食材を見せつけられて、
被爆しました。今夜はちょっと「お返し」です(笑

そのうち「まぐろ」もこうやって食べることができなくなる時代
がくるんだろうな。。。(哀

 

 

 

参加してます。押してくださいませ
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
Profile

黒砂糖 彦兵衛

コメントありがとう
シュガーの部屋
カウンター
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
お勧めJAZZ CD
  • ライブドアブログ