久しぶりに炊き込みご飯にしました。

前からずっと作りたいと思っていた「牡蠣の炊き込みご飯」
です。
炊き込みご飯は、蓋を開けるまで、なんかドキドキしますね。
失敗しても成功してもそのドキドキが楽しみでもあります。
さて、上手に炊けたでしょうか?

牡蠣炊き込みご飯

 

 

 

 

 

 

 

牡蠣のほかには、ゴボウと人参のささがきを入れました。
味付けは昆布醤油とみりん、酒です。
まあまあの出来だと思います。

牡蠣は冷凍してあるのを使ったのですが、もう一つ冷凍
にしてあった食材「天然ぶり」の切り身を使って、もう一品。

ぶりとねぎの串焼き

 

 

 

 

 

 

 

ねぎま風の照り焼きにしました。
天然ぶりと、養殖ぶりの味の違いは「血合い肉」の旨さ
だと思います。いやな臭みがないので、ほんとに旨いです。
口の中でとろけます。

ついでに味噌汁にもぶりを入れました。

ぶりと大根の味噌汁

 

 

 

 

 

 

 

麦味噌仕立てです。

0217夕飯

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



牡蠣の炊き込みごはんは青海苔を振っていただきました。
一人で食べるにはちょっともったいない夕飯でした。