babkrydea

商務人員的日報

ビジネス&日々のあれこれ。 Ducati&Peugeotのお話も

18 5月

今日この頃

すっかり、ブログの更新をしてないですね。

近況ですが、相変わらず大学院は通っていて、学会発表が連なっています。昨日はドイツでの航空関連の研究ミーティングから帰国しました。

社会人としては某外資系コンサルティング会社に在籍しています。

学生と社会人を兼務していると、自由時間はかなり絞られます。特に私のように学会発表が連なっていると授業以外のワークロードが発生しているわけで。でも、なんとかできちゃってます。

19 11月

新型プジョー308登場

プジョー308 dealer photo
本国から1年以上遅れてようやく日本でも新型308が登場しました。

先週末、ディーラーに307を車検に預けに行ったら展示車がありました。試乗車もありました。車検の手続きが終わってから試乗させてもらうと思いましたが、あいにく、別のお客さんが試乗中でした。

当然ながら初めて実車を見たのですが、正直、第一印象は写真ほどのインパクトはありませんでした。外装も内装もクオリティーが上がった感じはありますが、どことなくゴルフの雰囲気に近づいてしまったような気がします。「あれ?ダークスーツ着ちゃったよ」って感じで。私が購入した当時は1007もラインアップされてたので、プジョーは楽しい色が多かったし、直前に206がバカ売れしたので、カジュアルなヨーロッパ車のイメージがウリだったと思うのですが。

そうは言っても、私の307の2世代後輩になる新型308ですから、是非とも試乗したいものです。

話は変わりますが、代車で前期型の307 Styleを借りてます。もう、10年以上前の車両ですが、走行距離わずか65000Km。実際に乗ってみると、やっぱり、まだ距離浅な感じが残ってるんですよねえ。足回りやアクセルもちょっと動きが渋いような。ただ、前期型はサスが固めだとは聞いたことあるような。全体的にもカチッと締まった感じがします。10年以上前の大衆車でこれだけの締まった感はなかなかですね。
5 11月

朝の1時間

ブラック企業による労働力搾取が話題になる昨今、企業の中には積極的にQOL(Quality of Life)を追求していこうとする企業もあります。

企業によっては残業するよりは朝1時間早く出社するケースも。私は元々は金融系なので、この業界は総じて朝は早めです。今は仕事の他に大学院にも通っているので、勉強する時間が必要です。

私の場合は朝は始業時間の1時間以上早くには職場近くのカフェにいます。そこで、大学院の勉強をします。資料を読んだりiPadで調べものしたり。ただ、課題を書いたり成果物を出す作業は自宅に帰ってからなので、深夜過ぎですね。

この朝の1時間を睡眠に使うことも可能ですが、私は勉強することに使ってます。仮に勉強しない場合でも貴重な自分時間です。
4 11月

ちょっとだけメルセデス

2014-11-04-22-52-57
我が家にちょっとだけメルセデスベンツ E500がお泊まりに来ています。私の「師」とも言える方のクルマを1ヶ月預かってます。ご本人はご夫婦でヨーロッパでクルージング。

W211前期型で車検証を見るとH17登録ですが、52000Kmしか走ってません。でも、年数では9年落ち。にも関わらず、くたびれ感が少ないのはさすがメルセデス。

EクラスでもトップのE500だけあって、さすがのフル装備。唯一古さを感じるのはナビくらいでしょうか。クルーズコントロールも普通のタイプですが、アイサイトみたいな先進機能になったのはごく最近ですからね。

足廻りはエアサスが標準装備らしく、ドイツ車っぽい硬さは角がとれてます。て言うか、コンフォートモードではサスがよく動いて市街地の速度域でも快適。ただ、重いクルマなので、交差点を曲がる時は重さを感じます。ここは明らかに私のプジョー307の方が姿勢変化が少なく、スルッと曲がれます。もちろん、スポーツモードを選べば改善するでしょうけど、そう言うクルマじゃ無いですし。

エンジンは筋肉モリモリの5リッターV8だけあって速いです。静かに速い。怒涛のトルクは市街地でもラクにスピードに乗せられます。2000回転も回ってれば充分以上。速く走るための5リッターと言うよりはラクさせてくれるための5リッターです。日本の交通環境では一つ下のE320でもトータルでは充分満足だとは思いますが。

シートはレザーで硬めな座り心地。ただ、シートに関しては私の307の方が個人的にはしっくりきます。座面に余裕があるように感じます。

妹夫婦はドイツで新型Eクラスのディーゼルに乗っているので、年末年始はそっちも乗り比べてみたいです。
25 8月

博士後期を視野に

すっかりブログの更新ペースが遅くなってしまいましたが、変わらず元気にしております。もっぱら、仕事と大学院生の毎日です。

学業の方は指導教授に恵まれていることもあり、博士後期課程まで進むのか(進めるのか??)どうなのと言うところです。修士だけのつもりが入学後数カ月で博士課程も真剣に考える日々になりました。なので、他大学も含めて自分の研究テーマに合いそうな先生が所属する研究室をネット中心に探しています。今後1年かけて地方も含めて研究室訪問しようかなあと。

まだ院生生活は始まったばかりですが、今のところこの決断はよかったと思います。特に私の場合は今までのキャリアとは別に、自分が好きなことを大学院に来て再認識しました。また、学校や指導者や学外の方の応援もあり、より今後の自分のフォーカスが明確になったと思います。

ただ、良いことばかりではなく、デメリットもあります。平日は仕事の後に大学院に通うので帰宅は23時過ぎ。朝は普通に6:20の電車で仕事に向かいます。土曜日は9:00-18:00で授業。その後はゼミ。体力的にこれに立ち向かわなくてはいけません。もちろん、家族の理解は不可欠です。

週末は合宿で熱海に行って来ました。これは普段の授業や研究とは離れてディスカッションのため。ですが、今年からはディスカッションの代わりにディベートの勝ち抜き戦。残念ながら我がチームは僅差の得失点差で敗退してしまいましたが、私自身は優秀個人賞を頂きました。合宿参加する・しないは自由ですが、この経験もまた今後の研究や実戦で有効だと感じたし、大学院ならではの経験だと思います。

早く夏休みが終わって授業再開が待ち遠しい今日この頃です。
4 8月

プジョーキーのアクティベーション

2014-08-04-08-10-19

何回か前のブログで愛車プジョー307のキーの施錠・解錠のボタン部分がボロボロになって中の基盤部分が剥き出しになった写真をアップしました。

案の定、あれから2週間後にリモコンが効かなくなり、逝きました。と言うことで、以前、発注していたスペア用のリモコンキーを探しだし、リモコン操作してみました。しかし、2年間寝かせていたとは言え、ど新品なのにリモコンが効きません。もちろん、鍵穴への抜き差しはできます。

これはひょっとしてキー側ではなく受信側の問題かと思い、いつもお世話になっているディーラーに相談に。すると、サービスの方がキーを持ち出し、車内へ。その後、あっさりとリモコンが効くようになりました。どうやら、リモコンキー側のアクティベーションが必要だったらしく。

やれやれ、これで一つ解決です。寝かせておいたリモコンキーが効かないなんて方はディーラーでアクティベーションを。
30 7月

スカイマークA380キャンセル

skymark 404 file not found


スカイマークがA380をキャンセルしました。報道を見る限り、エアバスの方から契約解除を通告されたようです。

スカイマークが6機ものA380を発注したと聞いたときは驚きました。同時に疑問も感じました。その他、スカイマークの経営戦略の是非に関しては何度かこのブログでも取り上げてきました。

たしか、西久保社長の当時のプランだとニューヨークなどの長距離線に「ビジネス+プレミアムエコノミー」で展開する戦略だったと記憶しています。まあ、それはそれで面白いとは思ったのですが、そもそも、スカイマークほどの規模の会社でさすがに6機はやり過ぎだろうと。

そうは言っても、飛んでみなくてはわからないので、今年10月には初号機を受領して12月には実戦投入される推移を見守るつもりでした。ホームページには特設サイトもあったのですが、写真のとおり、削除されてしまいました。

また、同社からコメントが発信されてます↓

http://www.skymark.co.jp/ja/company/press/140729_press.pdf

「法外な違約金を提示してきた」と書かれてますが、エアバスは契約書に則って粛々と進めるだけでしょう。

現時点での世界最大の旅客機A380ですが、販売では決して成功していません。やはり、500席以上の超大型機を全席埋めるのは簡単ではありません。ルフトハンザ航空は成田線からA380を撤退させました。キャンセルになった6機も再販先を探すのはA320ほど簡単ではありません。それだけに、契約者にはキャンセルの際の厳しい条項が含まれていたことは簡単に想像できます。

それにしても成田線からルフトハンザのA380が撤退してしまったのは残念です。乗っておけたのがせめての救いですが。
3 7月

学会@青森県弘前市

2014-07-03-08-51-31

すっかり、更新をサボってましたね、最近。

昨日の夜から学会で弘前にきてます。飛行機でINして、新幹線でOUTします。

せっかく、弘前まで来たのですが、市内を楽しむ機会はなさそうです。基本は学会に出ずっぱりですから。それでも、今朝は時間を作って早目にホテルを出て弘前城を見てきました。思ったより相当コンパクトだったのですが、お堀も含めて雰囲気あって充分楽しめました。

明日も一日学会で終わったら新幹線で帰ります。都内に泊まって、土曜日は大学院。

それにしても、「津軽弁」って言うんですかねえ?イントネーションが可愛いですね、ユルくて。
15 6月

初戦残念

ワールドカップ日本の初戦は残念でした。

こう言う試合を観ると、「ああ、やっぱり日本人じゃ無理なのかな」って悲観的になってしまいます。決して上位チームで無くても、圧倒的な個人能力の差に敗北してきたのは今回の試合だけではありません。

私自身、中学時代はサッカー部でした。県内では強豪校だったのですが、万年二軍でした。チームスポーツである以前に個人能力の高さがモノを言う競技だと言うことを、中学生ながらに実感しました。

「日本のサッカーは組織力」とは言うけど、個人能力の壁を感じているのは間違いなく選手たちでしょう。

そうは言っても、何かの歯車が噛み合いだすとあっさりと格上に勝つ能力があるのも日本サッカー。次戦に期待大です。

ガンバレ、日本!
9 6月

夢は語るもの

知り合いで地方のヘリコプター運行会社の社長をしている方がいます。Fさん。

Fさんの会社の親会社は地元の総合病院。その出資でヘリコプターを運行しています。主な業務内容は山間部の患者の緊急搬送。ただ、厳密にはドクターヘリとまでは行かないです。あと、空いている時は遊覧飛行を開催して地域住民を楽しませてくれます。

そんなFさんが、ふとFacebookで、「ドクターヘリを飛ばしたい。今のシステムを変えたい。」とぼそっと。いつもはそのイケメンぶりに似合わず、自虐的な書き込みでみんなを楽しませてくれるだけに、Fさんの内なる声を聞いた気がします。Fさんの魅力はそんな自然体なところではないでしょうか。

この書き込みを読んで衝撃を受けました。「そうだったのか!」と。

今までに何度か、「海外でウチの製品を売りたいから知恵かして。ただし、成功報酬で。」みたいなのがありました。もちろん、そんな話は断ってきました。でも、Fさんみたいに「地元でドクターヘリを飛ばしたい」と言う思いにはなんとか力になりたいと思いますし、力になれるとしたら喜びです。

果たしてどれくらいの時間がかかるかわかりませんが、一緒に夢を叶えたいです。それが、自分にとっては名誉なこと。

夢は語るもの。
30 5月

大学院の勉強時間5時間/日

4月から大学院に通い始めて2か月が過ぎようとしています。なんとなく、大学院生活と言うものにも慣れてきました。授業・レポート・テスト・ゼミと言うごく基本パターンは一通り経験しました。これから段階的な論文発表やゼミ合宿なんかもあります。

タイトルにある通り、今の勉強時間は約5時間/日。これを多いと読むか少ないと読むかは人それぞれですが、個人的にはもっと勉強時間が欲しいです。

ただ、全員が全員これくらいの時間勉強しているかと言うと、そうでもないです。要は、自分がどこまで突き詰めたいかでしょう。毎日5時間かけて課題に取り組んでいるわけではないです。課題もありますが、今は自分の研究時間も含まれていると言ってもいいでしょう。そう考えると、もっと研究時間を取りたいところではありますが。

でも、妻には本当によく支えてもらっているので、このくらいが今は妥当かもしれません。

私が所属する大学院は基本的に研究課程なので、自分で積極的に研究することが必要になります。なので、単純に、「院卒の学歴が欲しい」とか「やることないからとりあえず大学院に行きたい」とかの気持では大きな実りは得られないと思います。これは、研究課程に限らずどんな学校でもそうですが。
18 5月

プジョー140000km

2014-05-18-14-33-54

愛車プジョー307が14万キロに到達しました。このペースだと年末には15万キロに行くかどうか。

相変わらず距離を感じさせない乗り味はさすが欧州車です、もう毎度同じようなこと書いてきましたが。

今のところ、不具合は3つ。

ノッキング音
これは冬に出てくるので、今は聞こえません。

パワーウィンドウ
相変わらず、パワーウィンドウは言うこと聞いてくれません。もう、307ではお馴染みの症状らしいですが。

ウィンカー点滅
これは新しい症状です。左ウィンカーの時に、「カチカチカチ・・・」が速い時があります。これはディーラーに持って行ったのですが、これもありがちな症状だそうです。まだ直っていないので、症状が悪くなればまたみてもらおうと思います。

ざっとこんな感じです。どれも、致命的では無いですね。強いて言えば、ノッキングでしょうか。しかし、エンジンは4万キロの時よりスムーズじゃ無いかと思うくらいです、足回りも含めた全体的な一体感というかハーモニーというか。比較するのが酷ですが、1年新しくて4万キロ少ない妻のワゴンRよりよほど調律が取れている感じです。その代わり、妻のワゴンRには電装的な不具合は無いですが。

次回は15万キロの時にまた報告します。
17 5月

ダンディー vs Not ダンディー

もう、何年も前の話。顧客の某外資系証券会社の部長が会社の某事業所を視察する機会がありました。

商談の大事なフェーズでこちら側は担当者も上司もその上司も万全を期すためにピリピリしてました。何回もプレゼンを練習したり担当者と遅くまで打ち合わせる日々。当日は昼をまたぐので、ちょっと高級な幕の内弁当を手配。

当日を迎えて、午前中は滞りなく進みました。お昼になったので、一同、ミーティングルームに入り、高級幕の内を食べにかかります。私の斜め前に顧客部長が着席。私の隣には当時の上司。さあ、食べましょう、と言うことで弁当を開きます。顧客部長は弁当に付いてきた醤油のフタを開けようとしています。若干、硬いようですが開きました。

次の瞬間、悲劇が。醤油の口が固まっていたらしく、醤油を垂らそうと押したら、あらぬことか、顧客部長のアイロンパリパリの白シャツの胸ポケ付近にピシャッ。ちなみに、奥様は某雑誌モデル。一同、固まった醤油のせいで凍りつきます。私の隣の上司が慌てて、「申し訳ありません!大丈夫ですかっ!」とおしぼりを差し出します。

しかし、ここからが顧客部長のダンディーなところ。醤油シミを丸まったおしぼりの端でパタパタしながら、「あ〜、大丈夫大丈夫。」と。顔色一つ変えず、「妻が洗濯ヘタって思われちゃうからねえ〜。」と静かに自分でシミとりしてます。

「妻が洗濯ヘタって思われちゃうからね・・・」って惚れてまうやろ〜。もちろん、その後も何事もなかったかのように一日を終えました。

なんで何年も前のこんな話をしたかと言うと、某ハンバーガーチェーンで今週見かけた男性のことを思い出したから。60代くらいの男性。白シャツにデニム。一人席でアイスコーヒーを飲みながら、新聞を広げてます。すると、手をアイスコーヒーに引っ掛けてしまい、ほぼ満タンのアイスコーヒーがこぼれました。見た感じ、7割方はテーブルと床にこぼれてます。なので、床は茶色い液でビシャビシャ。私も経験ありますけどね。この様子を察知した周りのお客さんもスマホから一斉に目を上げます。

しかし、ここからがこの男性のダンディーで無いところ。ほんの一瞬でこぼしてしまったのですが、アタマに来たのか、何かをビシャビシャのテーブルに投げつけました。ズボンにこぼれたコーヒーを手で1、2回払いのけたあと、店員さんを足早に呼びにいきます。「コーヒーこぼしちゃったからさ!」若干上ずってパニクってる声です。スグに店員さんが手におしぼりを持ってきました。何か意思疎通が悪いのか、こぼした男性が、「そうじゃなくてさ!」とそのおしぼりを半ば強引に自分で取って、ジーパンを拭き始めました。店員さんが「新しいコーヒーお持ちしましょうか?」と尋ねると、「いや、いいから!」と拒否。店員さんが別の席を勧めましたが、どこかに行ってしまいました。

確かに、こういう状況ってパニック気味になるのわかります。しかし、そこを抑えられるか出てしまうかが、「大人の男の資質」かと。残念ながら、アイスコーヒーの男性はダンディーじゃないですね。気をつけよっと。
4 5月

石川佳純選手すごい

世界卓球
世界卓球やってますね。昨晩、日帰り温泉のサウナ室内のテレビで「日本女子vsオランダ女子」を放送していたのですが、見入ってしまいました。とっくに、退室しなくてはいけない時間だったのですが、試合展開が熱すぎて、ついついこっちも体力ギリギリまで粘ってました(笑)。まわりのおっさんたちも同じです。

特に最後の石川佳純選手は正直負けたかと思いました。頑張っていたんですけどね。2ゲーム先取していて追いつかれて、最終ゲームでも3点先取されて。今までのあらゆるスポーツの国際大会で何度となく目にした、「日本の負けパターン」。見ていられるわけありません。ここで、サウナ室を出て水風呂に。本当は見たいけど、見続けられない葛藤が水風呂の中で(笑)。石川佳純選手が頑張っていた姿が脳裏をよぎります。あの一進一退にぶつかる闘志。もう、格闘技です。若いのに色んなことを背負って犠牲にしているんだろうなあと、水風呂の中で。。。

水風呂で手足を痺れきたところで、「そろそろ終わったかな」と思いながら、待ち続けたところ、サウナ室からようやくぞろぞろ人が出てきました。どことなく、顔はうつむき加減に見えました。「あー、負けちゃったんだな」を確信して、サウナ室に戻ったところ、なんと、佳純ちゃん勝ったではないですか!すごい!

いやー、すごいね、佳純ちゃんの精神力。サウナから逃げ帰っているおっさんとはそもそもが違うね。かなり嬉しい夜でした。
4 5月

メルセデスBクラスとプジョー307

2014-05-04-00-40-35

メルセデスBクラスに乗る機会がありました。

以前、現行Aクラスを運転する機会があったのですが、まず、外観はAクラスより1クラス大きいと言うより、1.5クラス上と言う感じですね。トールハッチなので、我がプジョー307に非常に似たシルエットですが、どことなくBクラスにはミニバン臭が漂っていると感じるのは私だけでしょうか。

運転席に座るとポジションも視界も307に非常に似ています。心なしか、Bクラスの方がダッシュボードが高いかな。後席の足元スペースも307に似ていますが、Bクラスの方が前後方向に数センチ長いかどうか。広くは無いけど、狭いって文句言うほどでもないです。トールハッチなので、上下方向に余裕あるのも307と同じ。厳密にはBクラスの方が広いのかもしれないですが、ホント、307とよく似たサイズ感ですね。前席シートは背もたれが307より平面的に感じますが、代わりに横方向のサポートは緩いと言うより余裕があります。当たり前ですが、内装のクオリティやドアを閉めたがっちり感はさすが最新メルセデスですね。

運転したのはB180と言う1.6Lダウンサイジングターボにオプションの18インチアルミ。個人的にはBクラスに18インチはやり過ぎに思います。16インチで充分そうだし、いっても17インチですかね。概ね良路だったので18インチでも乗り心地は充分良かったです。少なくともAクラスよりは「オトナ」な感じはします。ただ、走り心地が良い道ばかりでは無いですし、やっぱり、多少は足元が突っ張った感じはします。その代わり、ちょっと交差点を曲がるだけでも「スッ」とさらりと曲がってくれます。スムーズで軽いパワステの効果もあるのか、意外に機敏に感じます。恐らく18インチアルミの効果が大きいと思いますが。

エンジンは「ターボ」をイメージするほどの「背中押し感」は感じませんでした、街中だったので3000回転も回して無いですが。エンジンの印象も307に似てますね、まあ、必要十分と言う感じ。ターボだけど307より重いので打ち消されているぶんもあるのでしょう。それでも、Bクラス選ぶならこのエンジンを選びます。燃費や価格を考えると充分以上でしょう。

Bクラスに乗ってから307に乗っても、意外に落差がありませんでした。メルセデスの新車なので、ガッチリ感やクオリティの高さはさすがですが、じゃあ、307が決定的に劣っているのかと言うとそうでもない。直進性はBクラスが上に感じますが、307の方がダンピングが効いた乗り味です、これはインチ数の違いもあるとは思いますが。

なんとなくBクラスってAとCの間に挟まれて地味なイメージですが、私みたいにトールハッチに8年間乗っていると、違和感無く乗り換えられる対象ではあります。この手のトールハッチはもうそんなに選べないです。現行308が新型に移行すると、トールでは無くなるので、Bクラスは貴重な存在です。軽のトールワゴンやミニバンに乗るとなかなか他に乗れないなんて聞きますが、それはトールハッチも一緒で、「広い」と言うのは分かりやすい価値で手放し辛いものでもあります。

またBクラスの魅力はその価格にもあって、仕様によっては総支払い額が400万円以内に収まりそう。プジョー2008Cieloを選ぶと総支払い額300万円オーバーなので、その差約100万円。小さな金額差では無いですが、2008は3気筒1.2L過給機なしに5速シングルクラッチのETG5。Bクラスは1.6Lダウンサイジングターボに7速DCT。100万円の価格差は決して悪くないです。

最新コメント
livedoor 天気
記事検索
ギャラリー
  • 新型プジョー308登場
  • ちょっとだけメルセデス
  • プジョーキーのアクティベーション
  • スカイマークA380キャンセル
  • 学会@青森県弘前市
  • プジョー140000km
  • 石川佳純選手すごい
  • メルセデスBクラスとプジョー307
  • プジョー左右温度調節の不思議
  • 車載用FMトランスミッター買ったけど、失敗です
  • プジョー2008が好調だって
  • G-SHOCK買ったけど
  • プジョーのサーモスタット交換
  • 一晩だけプジョー206
  • レリゴ〜♩ レリゴ〜♩
  • ウクライナ問題でもっとリーダーシップを
  • 操縦練習許可書がキターーー
  • プジョー矢継ぎ早に
  • ハリアーハイブリッドがイイ
  • 山梨大雪
  • レジェンド葛西すごい
  • 大雪。4WD強し。
  • 半分以上はノーマルタイヤなんだよなあ。。。
  • 妻にお願いされたクルマ
  • まあ、何ということでしょう(・_・;
Archives
  • ライブドアブログ