2011年06月

チビの飛行機の旅95・・・ケイマン航空

ケイマン航空はケイマン諸島の航空会社だよ。
小型機を使ってカリブ海周辺を運行してるよ。
ホームページからも予約ができるから便利だよ!
オンシーズンのチケットは高いけど早いめに予約すればそんなに高くなかったよ。
ただスケジュールの変更や発着の遅れがあるから気をつけてね。
ぼくはジャマイカのキングストンから乗ったよ。
でも機材の故障で代替機が来るまで8時間待ったよ・・・
機内サービスはフライト時間が短いせいかソフトドリンクのみだったよ。

チビの飛行機の旅94・・・ウズベキスタン航空

関西空港から中央アジアへの唯一の直行便だったけど撤退してしまったね。
タシケントを中心に路線があるよ。
値段はそんなに高くないけどデイリー運行は少ないから日程を考えて利用しないといけないね。
国内線はウルゲンチ、ブハラ、テルメスなどに飛んでいるよ。
国内線はとにかく安くてブハラ、テルメス便は4千円弱で利用できたよ!
機材はエアバス社の新しい機材を購入しつつ旧ソ連製の古いプロペラ機やロシア整の新型プロペラ機も使っているよ。
写真を撮りたかったけど中央アジアの国々は空港の写真撮影は禁止だからダメだったよ・・・

チビの飛行機の旅93・・・トルコ航空

トルコ航空は関西空港から深夜便を出しているよ!
イスタンブールには朝の5時に着くから便利だよ。
そのままヨーロッパ便に乗り継げばお昼にはヨーロッパへ着くよ。
他にも中央アジアの路線に強いから少し遠回りだけどおすすめだよ。
ぼくは関西空港からイスタンブール経由で中央アジアへ行ったよ。
飛行機は遅れることはなかったよ。
でもイスタンブールから中央アジア行きも深夜だからイスタンブールで1日過ごさないといけないよ。
トランジットエリアはそんなに大きくないからイスタンブール市内を観光するといいよ。
機内サービスはよかったよ。
座席の前にモニターもついているし退屈はしなかったよ。

チビの世界の旅135・・・バハマ

マイアミから入ったよ。
バハマはリゾート地だね。
ぼくはナッソー市内のホテルに泊まったよ。
リゾートホテルは高いからね・・・
ナッソーのダウンタウンはそんなに大きくないよ。
でも大型のクルーズ船が入港するといっきににぎやかになるよ。
だから夜のナッソーは静まり返っていたよ。
ナッソーにはいくつかのフォート(砦)があってそれも見どころのひとつになっているよ。
ケーブルビーチなど他の町へ行くにはミニバスを使うといいよ。
思ったよりも距離があるからね。

ナッソー
ケーブルビーチ

チビの世界の旅P・・・ケイマン諸島

IMG_1445ケイマン諸島はカリブ海に浮かぶ島だよ。
ぼくはジャマイカから入ったよ。
でも飛行機が故障して代替機が来るまで8時間も待たされたよ・・・
だから島の中はレンタカーで廻ったよ。
首都のジョージタウンは小さな町だったよ。
リゾートホテルなどがたくさんあってお店も点在しているからね。
海岸もきれいだし波しぶきが立っブローホールもあるんだよ。
それと「ヘル」という石灰岩質の場所もあるんだよ。
規模は小さいけどヘルを売り物にした郵便局やお店もあったよ。
ケイマン諸島には1日しかいれなかったよ。
次の日の飛行機でマイアミへ向かったけどその飛行機も遅れてしまったよ・・・

ジョージタウン
グランドケイマン島

チビの世界の旅134・・・ジャマイカ

IMG_1202レゲエで有名な国だよ。
ぼくはマイアミから飛行機で入ったよ。
着いたのが夜遅くだったから迎えに来てもらったよ。
キングストンには日本人経営の宿があるからね。(もちろん送迎代は払ったよ。)
キングストンはたくさんの人々が歩いていたよ。アップタウンやハーフウェイツリーなどは新市街でショッピングセンターやお土産やさんがあったよ。
ダウンタウンはちょっと気をつけて歩くと大丈夫だったよ。
でもジャマイカの人たちは写真に写るのが嫌いみたいだから写真撮影には気をつけてね。
ぼくはキングストンしかいなかったけど、ジャマイカにはモンティゴベイやブルーマウンテンなどの見どころもあるから行ってみるといいよ!
ちなみにぼくは宿の人が無人島のツアーに誘ってくれたから参加したよ。
お昼くらいから夕暮れまでのんびり過ごせたよ。

キングストン

チビの世界の旅133・・・タジキスタン

139タジキスタンは行きにくい国のひとつだったよ。
でも日本に大使館ができたから行きやすくなったよ!
ぼくはウズベキスタンのテルメスから入ったよ。
そして乗り合いタクシーやマルシュルートカで首都のドゥシャンべに着いたよ。
ドゥシャンべはそんなに大きくないよ。
市内を歩いて廻れるよ。
でもトロリーバスなどが安い値段で走っているから利用するといいよ。
次の日には郊外の町へ行ったよ。
ひとつはヒサールの町だよ。
ここは博物館や古い門などの遺跡があったよ。
そのあと国境の町のレーガルへ行ったよ。
町の中心には市場があったよ。
のんびりした町だったなぁ。
タジキスタンはパミール高原もおすすめだけど、許可証がいるみたいだよ。
でもとってもきれいなんだって!
いつかは行ってみたいなぁ・・・

ドゥシャンべ
ヒサール
レーガル

チビの世界の旅132・・・キルギス

630キルギスは中央アジアで唯一ビザがいらない国だよ。
日本との交流もさかんだからね。
ぼくはカザフスタンのアルマトイからマルシュルートカ(乗り合いタクシー)で入ったよ。
国境からビシュケクまでは1時間はかからなかったよ。
ビシュケクは大きな町だったよ。
大きな広場や大きなバザールなんかもあってたくさんの人がいたよ。
バスやトロリーバス、マルシュルートカなども安い値段で走っていたよ。
でも、情勢が不安定だから時々国境を閉鎖しているよ…
場所によっては焼き討ちにあってるみたいだから気をつけてね。
それと、ビシュケクの東にはイシクルク湖があるよ。
旧ソ連時代は立ち入りができなかったけど今はリゾート地で解放しているよ。
三蔵法師も通ったといわれ湖底には仏教関係の遺物か埋まっているみたいだね。
ちなみに湖の水は少しだけど塩辛かったよ。

ビシュケク
チョルポンアタ

チビの世界の旅131・・・カザフスタン

307ウズベキスタンからカザフスタンへ入国したよ。
国境からは乗り合いタクシーでシムケントの町へ向かったよ。
ここでアルマトイまでの列車のチケットを予約したんだけどないっていわれたの・・・
でもあきらめずにメモとパスポートを渡したら、座席の切符を発行してくれたよ!
安心して駅を出ようとしたら警官に捕まり詰所まで連れていかれたよ・・・
そこでお金もチェックされたよ。
抜き取られなかったけど大変だったなぁ・・・
やっと夜行列車に乗ってアルマトイに着いたよ!
アルマトイでは市内観光をしたり近郊の山へ行ったりしたよ。
そして次の日にキルギスへ向かったよ。

シムケント
アルマトイ

チビの世界の旅130・・・ウズベキスタン

387130カ国目の国はウズベキスタンになったよ!
ぼくはトルクメニスタンから入ったよ。
国境でゲストハウスの車が待っていてくれてそのままヒヴァの町へ連れていってもらったよ。
ヒヴァの町は世界遺産だよ。
城壁の中を中心にモスクやミナレットやメドレセなどが建っているよ。
ミナレットに上ればヒヴァの町を一望できたよ。
ヒヴァから空港のあるウルゲンチまではトロリーバスで行けるから便利だよ。
そしてウルゲンチからタシケントへ向かったよ。
タシケントは中央アジアでいちばん大きな町だよ。
たくさんの人々が集まっているといった感じだね。
地下鉄やトラムなどを使って観光するといいよ!
そのあとブハラやサマルカンドへも行ったよ。
両方とも世界遺産に登録されているよ。
特にサマルカンドは青の都と呼ばれ、中心にアルレギスタン広場はなかなかいいよ!
最後にタジキスタンへ向かうために南部の町テルメスへ行ったよ。
アフガニスタンの国境もあるんだよ。
いつかは行ってみたいなぁ・・・

ヒヴァ
ウルゲンチ
タシケント
ブハラ
サマルカンド
テルメス

チビの世界の旅129・・・トルクメニスタン

614トルクメニスタンは緩い北朝鮮といわれているよ。
旅行の行程をちゃんとたててガイドをつけなければ観光できないからね・・・
トランジットビザで入国すれば自由に行けるけど、日本に大使館がないから時間がない人には無理かもしれないね。
ぼくはイスタンブールから飛行機でアシガバードへ入ったよ。
空港で百ドル近いお金を払ってビザを手に入れたよ。
空港にはガイドが待っててくれて早速アシガバードの観光をしたよ。
最初に遺跡やモスクを見て、お昼から市内観光だったよ。
警察官が多いのが印象的だったよ。
観光が終わってガイドさんが帰ると、自分でバスに乗ってアシガバードの町中へ行ったよ。
これはガイドさんがいなくても大丈夫だったよ!
次の日はカラクム砂漠を縦断して地獄の扉といわれるガスクレーターを見に行ったよ。
クレーターの中から炎が出ているんだよ。かなりの熱風が吹いていたよ。
そして夜行列車に乗って北部の町ダショウズへ向かったよ。
この近くにクフナウルゲンチという世界遺産があるんだよ!
ミナレットなどがわずかに残っているけどなかなかよかったよ!
そのあとウズベキスタンの国境へ向かってトルクメニスタンの旅が終わったよ。

アシガバード
ダショウズ
カラクム砂漠

チビの鉄道の旅68・・・キルギス

001キルギスのビシュケクまでロシアからの国際列車があるよ。
本数は少なめだけどね。
それと国内列車はビシュケクからイシク・ルク湖畔の町バルッチュクまで運行しているよ。
1日1往復だけどね。
値段は乗り合いタクシーよりも安かったよ。
ぼくはビシュケクからバルッチュクまで乗ってみたよ。
しばらくはのどかな田園風景が続いたよ。
そして低い山岳地帯を通っていったよ。
川が並行して流れていて水しぶきなどもたっていたよ。
イシク・ルク湖から流れている川かもしれないね。

チビの鉄道の旅67・・・カザフスタン


262カザフスタンの鉄道はロシアや中国へ国際列車を運行しているよ。
だから、アルマトイ駅には中国語の表示案内があるんだよ。
国内列車はアルマトイから首都のアスタナやウズベキスタンの国境近くにあるシムケントの町などにあるよ。
本数は少ないけどバスよりは安いみたいだね。
ぼくはシムケントからアルマトイまでの夜行列車に乗ったよ。
駅で当日の寝台列車の切符を買おうとしたら売り切れてたよ・・・
何とかねばって座席の切符を手に入れられたからよかったよ!
車窓はステップの大地をのんびり走ったよ。
エアコンなんかはなくてとても暑かったけど、日が暮れてからは何とか過ごせたよ。

チビの鉄道の旅66・・・ウズベキスタン

019ウズベキスタンにも鉄道があるよ。
中央アジアの中では発達している方だね。
モスクワからの列車もあるからね。
でも、本数は少なめだよ。
主な路線はタシケントからサマルカンドだよ。
スピードもけっこう出すし、レギスタン号という特急も走っているよ。
他にもタシケントからブハラまでを走るシャルク号もあるよ。
ぼくはこっちに乗ったけど、エアコンがなくて暑かったよ・・・
でも、速いのと値段が安いのが魅力だから利用してみるといいよ!
ちなみに、ウズベキスタン南部のテルメスからタジキスタンのドゥシャンべ行きの切符を買おうとしたら、駅で断られたよ。
やっぱり、鉄道での国境越えは、まだ外国人には解放してないみたいだね・・・

チビの鉄道の旅65・・・トルクメニスタン


771トルクメニスタンは旧ソ連の国のひとつであって、なかなか入国しづらい国だよ。
鉄道は本数が少ないけど走っているよ。
アシガバードを起点にね。
ぼくはアシガバード近郊から北部のダショウズまで乗ったよ。
トルクメニスタン中央部に広がるカラクム砂漠を縦断する路線だよ。
本数は1日一本で20時間かかるよ。
線路は新しいけど保線は悪いみたいだからスピードが出ないんだよ。
平行するバスの方が3倍速いよ。
それでも値段が安いから(一人百円くらいかな)利用客は多かったよ。
車両は旧ソ連製ではなく中国製だったよ。
楽天市場
プロフィール

ba0001ssc

タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ