2007年09月17日

初めての占い

世界陸上カーネルあぁ 何か結構久しぶり。
この間私は某友人二人とノリで占いに行ってきました。

※写真と本文は関係ありません。
このおじさん変わり身が早くて、昨日?はサッカーの試合があったのか、ピンクがにぎにぎしいユニフォーム着てた。
普通占いとかって、女子高生ぐらいのころにきゃぴきゃぴ★っと行っとくものな気がしますが、私は田舎で育ったので(?)そんな経験もなく。
最近色んなことがありすぎて、24歳(しかも後半)にして思わず初体験です。

前日「占い行こうと思って」と、これまた某友人に話したところ、「それは、、、よくない方向なのでは・・・」と言葉を濁されたものの、「いやーまあさ、占いって(多分)統計学(みたいなもの)だから(知らないけど)、傾向を聞いて参考にするっていうか」と、屁理屈をこねたところ、「それなら」とのお言葉を頂戴し、意外にも食い付きのよかったガールズ二人と行ってみたわけです。

今回行ったところはファッションビル(って言うのかな、お店がいっぱい入ってるとこ)の中で結構繁盛していて、10人ぐらい順番待ちをしてました。
女の子ばっかりだったけど、一人だけ男の人が。
しかも彼女と一緒、とかじゃなく、一人で。
私が見てもらったおばちゃんと真剣に話し込んでおりました。

で、私の番。
ほんとに、何の前知識もなくその席に着いた私、ほんとは手相を見てほしかったのですが、おばちゃんいきなり生年月日を聞いてくる。
「手相を見てほしいのですが」って一応言ってはみたものの、「後でね」と軽くあしらわれ。
「あなた今まで猪だと思ってたでしょ?ほんとは犬なのよ」(干支の話)
「へっ?!そうなんですか?!」(私の猪突猛進っぷりは生まれ年由来じゃなかったのか・・・)
「占い初めて?それじゃあ知らないわねぇ。」
「はい、知りませんでした。」(まあ犬の方がかわいいし、いっか)
思わずしっかり社会人的な受け答えをしてしまったところ、あっという間におばちゃんのペースに巻き込まれ、この後怒涛の快進撃を許してしまいました・・・

「あなたもねー、ほんとは男性相手のお仕事とか向いてるのよ」
・・・ま・まさか・・・夜のお仕事?そっち系?
「教師とかもいいねんけどねー」
・・・だ・男子校の先生とか?

っていう言葉を始め、何を根拠にそんな・・・っていうのが終始頭をぐるぐるしてたけど、まあ全体的には結構当たっていた、かも?
とりあえず今回の占いでの発見としては、人って(私だけ?!)「出会い」って言葉はポジティブなものだけを指して使ってしまうけど、ネガティブなものも含めてのものだってことと、今の仕事場はヒステリックな女の人がいて咳き込む方角らしいので(やっぱり!!)変えた方がいいってことかな。

ちなみに、占いを終えた後、お茶しながらガールズと結果及び感想を披露し合うのがかなり面白楽しかったです。
またそのうち行ってみよーっと♪
あ、大丈夫です。1件千円、時給に換算したらどれぐらいもうかるんやろ、とか考えながら時間待ちしてる間は。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/baby_mickey/50413618