2008年07月

チビの世界旅行78・・・コロンビア

サンチアゴからリマ経由でボゴタに入ったよ。
入国して荷物を取ったあとにホテルを紹介をしているところがあったよ。
中心のホテル「Dann」を予約できたよ。
コロンビアペソの価値が落ちていて40ドルくらいで泊まれたよ。
市内まではタクシーが無難だよ。
このホテルはセントロにあるよ。
でも、治安はあまりよくないから気をつけてね。
それでも専用道を走るバスなどが発達していて便利だよ。
入り口には警官がいて荷物のチェックもしているから。
1日は旧市街を中心に歩いたよ。
ボリバール広場を中心にカテドラルや国会議事堂があるよ。
博物館なども多く集まっているよ。
丘の方に上がってロープウェイに乗れば「モンセラーテの丘」に上がれるよ。
ここから見下ろすボゴタの町はとてもいいよ!
次の日は新市街の方、ノルテ地区まで行ったよ。
ここではゆっくりしなかったけど、ノルテからバスに乗って「シパキラ」まで行ったよ。
ここは「岩塩洞窟」有名なんだよ。
中に入ってみると教会もあるんだよ。
この日はボゴタから観光列車も来ていたみたい。
わかっていたら乗ってみたかったなあ・・・
帰りはボンネットバスに乗ってボゴタまで戻ったよ。
とくに危ない目にはあわなかったよ。
でも邦人の誘拐事件などもあったし注意するにこしたことはないかな。

ボゴタ
シパキラ

チビの世界旅行77・・・イラン

ロンドンから飛行機で入ったよ。
ワンワールドの世界一周チケットをを使うんだよ!
タクシーで市内に入り町歩きをしたよ。
途中でイラン航空のオフィスを見つけたので、シラーズまでの航空券とイスファハンへの航空券を購入したよ。
カードは使えないしドルも両替しないといけないし大変だったよ。
高額紙幣も1ドル前後くらいの価値だから財布の中はお札だらけになったよ。
次の日の早朝にシラーズへ行ったよ。
おめあては「ペルセポリス」だよ。
タクシーをチャーターして行ってきたよ。
ペルセポリスとても見ごたえのある遺跡だったよ!
ただとても暑くて大変だったよ・・・
この世でいちばんおいしいものは「水」だと思ったくらいだね。
シラーズに戻り街中をうろうろして空港へ戻りイスファハンへ向かったよ。
イスファハンはきれいな町だったよ。
イマーム広場を中心に見どころもたくさんあるし旧市街のにぎやかさもなかなかよかったよ。
テヘランへは夜行列車で戻ったよ。
でも一番上の寝台は熱がこもって眠れなかったよ・・・
(エアコンは効いているのに。だから床に寝たよ。)
再びテヘランに戻り街歩きをしたよ。
見どころはたくさんあるよ!
いろんなところにちらばっているけど、地下鉄もバスも走っているからけっこう行けたよ!
もう一度のんびりと行きたいんだけどなあ・・・
写真は首都「テヘラン」のイマーム・ホメイニ広場周辺だよ!

テヘラン
シラーズ
ペルセポリス
イスファハン

チビの世界旅行76・・・大韓民国

関西から飛行機で入ったよ。
全日空を使ったんだけど飲み物とおつまみだけだったよ。
近距離だから仕方ないよね。
ソウルはたくさんの車やバスが走っていたよ。
でも飛ばすし進路変更もすごいしけっこうスリルがあったなあ・・・
ソウルはとても大きくにぎやかな町だよ。
地下鉄を使えばどこへでも行けるよ!
中心はミョンドン地区だね。
たくさんの人でいっぱいだったよ!
南大門やその周辺の夜店もいいね。
ぼくは旅館に泊まったよ。
3000円くらいだけどオンドル(床暖房)が効いてて暖かかったよ。
次の日は飛行機でプサンへ行ったよ。
そしてセマウル号に乗ってソウルへ戻ったよ。
今はKTXが走っているからもっと移動しやすいだろうね。
もちろん「板門店」へのツアーにも参加したよ。
まず展望台から対岸の北朝鮮を見たよ。
次にパスポートチェックをしてDMZ(非武装地帯)へ向かったよ。
米軍キャンプで昼食をとり誓約書を書いて板門店に着いたよ。
真ん中の建物に入って向こうの扉から出れば北朝鮮なんだって。
兵隊さんが立ちはだかって絶対行けないけどね。
もう一回韓国へは行ってみたいなあ。
でも扉の向こう側の北朝鮮に興味が出てしまったよ・・・
2回目の韓国はさらに都会になっていたよ!
KTXにも乗れたしね。
それと板門店ではなくDMZへ列車で行ってきたよ。
前回のツアーとはまた違ってよかったよ。
終点の都羅山駅は国境の大きな駅だったよ。
でも利用者は観光客だけだよ・・・
写真はソウルの繁華街の一つ「明洞(みょんどん)」だよ。

ソウル
プサン
スウォン
板門店などなど

チビの世界旅行75・・・中華人民共和国

0981回目は香港からシンセンに入ったよ。
ツアーだけど香港から電車で国境の駅へ行き、歩いて中国に入国したよ。
シンセンは特別区になっているよ。
昔は数百人程度の村だったらしいけど、今はとても大きな町になっているよ。
香港に比べると物価は安いから、シンセンに住んで香港に働きに行く人も多いんだよ。
2回めは関西から入ったよ。
その時は「天安門」やその周辺を歩いたよ。
やっぱりとても広かったよ。
3回目は北朝鮮から列車で入ったよ。
中朝国境を渡るのはとてもいい経験になったよ。
そして丹東の町で1日過ごしたよ。
万里の長城の一部もあるし、北朝鮮まで「一歩」でまたげるような小川へも行ったよ。
丹東から夜行列車で北京へ戻って故宮などへ行ったよ。
4回目は上海へ行ったよ。
空港からのリニアモーターカーは時速430kmだったよ!
上海は見どころがたくさんあるけど、やっぱり上海蟹がいちばんのおすすめかな。
そのあと杭州へ列車で行き、「西湖」周辺をのんびり廻ったよ。
それでも中国のほんの一部しか行ってないよね・・・
時間をかけてゆっくり(特に西部)廻りたいなあ・・
写真は天安門広場だよ。

シンセン
北京
丹東
上海
杭州などなど

チビの世界旅行74・・・ニュージーランド

ブリスベンやシドニーから飛行機で入ったよ。
最初はウェリントンへ行ったよ。
とてもきれいな町だったよ。
ケーブルカーに乗って山頂から街全体を眺めるといいよ!
次の日は列車でオークランドへ向かったよ。
1日1往復で2両編成なの・・・
でも途中の景色はとてもよかったよ!
自然がいっぱい、羊もいっぱいなの。
オークランドはニュージーランド最大の都市だよ!
見どころもとても多いよ。
ぼくは1日歩き回って過ごしたよ。
でも北島の方しか行ってないの。
南島の方は自然がもっといっぱいあるみたいだね。
今度行くときは南島だね!
でもいつになるだろうな・・・
写真は「オークランド」の港とスカイタワーだよ!

ウェリントン
オークランド

チビの世界旅行73・・・オーストラリア

1回目はロンドンから、3回目はサンチアゴから入ったよ。
ワンワールドの世界一周チケットを使うんだよ。
ロンドンからはシンガポール経由だよ。
サンチアゴからは「サウスポーラルルート」といわれて南極に近い所を飛行するんだよ!
まずブリスベンに入ったよ。
それからシドニーだよ。
両方ともオーストラリアを代表する都市だね。
見どころや博物館はたくさんあるよ。
泊まるところもバックパッカーホテルが多くてあまり不自由しないよ。
それと列車でキャンベラまで往復したよ。
3回目のときはエアーズロックへ行ったよ。
現地でのツアーに参加してマウントオルガスやエアーズロックのサンセットを味わったよ。
次の日はエアーズロック登山だったよ。
歩くのは好きなんだけどひざが痛くて歩けなかったよ。
でももう来ることはないだろうから気合で登って無事山頂まで着いたよ!
そのあとパースへ行って久しぶりの日本食を味わったなあ・・・
パースは街中のにぎやかなところや少し静かなところなど見て回れるよ。
無料のバス路線があるからそれを活用するといいよ。
写真はおなじみの「エアーズロック」だよ!

ブリスベン
シドニー
キャンベラ
エアーズロック
パースなど

チビの世界旅行72・・・パプアニューギニア

シドニーから飛行機で入ったよ。
空港でビザを申請して入国できるよ。
ホテルは町に近い所を紹介してもらったよ。
でもセキュリティが厳しくて・・・
ポートモレスビーはとにかく治安が悪いんだって。
ミニバスが走っていて市内のいろんなところに行けるんだけどね。
しない中心は鉄格子やシャッターのついた建物が多かったよ。
市場も危険だと言われたよ。
日本食のレストランに行ったあと帰りに送ってもらったよ。
こんなに書くと悪いイメージしかないけど、ブーゲンビルなどの観光地もいっぱいあるんだよ!
日本からのツアーもあるしね。
ぼくは街中を散歩するのが好きだから、どうしても危険と隣り合わせになってしまうよ・・・
今度行くとしたらぜひツアーだね!
写真は首都ポートモレスビーの高台から見た町のようすだよ。

ポートモレスビー

チビの世界旅行71・・・チュニジア

ロンドンから飛行機で入ったよ。
チュニスは大きな町だよ。
メディナ(旧市街)もあるよ。
モザイクを集めた博物館もあっておすすめだよ!
市内は路面電車も走っているから便利だよ。
チュニスマリンの駅からは電車が走っているよ。
郊外のカルタゴの遺跡やシディブサイドなどの観光地へ行けるよ。
このあたりはローマ時代の遺跡があったり地中海周辺で見られる白い壁の家々があったりするよ。
1日ゆっくり見て回ったよ!
チュニスの駅から列車に乗ると南部の「スース」などの町に行けるよ。
スースもメディナが有名だよ。
乗り合いタクシーに乗ればカイロアンの町にもすぐに行けるよ。
チュニジアは乗り合いタクシーが多く走っているから活用するよいいよ。
もちろんぼくもこの乗り合いタクシーを使っていろんな所へ行ったよ。
写真は首都チュニスの「メディナ」内の通りだよ。

チュニス
カルタゴ
スース
カイロアンなどなど

チビの鉄道の旅10・・・インド

248インドは鉄道が発達しているよね。
ぼくはニューデリーからアグラまで乗ったよ。
行きは2時間くらいでアグラに着く特急列車だったよ。
車内で朝食のサービスがあったよ。
帰りは遠くからの夜行列車に乗ったよ。
冷房が効いていてゆっくりできたよ。
行きも帰りもいいクラスに乗ったけど値段はそんなに高くなかったよ。
もっと安いクラスもあるみたい。
今度はもっと長い距離を旅してみたいなあ・・・

チビの鉄道の旅9・・・アルバニア

549アルバニアにも鉄道があるんだよ!
ドイツやイタリアなどのお古の車両を使っているよ。
ぼくは首都のティラナから港町デュレスまで乗ったよ。
乗った列車はいすや窓ガラスが壊れていて少しぶっそうな感じだったよ。
でものんびりと走って車窓もまあまあだったよ。

チビの鉄道の旅8・・・ギリシャ

262ギリシャは鉄道はそんなに発達してないけど東ヨーロッパやトルコへの旅もできるよ。
最近は「メテオラ」に向かう路線もできて便利になっているよ。
ギリシャの西部の半島を一周する路線もいいみたいだね。
フェリーでイタリアへもいけるよ。
だから「ユーレイルパス」も使えるんだよ。
ぼくは「バルカンフレキシーパス」を使ってギリシャを旅したよ。

チビの世界旅行F・・アルバ(オランダ領アンティル)

ニューヨークから飛行機で入ったよ。
ベネズエラに近いんだよ。
台風の被害もほとんどないからたくさんの観光客が来ているよ!
ぼくは空港でレンタカーを借りて島内を一周したよ。
もちろんホテルも街中でなくてもいいから安い所を見つけたよ!
もちろんリゾートホテルもあってほとんどの観光客はそっちへ泊まっているみたいだね。
首都オランヘスタードは小さな町だけど、カラフルな家々が並んでいるよ。
西へ行くとどんどん乾燥地帯になっていってサボテンがたくさん見られるようになるよ。
洞窟もあってインディヘナの壁画があるんだよ。
ナチュラルブリッジという自然の橋もなかなかいいよ。
島の東部には教会や礼拝堂や灯台などがあるよ。
アルバは独立するといってたけど、まだオランダ領アンティル諸島になっているんだよ。
通貨はアルバ独自の「フローリン」を使っているんだけどね。
他のオランダ領アンティル諸島の通貨は「ネザーランドアンティリアンフローリン」なんだよ。
写真はオランヘスタードの街並みと停泊している大型客船だよ。

アルバ島
オランヘスタード

チビの世界旅行70・・・スリランカ

記念すべき70カ国目はスリランカだったよ。
飛行機で香港からバンコク経由で入ったよ。
コロンボには夜に着いたからタクシーで中心部まで行ったよ。
けっこう暗い感じだけどバスターミナル周辺にはたくさんの人が集まっていたよ。
バスを見ると午前2時に南の「ゴール」へ行くバスがあったから乗ったんだ。
路線バスみたいなふるいバスだったよ。
ゴールには朝に着いたよ。
海岸の方へ行くと灯台や古い町並みがあるんだよ。
リュックを背負って早朝の散歩を楽しんだよ!
9時ごろに駅へ行きコロンボ行きの列車に乗ったよ。
コロンボまでの車窓は海岸付近を走ってなかなかよかったよ。
コロンボに着いたらミニバスで内陸地の「バドゥッラ」間で行ったよ。
そして次の日の早朝、列車に乗ったんだ。
ここはアジアでいちばんきれいな車窓なんだって!
お茶畑が広がる丘陵地を見ながら走るんだよ。
途中でバスに乗り換えながら古都「キャンディ」へ向かったよ。
キャンディは仏歯寺や教会や王宮跡など見どころが多いよ。
コロンボからバスや列車で行けるんだよ。
コロンボも見どころはあるけど、政府機関のあたりは有刺鉄線などがあったり兵士がいたりしてるよ。
民族問題が残っているからなあ・・・
そういえば津波の被害はもう大丈夫なのかな・・・
ぼくが乗った区間が被害にあっていたからなあ。
早く国中が安定すればいいなあ。

コロンボ
ゴール
バドゥッラ
ヌワラエリヤ
キャンディなどなど

チビの世界旅行69・・・オランダ

ベルギーから列車で入ったよ。
アムステルダムは駅を中心に南へ広がっているような町だよ。
ホテルは駅周辺に多いよ。
市内は地下鉄やトラムやバスが走っているからいろんな所へ行けるよ。
王宮はもちろん博物館などもたくさんあるよ。
国立ミュージアムはおすすめだよ!
アンネフランクの家は当時の様子を残していてよかったよ。
アムステルダムといえば運河も多いよね。
跳ね橋なども見られるよ。
ドラッグのお店や「飾り窓」なども有名だね。
飾り窓は合法化されているけど行くか行かないかは自己責任で決めるといいよ。
ぼくは通りは歩いたけど飾り窓の中には入ってないよ。
オランダといえば他にも「風車」や「チューリップ」などが有名だね。
今回は季節が冬で行けなかったけど春先のシーズンには行ってみたいなあ。
写真はアムステルダムの街中にある小さな運河だよ。

アムステルダム

チビの世界旅行68・・・ベルギー

ルクセンブルグから列車で入ったよ。
ついた駅はブリュッセル中央駅だったけど北駅や南駅もあって鉄道が発達しているのがよくわかるよ。
町はとても大きいよ。
地下鉄やトラムが走っているから1日券を使って見て回るといいよ!
おすすめは「グランブラス」だよ。
市庁舎や博物館などが密集しているし、広場周辺にはギルドハウスが立ち並んでいるよ!
「小便小僧」も近くにいるよ。
グランプラスを離れると王宮や王宮関連の建物があるよ。
さらに離れたところだけど凱旋門もあるんだよ。
食べ物でおすすめは「ワッフル」や「ムール貝」があるよ。
ぼくも食べてみたけどおいしかったよ!
あ、チョコレートも有名だね!
次の日はアントワープまで行ってきたよ。
アントワープといえば「フランダースの家」が有名だね。
日本語の案内書もあったよ。
ノートルダム寺院はフランダースの犬であったようにルーベンスの絵が見られるよ!
写真は「ギルド」という建物が残るブリュッセルの市庁舎周辺だよ。

ブリュッセル
アントワープ

チビの世界旅行67・・・ルクセンブルグ

イタリアから夜行列車で入ったよ。
冬のルクセンブルグは雪が積もっていたよ。
駅前にホテルがあって宿泊するのに便利だよ!
旧市街は歩いても行けるよ。
旧市街にはノートルダム寺院や市庁舎などがあるよ。
街並みも古い感じだけど銀行なども集まっているんだよ。
街全体を城壁に囲まれていて、周りは坂道が多いよ。
少しはなれたところには欧州裁判所などEUの関連施設もあるよ。
1日あれば街全体をゆっくり見ることができるよ!
だからぼくは夕方ブリュッセルへ向かったよ。
写真はルクセンブルグの城壁とその周りに広がる風景だよ。

ルクセンブルグ

チビの飛行機の旅26・・・LIAT航空

565カリブの島々を結ぶ航空会社だよ。
「アイランドホッパー」といっていろんな島を結ぶんだよ!
魅力は値段が安いことだよ。
ホームページをとおして安く買えるから!
それと南米のガイアナへの路線もあるんだよ。
ぼくもこの航空会社を利用してガイアナへ入ったよ!
似た会社で「カリビアンサン」というのがあって吸収されるといってたけど、LIAT航空の方が残ったみたいだね。
遊覧飛行のような感じでカリブの島々をめぐるのはいかがかなあ?
ぼくもこれでカリブの国々を渡り歩いたから!

チビの飛行機の旅25・・・ノックエアー

487タイの航空会社だよ。
タイ国内を格安で廻ることができるよ。
ぼくはバンコクからチェンマイまで乗ったけど3000円くらいだったかなあ・・・
バンコクは以前の国際空港だったドンムアン空港を使用しているよ。
他にもタイには格安の航空会社があるみたいだね。
バスや列車の旅もいいけど時間がない人は利用してみるといいよ。

チビの飛行機の旅24・・・ライアン航空

667アイルランドの航空会社だよ。
とにかく安くてこれでも儲かるの?と思うくらいだよ。
でも儲かっているみたいだしどんどん路線を広げているみたいだね。
ぼくがロンドンからダブリンまで乗ったときは約10ポンド+TAXだったよ!
路線によっては1ポンド+TAXだったり、TAXのみだったりしているみたい。
機内はほとんど座っているだけのようなものだったよ。
それと自由席だったから窓側がいい人は早めに搭乗するといいよ。

チビの世界旅行66・・・リトアニア

428リガから夜行列車で入ったよ。
寝台車は「クペ」って言うんだけどわからないから身振りで伝えたら教えてくれたよ。
ビリニュスの駅周辺にホテルがいくつかあるからそこに泊まったよ。
旧市街も近いからね!
旧市街には教会があったり大聖堂があったりして見どころは多いよ。
ケディミナス通りには国会議事堂があり独立するときのバリケードなどを残しているよ。
ケディミナス城からのビリニュスの眺めもいいけど、テレビ塔に上ってみるのもいいよ。
バスで行けるからね。
ここも独立前にソ連軍が侵攻してきて犠牲者が出たんだって。
郊外にはトラカイという町があるよ。
ここのおすすめは「トラカイ城」だよ。
湖に映えるレンガ造りの城はとてもきれいだったよ!
ビリニュスからはバスがたくさん出ているけど、列車も何本か走ってるよ。
駅で時刻表をもらうといいよ。
ぼくはこの時刻表をもらってカウナスの町まで行ってきたからね。
カウナスといえば旧市街がきれいだけど「杉原千畝」がユダヤ人のためにビザを発給した町ということでも有名なんだよ!
ぼくのご主人様が尊敬している人物だよ!
写真は杉原千畝がビザを書いたカウナスの旧日本領事館だよ。

ビリニュス
トラカイ
カウナス
楽天市場
プロフィール

ba0001ssc

タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ