2008年12月

チビの都市交通の旅19・・・ブカレスト

128ブカレストの地下鉄はいくつかの路線があるよ。(今は4路線かな・・・)
ルーマニア国鉄の「ブカレスト北駅」にも乗り入れているよ!
さらにトラムとバスで市内を十分カバーしているみたいだね。
ブカレストに着いたときやブカレスト観光をするときに利用するといいよ。
車両は旧共産圏なのに旧ソ連の車両は使ってないよ。
チャウシェスク時代にルーマニアで製造したらしいよ。
今後も路線はどんどん延ばしていくみたいだね。

チビの都市交通の旅18・・・ミンスク

260旧ソ連だから車両も旧ソ連のものを使っているよ。
地下鉄の乗り方は旧ソ連と同じで「トークン」を買って乗るんだよ。
値段も安いから(30円もしなかったよ)利用しやすいよ。
でも路線は2路線しかないよ。
だからミンスクの町を有効に見て廻りたかったらバスも使うといいよ。
バスのチケットはバス乗り場のあたりの売店で売っているよ。
地下鉄もバスも均一料金だから買いやすいよ。
ベラルーシは「トランジットビザ(48時間)」がけっこう簡単に取れるよ。
だからベラルーシを訪れる人は鉄道を使うことが多んじゃないかな。
そして地下鉄の1路線は「ミンスク駅」が始発だから利用するといいよ。
それにこの路線はミンスクの中心地をニャミーガ広場を通っていくからね。

チビの都市交通の旅17・・・ナポリ

063ナポリにも地下鉄は走っているよ。
路線はけっこう多いよ。
路線の1つは環状線のようになっているからナポリの町を1周できるのかなあ。
トラムタイプの車両もあるよ。
もちろんバスやトラムも走っているからこれらの都市交通を利用して美しいナポリの町を観光するといいよ!
それと「ベスビオ周遊鉄道」という私鉄も走っているよ。
これを利用すれば「ポンペイ」まで行けるんだって。(ぼくは行かなかったけど・・・)
写真を1まい撮ったけど運転手から「×」とされたよ。
イタリアは国鉄といい写真撮影にはあまり寛容ではないなあ・・・

チビの都市交通の旅16・・・トビリシ

156旧ソ連製の地下鉄が走っているよ。
グルジアの国旗のような赤と白を使った車両もあるよ。
切符はなく「ジェトン」を使って乗車するよ。
いくつかの路線があるけどトビリシの中央駅と旧市街を結ぶ路線が便利だね。
途中でトビリシの中心部である「ルスタヴェリ大通り」の下を通るよ。
それと駅やバスターミナルにも接続しているから列車やバスで移動する人も地下鉄を利用できるね。
ぼくがトビリシへいるときは「戦争中」だったから少ししか乗らなかったよ。
兵隊さんが乗っていて市民に何か言っていたよ。
それを聞いて市民の士気が高ぶっていたなあ。
でも車内も街中も危険な感じはしなかったよ。

チビの世界遺産の旅20・・・コトル地方の歴史的建造物と自然(モンテネグロ)

327コトルはアドリア海の奥まった部分にある町だよ。
旧市街は城壁に囲まれているよ。
海側の城壁から中へ入ると「時計塔」が建っているよ。
石畳の通りと赤い屋根の建物が印象的だよ!
旧市街の中心には「聖トリフォン大聖堂」が建っているよ。
メインストリートを離れると細い路地がたくさんあるよ。
そのうちの何件かはプライベートルームとして使われているよ。
ぼくもプライベートルームで泊まったよ。
旧市街の細い路地を山手の方へ行くと城壁が続いているよ。
この城壁に沿って上っていくと頂上に砦があるよ。
ここから城壁に囲まれたコトルの旧市街を一望できるよ!
中世にタイムスリップした感じでとてもすばらしい眺めだったよ。
コトルへはモンテネグロの首都「ポトゴリツァ」からバスで行けるよ。
ほかにもマケドニア、セルビアやクロアチアのドブロウブニクからのバスもあるよ。
これらの交通機関を利用すると便利だよ。




チビの世界遺産の旅19・・・バチカン市国(バチカン)

489ローマから地下鉄でバチカンの近くまで行けるよ!
駅からしばらく歩くと「サンピエトロ広場」に着くよ。
サンピエトロ広場の中心には1本のオベリスクが立っているよ。
そしてその周りには円柱の柱が並んでいる回廊があるんだよ。
ある場所から見るとそれぞれの柱が1本に重なるんだよ。
地面にポイントがあるからそこで立つといいよ!
そして「サンピエトロ広場」から「サンピエトロ大聖堂」へ入れるよ。
大聖堂内部はとても広いくてすごくきれいだよ。
さすがカトリックの総本山だけのことはあるよ!
「ピエタ」というミケランジェロがつくった像も有名なんだって。
その大聖堂の横に「バチカン宮殿」があって時々法皇様が広場を眺めるらしいよ。
ほかにも「システィーナ礼拝堂」や「バチカン美術館」などの見どころがあるよ。
半日かけてゆっくり見学するといいよ!
それからバチカンでは「切手」なども売っていたよ。
ちゃんと「VATICAN」と国の名前が書かれているんだよ。

チビの世界遺産の旅18・・・サントドミンゴの植民都市(ドミニカ共和国)

143首都サントドミンゴの旧市街にあたるよ。
東には「コンデ門」があってここから旧市街が始まるよ。
旧市街には「サンタ・マリア・ラ・メノル大聖堂」や「サン・フランシスコ修道院跡」などたくさんの見どころがあるよ!
サンタ・マリア・ラ・メノル大聖堂にはコロンブスの遺体が安置されているんだって。
こんなカリブの島にもスペインのコロニア調の建物があるんだからすごいよね!
サントドミンゴへは空港からはタクシーが一般的みたいだね。
けっこう離れているから値段は25ドル以上はしたよ。
ホテルは新市街の方に多くホステルやゲストハウスは旧市街に多いみたいだよ。
ぼくは旧市街のホステルに泊まったよ。

チビの世界遺産の旅17・・・パルミラ遺跡(シリア)

527ダマスカスから「カドムース社」のバスで行けるよ。
ほかにもパルミラを経由して別の町へ行くバスもあるよ。
シリアへのツアーだと必ず行くところだよ!
パルミラの町をしばらく歩くと博物館があるよ。
このパルミラ遺跡の説明や遺跡から発掘したものを展示しているよ。
博物館の横の道から遺跡へ入るよ。
しばらくは道なりに歩くよ。
すると柱が並んでいるようすがよくわかるよ。
この列柱を左に曲がると大きな「ベル神殿」があるよ
とてもりっぱな神殿だよ!
再び列柱道路に戻ると記念門があったり「ローマ劇場」なども見えてくるよ。
列柱道路が終わるとその先の山の上には「アラブ砦」がそびえたっているよ。
このアラブ砦に登るとパルミラ遺跡だけでなくパルミラの町やオアシスもよく見えるよ!
ぜひ登ってみてね。
ほかにも遺跡が点在しているし中には4000千年前のメソポタミア文明時代の遺跡もあるみたいだよ。
ぼくは1日かけてゆっくり見たよ。
パルミラの町には安い宿もけっこうあるみたいだからここで泊まるのもいいかもね。

チビです

0262週間ほど旅に出るよ。
今回は南米だよ。
ご主人様について行ってくるね!
今日は東京で泊まるよ。
明日からアメリカ経由で南米へ向かうよ。
まずボリビアへ行ってくるよ。
次にペルー。
その次にチリ経由でアルゼンチンへ向かうよ。
最終目的地は南米最南端の町「ウシュアイア」だよ。
ご主人様はウシュアイアで世界旅行の一区切りをつけると言ってたよ。(ほんとかなあ・・・?)
あいかわらず飛行機だらけの旅だよ。
仕事の合間の旅だからね。
ご主人様は仕事と遊びのメリハリをつけて旅をしてるから「時間に追われずに世界を旅している人たちがうらやましい。」と言っていたよ。
あ、ご主人様が呼んでる!
もう行かなくちゃ!!
それではみんなよい年を迎えてね。
行ってきまあす!

チビの都市交通の旅15・・・アテネ

124アテネにも地下鉄が走っているよ。
路線も少しずつ伸ばしているよ。
これに乗ればオリンピック会場へも行けたんだよ!
ぼくが乗ったときはオリンピックスタジアムができつつあったよ。
地下鉄はギリシャ国鉄の「アテネ駅」に接続しているし中心部の「シンタグマ広場」へも行けるからとても便利だよ。
それと「オモニア広場」や「アクロポリス」のふもと、さらにはアテネの港にあたる「ピレウス港」へも行けるよ。
1日券も売っているからバスなども有効に使ってアテネの町や遺跡を観光するといいよ。

チビの都市交通の旅14・・・ソフィア

355ソフィアの地下鉄はまだ1路線だけだよ。
まだまだトラムが中心だね。
ソフィアの都市交通は1日券を発売しているから使うといいよ。
トラムはソフィア駅と街中を結んでいる路線があるから駅へ向かうときや駅に着いたあとに便利だよ。
ほかにも街中を始発にして市内の周辺へも路線を伸ばしているよ。
以前泊まったゲストハウスや「リラの僧院」へ向かうバスターミナルへもこのトラムを使ったよ。
そうそう車内検札がよくあるから乗った後に切符をパンチするのを忘れずにね。

チビの都市交通の旅13・・・キエフ

042キエフの地下鉄はとても使いやすいよ。
「ジェトン」を買って改札に入れて入場する旧ソ連のタイプだよ。
1日券のようなものはなかったけどジェトンだったらまとめ買いができるのがいいね。
それに値段が安いのも魅力的だったよ。
1回10円くらいかなあ。
ホームはとても深くエスカレーターで下りるよ。
核シェルターにもなっているのかもね。
車両も旧ソ連製造のものだよ。
路線はいくつかあるけど東西に走る路線が便利だよ。
キエフ駅やキエフ中心の広場へも行けるからね。
それとドニエプル川を渡るときの眺めはなかなかいいよ。
もちろんトラムやバスもたくさん走っているよ。
でもチケット売り場がよく分からなくてほとんど乗らなかったよ。

チビの都市交通の旅12・・・ウィーン

043ウィーンにも地下鉄が走っているよ。
オーストリアではドイツと同じように「Uバーン」と呼ばれているよ。
ウィーン東駅や南駅、空港からのアクセスがあるウィーンミッテ駅などの駅と接続しているからとても便利だよ。
ウィーンの中心でもある「シュテファン大聖堂」があるところへもUバーンで行くといいよ。
それとトラムが街中を走っているよ。
「王宮」へ行くにはこのトラムがいいかもね。
この2つを有効に使うといっぱい観光できるよ!
1日券も売っているし時間を制限すれば安い券も売っているよ。
たくさんの観光客が集まるウィーンをたくさん楽しむといいよ!
そうそう、改札は「刻印機」しかないよ。
だから素通りしている人もいるみたいだけど、その分検札も多いみたいだからやめておいてね!

チビの都市交通の旅11・・・ブダペスト

224ハンガリーの地下鉄はヨーロッパでも早く開通したんだって。
ロンドン地下鉄の次だっていわれているよ。
その「1号線」は当時の雰囲気を残したのか黄色くて小さな車両を使っているよ。
駅間は短いけど地上からそんなに深くないし「セチェニー温泉」へも行けるから便利だよ!
「2号線」はブダペスト東駅やブダペストの王宮近くまで行けるからよく使う線だよ。
「3号線」は終点で空港バスとアクセスしているよ。
1日券もあるしこれでトラムやバスにも乗れるから利用してみるといいよ!

チビの都市交通の旅10・・・ミラノ

3083つの路線があるみたいだね。
そのうちの「1号線」はミラノの地下鉄は駅と中心地を結んでいるから便利だよ。
3駅ほどで「ドォウモ広場」へ着くよ!
一つ前の「モンテナポレオーネ」駅はブランドショップが並んでいるよ!
もちろん「最後の晩餐」で有名な「サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会」へも地下鉄で行けるよ。
ミラノの地下鉄には1日券もあるからこの切符を有効に使って観光するといいよ!
そうそう1日券はトラムやバスにも使えるから便利だよ。
でも車両の落書きが目立つなあ・・・

チビの都市交通の旅9・・・ロンドン

402ロンドンの地下鉄は世界でいちばん最初にできたんだよね。
地下鉄の路線も多いよ。
最近ではライトレール(LRT)も運行されているよ。
ぼくはヒースロー空港から市内へ行ける「ピカデリー線」をよく使うよ。
ロンドンの中心にあたる「ピカデリーサーカス」にもそのまま行けるからね!
それと「サークルライン」はロンドン市内を1周しているから便利だよ。
「ビッグベン」「タワーブリッジ」「ロンドンアイ」へも行けるからね。
もちろん「大英博物館」や「マダムタッソーろう人形館」などの観光地へも地下鉄を利用すれば簡単に行けるから利用するといいよ。
1日券を発売していて地下鉄だけでなくバスも使えるよ。
2階建てバスに乗って街中を眺めるのもいいかもね。
でも日曜日の地下鉄は早朝から運行していないから注意してね。

チビの世界遺産の旅16・・・エチミアジンの大聖堂と教会群ならびにズヴァルトノツの考古遺跡

145エレバンからマルシュルートカ(ミニバス)に乗ってエチミアジンの町へ行けるよ。
エチミアジンの町はそんなに大きくないよ。
マルシュルートカから降りると大聖堂はすぐにわかったよ。
この大聖堂はアルメニア正教の総本山にあたるんだって。
屋根が円錐の形をしているのが特徴みたいだね。
石で造られて外見は質素に見えるけど中に入るととてもきれいだったよ!
エチミアジンからエレバンに向かって歩くと「リプシマ教会」が見えてくるよ。
ここもアルメニア正教の教会みたいだね。
さらに歩き続ける(約4km)とズヴァルトノツの遺跡があるよ。
神殿跡のようなものが残っていたよ。
遺跡の規模は小さく30分ですべて見ることができるくらいの大きさだよ。
エレバンに戻るときはこの遺跡の前からマルシュルートカに乗ったけどみんな飛ばしているからなかなか停まってくれなかったよ・・・

チビの世界遺産の旅15・・・ペトラ(ヨルダン)

221アンマンからバスに乗ってペトラへ行けるよ。
入り口からしばらく歩くと岩がせまってきてその谷間を進むことになるよ。
谷間が終わると「エル・カズネ」という建物が見えてくるよ。
ここが1つめの見どころになるかな。
映画「インディージョーンズ」の舞台にもなったらしいね!
さらに進むと「ローマ劇場」が見えてくるよ。
ここから山手の方に登ってもいいしそのまま先へ進むのもいいよ。
ぼくは山手の方へ登ったよ。
頂上まで行くと遠くまで岩山が広がっているのが見えたよ。
その先の方は「イスラエル」になるんだって。
その途中にもたくさんの遺跡があったよ。
もし山を登らずそのまま行くと王宮墳墓群が見えてくるよ。
岩山に沿うようにたくさんの遺跡が並んでいるよ。
遺跡の中には立派な宮殿のようなものもあるよ。
でも名前のとおりほとんどがお墓なんだろうね。
しばらく歩くとまた山がせまってくるよ。
その山を登って30分くらい歩くと「エド・ディル」という遺跡が見えてくるよ。
いちおうペトラ遺跡の最奥部になるみたい。
形はエル・カズネに似ているけどこっちの方がシンプルな感じだよ。
でも大きさはエド・ディルの方が大きいよ。
ペトラは「ワディ・ムーサ」の町からすぐだから、アンマンからはこの町へ行くバスに乗るといいよ。
でもバス会社によってはペトラ遺跡直行のバスもあるからぼくはそれを使ったよ!

チビの世界遺産の旅14・・・ヴァレッタ市街(マルタ)

419マルタの首都だよ。
バスターミナルの先に城壁があって大きな門があるよ。
そこから中に入ると広場になっているよ。
その広場を進めば「共和国通り」になるよ。
道の左右に旗が立っていて中世にタイムスリップしたような感じだよ。
旧市街の中心には「聖ヨハネ大聖堂」があるよ。
さらに周辺には美術館や博物館や劇場などがあるんだよ。
共和国通りをそのまま海まで歩くと「セントエルモ砦」にたどりつくよ。
通りを1つ外れればマルタの人たちの家がたくさんあるよ。
もちろんホテルなどもあってぼくも旧市街のホテルに泊まったよ。
この旧市街から周辺の町や海の見晴らしは最高だよ!
反対に周りの町からヴァレッタの町を見ると大きな城壁に囲まれているのがとてもよく分かるよ。
侵略するのはとても難しいという印象だったよ。
ヴァレッタは空港からバスに乗るとバスターミナルまで行けるよ。
このバスターミナルからマルタ各地へバス路線が延びているからここを起点にしてマルタ観光をするといいよ!
バスの形もそれぞれ違っていておもしろいよ。

チビの世界遺産の旅13・・・オフリド地域(マケドニア)

080「オフリド湖」の湖畔に広がる町だよ。
オフリドの旧市街には見どころがたくさんあるよ。
旧市街の中心に「聖ソフィア教会」があるよ。
ほかにも「カネヨ教会」や「聖パンテレイモン教会」などたくさん教会があるんだよ。
年代物の古い教会もすごいけど教会の中にある「イコン」や「フレスコ画」というものも見どころのひとつなんだよ。
入場料は教会ごとに200円くらい払って入れるよ。
でも教会内は撮影できないから自分の眼でよく見ておくといいよ。
旧市街には石畳の路地が続いているよ。
湖に沿って小高い丘があるから坂道も多いよ。
その丘に登ると城壁があって城壁に上がるとオフリドの町と湖を一望できるよ!
それと教会以外にも遺跡がたくさん出ているんだよ。
円形劇場や神殿跡もあるみたいだね!
オフリドには安いゲストハウスがたくさんあるからここで泊まって観光する人も多いよ。
ぼくはスコピエで泊まってバスでオフリドまで往復したよ。
1日に10本前後のバスが出ているみたいだね。
値段は往復で1500円くらいだったかなあ。
予約制だからバスターミナルで予約してね。
それとスコピエで往復切符を買ってもオフリドのバスターミナルであらためて座席の予約をしたから気をつけてね。
スコピエからオフリドまでは約4時間かかったよ。
オフリドのバスターミナルから旧市街までは少し離れているから標識に沿って歩くといいよ!
楽天市場
プロフィール

ba0001ssc

タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ