バーさん_10_電話に出るな_125x368ばあさん電話に出るな!
【バーさん100マデ…第10回】

令和元年 現在89歳 認知症
明るく健康、風邪ひとつひかない、足腰丈夫で元気、だけど認知症、何を言っても通じない…毎日の介護はイライラと、戸惑い。それでも試行錯誤で乗り切る実母の介護絵日記です。

暇なバーさん電話にすぐ出る。世知辛い世の中、いろいろな電話がかかってくる。記憶にあるだけでも、北海道のカニ、健康食品、ソーラーパネル、外壁塗装、怪しいアンケートなど。相手はお構いなし、認知症のバーさんだろうが、電話に出たらさいご押しの一手だ、おしゃべりが大好きなバーさんこれ幸いとしゃべり続ける、そして曖昧な返事をする。幸いにもオレオレ詐欺的な電話はなかったが、外壁塗装業者さんから確認の電話があった。「先日の件でお伺いします何時ぐらいがよろしいでしょうか?」と、もちろん丁寧にお断りした。
ある時は、新しく買った洗濯機の搬入で午前中で約束し、会社を半日有給して待っていたら搬入されなかった。腹が立って販売店に怒りの電話をしたら、配送の人が都合で午後からでよろしいですかと電話を入れていたそうな。その電話に出たのがバーさん「いいですよ、いいですよ」と適当に返事をして、本人サッサと敬老会に出かけて行った。何も聞いていないので、結局半日を棒に振った。腹立たしいことこの上ない!
結果〇 固定電話を解約した。