2009年01月08日

松尾林道を歩く

ウオーキング始めに松尾林道を歩いた。
9時、阪急桂駅嵐山線ホームで大阪の友人Hさんと待ち合わた。Hさんとはほぼ一年振りに会う。10年以上前までは、年の初めには雪の比良山に登ったり、四季折々近畿の山を歩いたものだったが、この10年ほとんんど山歩きはしていない。松尾林道は山とはいえないけれど、山道を歩くのは久しぶりのことだった。ちゃんと歩けるかどうか不安だと、お互いにメールでやりとりしていたが、それでもHさんはばっちり登山姿で現れた。今日は雨という予報に傘と、今日のルートの地図も用意していた。私の方は普段着のズボンにスニーカー、中身のない小さなリュックと軽装もいいところだった。朝がた少しばかり手間取って、お弁当も作れなかった。コンビニでおにぎりとお茶を買う算段で家を出てきたのだった。けれど、小さな万歩計はズボンのウエストにつけるのは忘れなかった。最近自分が一日どのくらい歩いているのか知りたくなったのである。一日中動き回り、時には筋トレの運動もしているのに、体重は少しもへらない。ズボンは徐々にきつくなって、ほっておいたらはけなくなるのではないかと恐れたからだ。ホームでHさんに見せようと万歩計を出したら、なんとたった128歩しかカウントしていなかった。やっぱりウエストまわりのクッションで振動を吸収してしまったのだと言ったら、そうではなくて器械が悪いのよと言った。Hさんは携帯電話を取り出して、私も万歩計があると見せてくれた。最近の携帯には万歩計が付いているのだった。リュックやポケットにいれておくだけでちゃんとカウントするのだそうだ。本日の歩行数はHさんの万歩計に頼ることにした。
 早朝は雲っていたけれど、松尾駅に付くころには晴れてきた。松尾大社の前の道を南に戻って鈴虫寺から苔寺道に入る。空は曇ったり晴れたりで、空気は冷たく寒かった。苔寺を過ぎると、松尾林道に入る。今日は林道から嵐山方面に抜けて、ユキワリイチゲの花を見つけることだった。Hさんは林道そいの草の中に珍しい山野草を見つけて、冬青(そよご、と読む)という小さな赤い実をつけた木など、その名前を教えてくれた。枯れ枝を小鳥が飛び交うと、あれは”めじろ”と、すばやく見つける。とても眼がいいのだ。私は今日は特に眼の調子が悪く、えっ?と言って指す方見ると、もう小鳥の影すら見えない。鳴き声から、赤ゲラ、や、青ゲラも雑木林の中に潜んでいるらしかった。でも林道は薄暗くて、私の目ではなにも見つけることはできなかった。
 渓流にそって1時間半ゆるゆる登ると頂上に出る。頂上は平らな道になっていて保津峡に至る道と、嵐山に抜ける道がある。(地図に描いてあった)。途中で二台の軽トラとすれ違ったが、運転しているおじさんは、私達をみて、”山登りか?この先は行き止まりだよ。保津峡へはいけない。嵐山へは行ったらあかん”と忠告してくれた。地図にあるのに、といいながら私達はどんどん歩いた。頂上道で、正午を迎えた。その時私はお昼のおにぎりを買っていないことに気がついた。お茶はコイン販売機でかってあったけれど、ここまでくるのにコンビニ等のお店がなかたのだ。Hさんがおにぎりを1つ持ってきていたので、道端に腰をおろして半分分けて頂いた。たらこいりの大きなおむすびで、結構おなかが満たされた。今日は私は食べ物を何も用意して来なかった。飴まで頂いて感謝感涙。山道を歩くときはなにがあるかわからない。食べ物と飲み物は必携なのだ。我ながらどうかしている。近場ということで油断したわけではないのだけれど。
この道は大分前、亭主と一緒にあるいたことがあった。その頃(かれこれ10年前のことだろうか)亭主は松尾林道がえらく気に入って、土日の休みになると、地図を片手に林道周辺の山道を極めるのだと歩き回っていた。道を見つけては地図に書き加えたりしていた。一度だけ誘われて同行したのだった。なんにもない泥道で面白くもないと思ったのと、断崖のところで、あそこが保津峡や!と言われたのはしっかり記憶しているのだが、当時の道と大分様子が違っていた。歩いても歩いてもその断崖のところに着かない。休憩しているとき、途中で私達を追い越して行った男性が、戻ってくるのに出あった。この先はどうなっているのか聞くと、あと1.5キロ先がロータリーになっていて、そこに保津峡に下る道と、嵐山に抜ける道があると教えてくれた。じゃあもう少し頑張ろうと歩き始めたけれど、いくら歩いてもロータリーに行き着かない。空はだんだん雲ってくるし、足は痛む。はるか向こうに保津峡らしいものが見えたので、もうういいかということになった。Hさんの万歩計を見ると、1万8千歩になっていた。踵を返してきた道をひたすら歩いて戻った。帰りは上桂駅に出た。桂駅で別れて、私が家についたのは16時過ぎ。今日メールでHさんが家に着いて万歩計を見ると2万8千歩になっていたと教えてくれた。
結局ユキワリイチゲどころか、冬の山野草を見つけることは出来なかったが、松尾林道を完踏破したことには間違いない。その達成感が足の痛みを緩和してくれて、心地よいウオーキングとなった。


babamama_123 at 13:13コメント(0)トラックバック(0) 
ばあばの日常 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile
ばばまま
2人の孫がいるお婆ちゃんです。平成17年4月、幸運なことに、非常勤講師として教壇にたつことになりました。孫のような生徒を相手に悪戦苦闘の開始となりそう。