ばば子どもクリニック

東京都羽村市の小児科医院、ばば子どもクリニックです。
院長のコラムや、スタッフの小噺、クリニックからのお知らせをを掲載しています。
ばば子どもクリニックHP→http://baba-child-clinic.net

ばば先生のコラム

ばば先生のコラムリスト集

過去のばば先生のコラムのリンクをまとめて掲載してあります。



ばば先生のコラムリスト・その2

ばば先生のコラムリスト・その1

ばば先生の子宮頸がんワクチンに関するコラムリスト 


最新のブログはこの下の記事からになります。

4月9日は子宮の日

タイトルの通り、4月9日は語呂合わせから「子宮の日」なんだそうです。

(「しきゅうのひ」を変換したら「支給の日」と給料日みたいになったのは内緒です)


今日の朝日新聞にこんな広告が出ていたのを見た方もいらっしゃるかと思います。


子宮の日




子宮頸がんワクチン啓発の広告です。
広告を出したのは、みんパピ!という子宮頸がんワクチンの啓発をされている有志団体です。
ぜひ見ていただければと思います。


子宮頸がんワクチンは今でも定期接種の対象ワクチンなのですが、対象者に接種できるという連絡が行かないという異常事態になっています。

(このやり方、「定期接種のワクチンからは外さないけど連絡はしないよ。対象年齢から外れたとしても国は定期接種にしていたのだから接種できなかったとしても自己責任ね」という感じにしか見えないのが腹立たしいのですが)

今年こそは現状が解決されるかと期待していたのですが、今年も残念ながら対象者に問診票が送られないようです。


送られないのであれば、ここで通知させていただきます。

・定期接種の対象は、小学6年生から高校1年生の女性です。

・定期接種の対象の方でしたら、当然お金はかかりません。

・接種は計3回、初回と3回目までに6か月の間隔をあける必要があります。
 逆算すると高校1年生の9月には接種を開始すればお金はかからないよ、ということです(厳密には何とかできないこともないのですが)


子宮頸がんワクチンと報道の関係につきましては、過去のブログをご参照ください。


改めて言います。当院では子宮頸がんワクチンの接種を強くお勧めします。

定期接種の対象の方はもちろんのこと、定期接種の対象から外れた方でも、一度ご相談ください。


9価子宮頸がんワクチン(シルガード9)

子宮頸がんワクチンの新しいもの(とは言っても世界ではこちらが標準なのですが)「9価子宮頸がんワクチン(シルガード9)」が2月下旬に使えるようになりました。

それまで接種するとなると海外から個人輸入をしたりと大変だったのですが、これからはかなり楽に接種できるようになりました。


今まであった4価子宮頸がんワクチン(ガーダシル)との違いは、数字と名前です。

(院長、もっと違うところあるでしょう? え、ネタ?)
…すみません、スベりました


子宮頸がんワクチンの原因になるウイルス(ヒトパピローマウイルス(HPV))には150種ぐらいの型があり、そのうち実際に発がんに関係するのは15種類ぐらいと言われています。

ガーダシルはそのうち4種類のウイルスに対する抗体を作ることができ、HPVによる子宮頸がんのうち65-70%ぐらいを予防できると言われています。

シルガード9は9種類のHPVに対して抗体を作る事ができ、予防効果も90%まで上がりました。


いろいろと報道された副反応ですが、現在の見解ではワクチンとの因果関係は無いと言われています。

(詳しくは「名古屋スタディ」で検索すると出てきますので、興味のある方はご参照ください)


ワクチンの効果は世界中で十分実証されています。

ここで書くと話が長くなるので、興味のある方は「みんパピ!(https://minpapi.jp/)」をご参照ください。


ちなみに、子宮頸がんワクチン自体は今でも小学6年生~高校1年生の間であれば定期接種であり、接種にお金はかかりません。

ただ、国の「積極的勧奨の一時差し控え」という訳の分からない方針(これに関してははっきり言いますが、国の責任逃れだと思っています)のため、定期接種ではあるが対象者に連絡が行かないというシステムになっています。

対象年齢の方が市の保健センターに行けば問診票がもらえるのですが、なぜか強く接種しないように言われたり、「ここの市では接種した人はいない」と言われたり、副反応について脅されたりして接種を控えてしまうケースが自治体によってはまだあるようです。


そこで、当院では以下のようなシルガード9接種キャンペーン(?)を行うこととしました。

羽村市・青梅市・瑞穂町在住の方

 子宮頸がんワクチンの定期接種を完了していない方(1回/2回接種した方も含む)
 のうち
 シルガード9での接種を希望される方


 に関しましては、通常30000円/回のものを26000円(税込)とさせていただきます。

(他の自治体にお住まいの方は当院定価での接種となります。申し訳ありません)


なお、シルガード9はまだ定期接種には使えない(少なくとも3年ぐらいはかかるとのことです)ので、定期接種の方にはガーダシルでの接種になります。

定期予防接種での接種が可能な方がシルガード9での接種を希望される場合は、申し訳ありませんがキャンペーン(?)対象外となります。あくまで定期予防接種での接種の機会を逃してしまった方への当面の間の救済措置となります。


対象の年齢の方はもちろんのことですが、是非接種して、将来の子宮頸がんの発症を予防する機会を作っていただければと思います。


りゆうがあります

このタイトルを見て絵本を思い出した方は正しいと思いますし、私もあの絵本は好きです。

その絵本のお話ではありませんので念のため。


医学の世界でも、何をするにも「理由」があります。

例えば、薬一つ処方するのにもこういう理由があるから処方する、という明確な根拠があります。

(よくわからないけど処方する、は「とりあえずビール」と同じものだと言っています)



検査も同じです。こういう病気が疑われるから検査する、という明確な理由があります。

「よくわからないけどとりあえず検査」とはやらないわけです。



検査の前には診察があり、診察の前には症状があります。

回りくどい言い方ですが、症状があるから診察を受け、診察の結果でこのような病気が疑われるから検査をする、といったほうがわかりやすいかもしれません。



「〇〇が流行っているから△△の検査を受けてくるように言われた」とよく診察室で聞きます。

ただ、上の流れで行くと、「〇〇が流行っていて、□□という△△の病気が疑われる症状 があるから検査する」ならわかるのですが、□□という症状がないのに検査をする意味は基本的にありません。

百歩譲って「一緒にいる人が〇〇という病気だったから」ならわからないでもないのですが、さらにひどいと周囲に全く病気の人がいないのに「巷で〇〇という病気が流行っているから、今この周囲にはいないけど検査を受けるように」と言われると、さすがにそれはないだろう、と考えてしまいます。


検査も万能ではありません。どんな検査でも偽陽性(本当は陰性(その病気ではない)なのに陽性という結果が出る)もあれば偽陰性(本当は陽性(その病気)なのに陰性という結果が出る)も一定の確率で出ます。

だからこそ、検査の前に診察を受け、まず何らかの検査の必要なものが疑われるかどうかを考えて、それから検査を行う、という順番が必要だと思います。


処方も同じです。同じ症状でもその原因によって薬も少しずつ変わりますし、経過によって薬も変わっていきます。


その辺の検査の必要性や、(検査や処方が)不要な理由をなるべくゆっくり説明するようには心がけていますが、ついつい毒づくこともあります。そんな時は、疲れてるんだなぁとか、夫婦喧嘩でもしたのかなぁ、と生暖かい目で見守ってやっててください。

 おや、誰か来たようだ…うわやめろなにをするあqwせdrftgyふじこlp;


親離れ・子離れ

 最近は、大学の入学式や卒業式に保護者が出席するという話や大学選びも保護者とオープンキャンパスに参加するといったことが多いのだとか。私はどの大学に通いたいというよりは、進学先はどの大学でもいいから医者になりたい(選べるほど頭よくなかったもんで)ほうが先だったので、学校見学はどうでもよく、うかる大学であればいいといった事情でしたので、そういったことはしなかったのですが。うちのスタッフでも、進学先の大学のオープンキャンパスに一緒に参加したといった話を聞きます。

 もちろん、子どもを通わせることになるので、一緒に説明を聞いたり学習生活の場になる大学を見ておきたいというのはわかるのですが、どうも年寄りのせいでしょうか、大学の入学式まで参列することには違和感を感じます。

 高校卒業後に働き始める子=社会に飛び出していく子もいる中で、まだ親がくっついていかにゃあかんのかいと、大学の入学式の風景をテレビで中継されるところ見るたびに感じます。

 さて、枕が長くなったのですが言いたかったのは、これらが起こるのは親離れ・子離れがうまくいっていないからではないのだろうか、というお話につなげたかったわけでして。

 最近、食物アレルギーの相談をうけていて、はて、いつまで学校の先生が細かくアレルギーの管理をしなければならないのだろうか?と考えたからです。いい加減、高学年になってこれば、その辺自己管理ができてくる年齢ではないのだろうか?できるようにしていかなければいけないのではないか?と思うわけです。

 もちろん、学校で誤食によるアレルギーを防がなければならない、管理が必要だ、という点は重要であると理解しております。同時に考えるのは、いつまでもこのように手取り足取りはしてあげられない、子どもは少しずつ、自己の行動範囲が広がっていく中で自分で判断して行動していかなければならないという点です。

 なかなかそのタイミングは難しいですが、少しずつ親の管理下から手を離し、子どもが自分でできることを増やしていくようにすることを始めていかねばならないと思っています。乳幼児期は割と意識しやすいこの話ですが、小学生以上の子どもはどこまで手をかけてあげるかは意識しないとできなかったり、早く手放しすぎてしまったりととなかなか加減が難しいと感じます。

 ただ、そのお子さんの性格によって、どのタイミングでどの程度始めるかは調整は必要でしょうが、少なくとも自分の手元から離れて行動する・独立する年を見越して独り立ちできるように意識し、手を離してあげなければならないと思います。

 はじめは歩けなかった赤ちゃん。一人で座る・つかまり立ちをする・伝い歩きをする・一人歩きをする、この過程をあるときは支え、あるときは見守った。歩けるようになってもしばらくは手を引いて歩くけど、一人で歩いていくようになる。いつまでもかわいいからといっておんぶと抱っこを続けるわけではない。

 意識はしてはいないけど、自分でちゃんと歩けるようになるために、と少しずつ手を離していったはずです。

 同じように一人で巣立つその時のために、親は子離れを意識しつつ子が親離れできるように行動しなければいけないのではないでしょうか?

 というわけで食物アレルギーの管理も、見守りつつ自分でできるように練習させるのも大事ではないんかい?と思う今日この頃です。

 
ブログURL
QRコード
アーカイブ
記事検索