ばば先生のコラムを読みたいと思ってくださった方、すみません。この記事はブログ担当が院長の依頼を受けて、過去の記事の紹介をさせていただいてます。

子宮頸がんワクチンについて、この半年ほどの間にいろいろ前向きな報道がされるようになってきました。積極的な接種勧奨の差し控えをしている現状が、変わるかもしれない。あとは大臣の決断待ち(だといいな)。

とはいえ、いまだ積極的な接種勧奨の差し控えの状況に変わりありません。というわけで身近に高校1年生の女の子がいるかたに是非お願いです。子宮頸がんを公費で接種できる期限が迫っております。どうか、接種をご検討いただけるよう勧めていただけないでしょうか?

本年は新型コロナワクチンの接種も重なり、さらにスケジュール調整が難しくなっております。
新型コロナワクチンとその他のワクチンとの接種間隔は2週間開けることとなっております。
お早目にご相談いただければ幸いです。


過去の院長の子宮頸がんに関するブログを以下にご紹介いたします(記事の賞味期限が過ぎているものもありますが^^;)。

ばば先生の子宮頸がんワクチンに関するコラムリスト 


子宮頸がんワクチン接種のススメ (2019.5.21)

子宮頸がんワクチンのお話~高校1年生のあなたへ~ (2019.9.4)

子宮頸がんワクチンのお願い (2020.9.12)

子宮頸がんワクチンのお話~期間限定~ (2020.10.1)

9価子宮頸がんワクチン(シルガード9)(2021.3.23)

番外:子宮頸がんワクチン接種についてのお手紙 (クリニック小噺:2020.10.28)