12/20 10:30 追記:昨夜、ワクチン問屋さんからの一報を受けまして、急遽下記文章を掲載いたしましたが、本日、何とか現在予約をお受けしているかたの分は何とか確保できる見通しがついたとの連絡をいただきました。皆さまには大変ご心配をおかけいたしましたことを、お詫び申し上げます。

 ただ、現段階におきましても、今後のインフルエンザワクチンの確保は、大変困難な状況にあります。そのため、突然ではありますが、下記の内容の通り、新規の接種に関しましては、予約停止となります。ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

------------------------------------
12/20 0:00記載

表題の通り、本日からインフルエンザワクチンの接種制限をかけさせていただきます。

事の始まりは、昨日の昼に突然、ワクチン問屋から「インフルエンザワクチンの在庫が無くなったので今日から売れない」と言われたことから始まります。
元々、震災の影響とか、ワクチンを製造するメーカーのトラブルとかで今年はワクチン不足になるかも?とは噂されていたのですが、昨日になり突然出荷できないと言われてしまいました。
(事前の説明も何もなしにいきなり切り捨てられてしまう、弱小クリニックの悲しいところです…)

現段階で、ワクチンの在庫数に対して予約されている方の人数の方が多い状態です。

そこで、苦肉の策ではあるのですが、インフルエンザ予防接種の新規予約を中止させていただき、すでに予約されている方に対しては、下の優先順位で接種させていいただきます。

(1)1回も接種していない方、3歳以下の方を優先させていただきます。
 
(2)4~6歳の方では、昨シーズンまでの接種歴、インフルエンザ罹患歴などを考慮の上、必要と思われた方を優先させていただきます。
 
(3)今シーズンに1回接種している7歳以降の方は、2回目の接種を見送っていただきます。


接種できない方に関しましては、当院から直接お電話でご連絡させていただきます。
自分が接種できるかどうか不明の方は、当院にご連絡ください。


なお、無駄を減らすために、何人かの方に接種日を変更して頂くお願いをすることもあるかもしれません。
これは、インフルエンザワクチンのバイアルが1ml入りで、開封後24時間以内に使い切らなくてはいけないため、休日の前日などに使い切れない余剰が出てしまうと破棄せざるを得ないからです。

 
そのため、もし予約日に接種できない場合、必ずクリニックにお電話をお願いいたします。
連絡なしにキャンセルされた場合、優先で接種できる年齢の方でも接種をお断りすることもあります。

ご兄弟・ご家族でも、下のお子さんだけしか接種できないということもあるかと思いますが、ご協力の程宜しくお願い申し上げます。


なお、何本かはワクチンが入荷するかもしれないとのことですが、あまりにも不確定ですので、キャンセル待ちは行いません。
 
もし、予約はしていたが他の医療機関で接種する、という方がいらっしゃいましたら、当院にご連絡ください。



本来であれば、すべての方にワクチン接種を行いたいのに、大変心苦しい限りです。
ただ、限られた資源で一人でも多くの方にワクチンが接種できるようにするための苦肉の策ですので、皆様のご理解、ご協力の程宜しくお願い申し上げます。