2006年01月11日

ロボットニュース【リアルろぼうさ,"Nabaztag"発見】

ロボット開発日誌:ウサギ型ロボット Nabaztag
N a b a z t a g >> Nabazta L A N D

今もこの記事の横では『ろぼうさ』が跳んだり跳ねたり,もしくは死んだように倒れて寝ていたりすると思われる.そしてクリックすると(ときに「ちょっと待ってね」と生意気を言うが)とことこと近寄ってきて,心に刺さる一言を投げかけてくるであろう.あ,背景が今だにクリスマスだった,変えなくては・・・.そんな『癒し系』とは程遠い『ろぼうさ』だが,もっと可愛い,しかもリアルな『ろぼうさ』を発見!フランスのviolet社ROBORIORちっくなデジタルアート・インテリア家電?を開発しているようだ)が開発したウサギ型ロボット"Nabaztag(ナバズタグ:アルメニア語でウサギの意)"である.

I am the first smart rabbit.
(【意訳】あたしは世界にまたといない,賢いウサギなのよ,ふふん)


・・・なんかいきなり生意気って言うか可愛くないって言うか,とりあえず自分で『賢い』なんて言うな,と思うのはやっぱり私が謙虚な日本人だからであろうか.どれどれ,製品紹介をさらに読み進めると・・・.

I'm a newborn bunny, one of a unique species of intelligent, smart objects.
(【意訳】あたし生まれたばっかりのぴちぴちうさちゃんだしぃ,
     あたしもパパもママもみんな頭がよくてしかも回転も速いタイプって言うかぁ,
     ま,その辺のウサギとは一緒にしないで欲しいわよね,ふふん)


・・・なんかますます可愛くないぞ,しかも家柄自慢までするか.

真面目なスペックを言うと体長23センチ,両耳に自由度があってパタパタ動く.そして歌ったり喋ったり,さらには感情を表現して体の4箇所が様々な色に光るらしい.ここまでは『ifちゃん』『idog(アイドッグ)』をあわせたような感じか.さらにはニンテンドーDSと同様,"Wi-Fi"機能が搭載されていて,無線LANでインターネットに常時接続してニュースを教えてくれたり,友達から送られてきたメッセージを伝えてくれたり,友達のNabaztagにメッセージを喋られたりできるようだ.しかもただのメッセージだけではなく,ここのページから,セリフと音楽に合わせた耳の動きや光の色&点滅を変化させる一連の動作(うさミュージカル?)も送ったり受け取ったりができる,と.

そして気になるお値段は,"Fnac.com"というネットショップ(フランスの『楽天』?)で95ユーロ+日本までの送料20ユーロの,計115ユーロ(1万6千円くらい).それに加えて,追加機能プランが月額無料と月額3.9ユーロ,月額5.9ユーロの3種類.サービスはフランス語or英語で,SMSメッセージや電話を使った音声メッセージの送信はフランス国内のみのようだが,webを介したサービスは日本でも問題なくWi-Fiには接続できるだろうから十分使えるであろう.いいなぁ,欲しくなってきた・・・.

このページ(日本語!)では,violet社の代表であるオリヴィエ・メヴェル氏へのインタビューが,画像も可愛い.そして日本への進出も,記事によるともうされていてもいい頃なのだが,まだまだ日本語のページもない,まだかなまだかな.このインタビュー記事の中にある,"Nabaztag"の商品としての位置づけを問われたメヴェル氏の返答が,日本のも含めた家庭用ロボットが現在直面している問題と,これから進むべき道を見事に表しているようである.

i-podと同じように、販売先でパッケージに入ったままの状態のままで売れていくとは到底思えません。デモンストレーションをするなり、商品知識のあるスタッフのサポートが必要になります。
 ・・・
我々は単なるデザイナーでもなく、コンピュータ技師でもありません。ソフトとハードの狭間に、新しい分野を築いて行こうとしています。


ソフトとハードの狭間に生まれてくるのが,確かに"Nabaztag"のようなロボットなのかもしれない.

baby_touch at 22:51│Comments(10)TrackBack(1)Robotあれこれ 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ウサギ型ロボットNabaztag  [ ロボット開発日記 ]   2006年01月12日 21:44
http://www.nabaztag.com/vl/FR/nabaztag_whois.jspフランスのVIOLETという会社が作っているウサギ型ロボットNabaztagです。耳が動くのと、体が色々な色に光ることで、感情を表現します。

この記事へのコメント

1. Posted by fenrir   2006年01月12日 02:09
こんにちは。
ろぼうさの会話で思い出したのですが、以前友達と『お茶目カーナビ』の話で盛り上がったことがあります。最近のカーナビは賢すぎてつまらない、もう少し『あっ、ごめん、さっきのところ左』みたいなカーナビが欲しいとか言っていました。確かに正確に仕事をしてくれることは重要ですが、ヒューマンインターフェイスを考えるに別なところに重要性があるのかもしれないなと思います。ということで、ろぼうさにあたらないでください(笑)
2. Posted by HIRATE   2006年01月12日 13:35
1/12本日の日経産業新聞1面で
東大工学部・横井浩史先生の人口義手を紹介
現在価格は150万円だが、重量を半分にしないと長期使用は無理だとのこと
人間とロボットの手との協調性という面では、ダンスロボット研究と似てるかも。

下記サイトに写真あり
http://ss.nikkei.co.jp/ss/

筑波大学の義足・ロボットスーツと同様に、医工学分野が一つの道かもしれません。
医療保険がきくようになれば、商業化できますし。

(追記)
先月発売の「ロボットの現在と未来」に東北大の田所?先生が出てましたよ。他の記事では、日本SGIとホンダの研究者のインタビューに興味を惹かれました。
3. Posted by HIRATE   2006年01月12日 13:57
(追記)
上記サイトの「今日の見どころ」より

「腕をなくした人は日本だけで160万人。」

そんなにいるとは・・・
近藤科学のロボットが3000台売れた、喜んでいるのとは、桁が違います。
4. Posted by kensuke   2006年01月12日 19:13
横井浩史先生は前に北大にいらっしゃったようで,こっちのローカル番組で人口義手の動いている映像を見ましたが,なかなか凄い動きでしたよ.
5. Posted by baby touch   2006年01月12日 21:33
> fenrirさん

関西弁を喋るカーナビなんてのもありましたね,そういえば(^^;.
私達人間はコミュニケーションの相手として『人間くささ』を求めているのでしょうか?
動物相手でもネコより犬の方がちょっと間抜けっぽくて人間くさいから,
コミュニケーションが取れそうな気がします.
その点ではろぼうさは冷たいことしか言わないので,くそ〜.
いや,可愛いと思ってますよ,本当に(^^;.
6. Posted by baby touch   2006年01月12日 21:34
> HIRATEさん

写真見ましたが,まだ重いといってもこのサイズはすごいですね,150万円は安いと思います.
学部2年の子の発表でロボット義手の話があって,聞いていたら日本は技術大国にもかかわらず
欧米に比べてこういう筋電義手の普及率がとても低いとか,桁違いに.
日本の社会保障制度ではこういう筋電義手は『ぜいたく品』と取られるそうです.
しかも『仕事する人優先』と言って,子供に対する普及率はさらに低い,と.
それで『技術大国』なのか,と問い詰めたい(^^;.
広島大の辻先生のところでも似たようなロボット義手や,筋電を使った福祉機器の開発を
していますが,以前実験ムービーを学会で見たときに,被験者の方が本当に嬉しそうに義手を
動かしているのが印象的でした.
http://www.bsys.hiroshima-u.ac.jp/


7. Posted by baby touch   2006年01月12日 21:34
【続き】
アカデミックな部分で言えば個人個人で違う障害の度合いや筋電の波形に応じて,どのように
人間の意図を読み取って義手の運動を制御するかがポイントかと.
確か広島大のCHRISは筋電波形からの意図推定に,ご指摘のようにうちと同じようなアルゴリズムを使っていたはずです.
http://www.nedo.go.jp/expo2005/robot/prototype/jyutaku012.html

そうなると全身に筋電使ってて,あんなに自由に動ける筑波大のHALには一体どんな技術が,と気になるところ.

医工学連携は最近のブームですが,ブームだけで終わらないといいなと本当に思います.

8. Posted by baby touch   2006年01月12日 21:35
> kensuke君

HIRATEさんへのコメントとも重複しちゃうけど,ここの『多自由度高出力・・・』のところに
ムービーがありましたね,確かにすごい動き.人間につけても反応が早い!
http://www.arai.pe.u-tokyo.ac.jp/research/intro05/all-j.htm#dcm

ワイヤ駆動の指の関節の構造がとても素敵です,よくみんな思いつくよなぁ,と思っちゃいますね(^^;.
9. Posted by HIRATE   2006年01月13日 00:55
リンク先、ありがとうございます。
以前、baby touchさんが紹介されていた
東工大・小俣研究室の『強力な指先力を発生できるロボットハンド(負荷感応無段変速機(CVT)』と原理は一緒ですかね。
http://www.olab.pms.titech.ac.jp/research.html#research-cvt
10. Posted by Brule Inc   2006年08月14日 15:58
初めまして、Brule Incの杉本と申します。

弊社では、Nabaztagの販売を開始致しました。
もしよろしければ、お時間がある時に、弊社サイトを覗いてみてください。

http://www.brule.co.jp

コメント内で失礼致しました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔