私が家族と一緒に住んでいて、もし夕飯がカップ麺だけだけだったら?

カップ担々麺

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、それでもOKです。

というくらい、担々麺は以前から好きなんですが、
スープをほとんど飲んでしまうんで、血圧高めの
私にとっては、かなり危険な食べ物なんです。
ちなみに上の写真は先週の日曜日の昼飯、
日清食品から販売されています。
結構本格的な味付けです。

そして今夜はスープと肉味噌ともに手作りの
黒砂糖特製担々麺です。

手作り担々麺

 

 

 

 

 

 

 

スープを手作りしたといっても、市販の担々ごま鍋の元
をベースにしたんですが。。。
すりごまとラー油を追加しました。

肉味噌は、ニラ、タマネギ、豚ひき肉を炒め、献立いろいろ味噌と
豆板醤、しょうがで味をつけたものです。
茹でたほうれん草をたっぷりと添えました。

昨日の夕飯です。

0426夕飯

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 




担々麺が好きになったのは、名古屋にいた頃に職場の近く(中川区)
にあった四川料理の店「錦城」で食べてからなんですが、
この前、池袋の西武の地下食料品売り場で、その「錦城」が製造している
担々麺が販売されていたのには、びっくりしました。
(↑NETで調べたら、コンビニにも売ってるみたいです)
なぜか、つい買いそびれてしまったんですが、こんどは是非そやつを
購入して、記事にしたいと思っとります。


名古屋弁一口夜話

今日の言葉は「〜すか」です。

名古屋では(関西でも?) 「すか」 という単語もよく使われます。
これは「はずれ」といった意味ですが、 「〜すか」 は否定を表す
言葉で 「あらすか」、「おらすか」、「いかすか」 というように使われます。
標準語に直すと、それぞれ「無い」、「いない(不在)」、「いけない(だめ)」
といった意味でしょうか。

今日も40年前の黒砂糖母と子の会話です。

黒砂糖「おはよー。あれー、きんのうのすき焼きの残りもうないのー」

母「今頃起きてきて、ほんなもん、いっつのまにか あらすか

黒砂糖「あれー、みんなは?」

母「とっくの昔におらすかあんただけおいてけぼりだわさ」

黒砂糖「うわーっ。 どーして起こしてくれーへんかったの

母「いかすか。何べん起こしても起きーへんも。まんだ間に合うで、
  ちゃっと行ってりゃー」

◆休日前にすき焼きをして、次の日にそれを卵とじにするのが、
 大好きでした。兄弟たちはみんなそれが好きだったから、
 寝坊したら、当然残ってませんでした。
 勤勉な名古屋人は朝寝坊するやつには厳しい?