2009年01月04日

レッド・クリフ

2a2cdd6e.jpg

MOVIXでレッド・クリフ(赤壁の戦い)を見てきた。
大分前から上映されているので、そんなに混んでいないだろうと、午後の上映時間に間に合うように出かけたが、座席はほとんど埋まっていて、前から二列目と両端しか空いていなかった。仕方なく前から2列目の真ん中の席をとった。
広大な大地にびっしりと兵士を配列して、戦が始まる。私の頭上を馬が駆け走り、槍が飛び交う。矢が空気を切る音、剣が人を刺す音がすさまじい。血が飛び散って、思わずくびを縮めてしまう。ものすごい迫力だった。見終わった後さすがに首が痛くなり疲れ果てた。
三国志の赤壁の戦いの火蓋がまさにきって落とされるところで映画は終わり、続きを見にこい、といわんばかりに、パート兇陵醜陲鬚舛辰蕕噺せる。続きは4月。それまで記憶が保てるかどうか。父の遺した本の中に三国志があったので家に持ってきてあった。本棚の奥から取り出して今度こそ読み終えよう。私の年頭の抱負である。



babamama_123 at 21:55コメント(0)トラックバック(0) 
ばあばの日常 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile
ばばまま
2人の孫がいるお婆ちゃんです。平成17年4月、幸運なことに、非常勤講師として教壇にたつことになりました。孫のような生徒を相手に悪戦苦闘の開始となりそう。