昨今の騒動に関連して、国が「オンライン診療」を進めていくという話が出ています。
昔から「電話再診」という形で患者さんを診察室で直接診察しない形での受診は認められてきましたが、昨今のインターネットの普及でテレビ電話のシステムを使った診療がどんどん広がってきています。

実は当院でも導入していますが、その使い方にとても苦慮しています。
当院で診療を受けた方はご存知かと思いますが、当院で診る病気の8割以上は発熱、咳、下痢といった「風邪」です。
これらの診察は、患者さんの全身状態や見た目、さらに家の環境とは明らかに異なる診察室での様子(遊んだり周囲のものに興味を示したりするかどうか)というのがとても大事になるので、例え今のオンライン診療の技術が進んだとしても難しいと思います。

では、残りの2割をオンライン診療でできるかというとそういうわけでもありません。

例えば、湿疹やアトピー性皮膚炎等に関しては、ただ皮膚の画像があればいいというわけでなく発疹の触感も重要になりますし、一見何もない皮膚に見えて実はやや乾燥していた等の具合から薬の塗り具合の確認といったところもあるので、やはり直接診ないと難しいところもあります。
ちなみに、今の条件下ではオンライン診療での画像保存は原則としてできないので、さらに難しいところでもあります。

さらに、定期的に病院での検査が必要だと当然オンラインでは難しくなります。

また、これは下世話な話になるのですが、状況によっては患者さん側の金銭負担が増えることもあります。特に、医療費が無料だったり定額の方にはそれと別に支払いが発生してしまうので、当院としてはさらにお勧めしにくい状況になっています。

ちなみに、診療報酬(診察を行ったことにより得られる収入)がやや変わる(原則としてオンライン診療にした方が減る)ため、国の狙いはそこではないか(医療費の削減)と思っています。

まとめると、オンライン診療をお勧めできる方というのは以下のようになります。
・定期的に治療を行っており、日常生活での状態が大きく変わらない方。
・通院が時間的、距離的に難しく、多少の金銭負担があっても診察を希望される方。

なお、当院では初診の患者さんのオンライン診療はお断りしております。

以上の点を踏まえ、オンライン診療を希望される方はご相談ください。
また、こんな使い方もできる、ということをご存知の方もご相談いただければ幸いです。