2006年06月20日

ロボットニュース【ROBO-ONE @ MIT】

survivor: RoboOne@MIT
konpe's MIT life: RoboOne@MIT

私が「あ〜,もうロボット学会無理〜」とかゴロゴロジタバタやっている間にも,roboさんは海の向こうで頑張っていらっしゃる.わが身を省みて恥ずかしくなり,ちょっとでも応援になるかと思い,ご紹介させていただきます.

さて,天下のMIT,fuRoさんのblogでも紹介されておりますが,こちらから見るとびっくりするような講義が行われております.その名も"IAP",そしてMITのwebページの中に日本語の紹介ページがありました,よかった日本語で・・・.

Independent Activities Period (IAP)
毎年1月に1ヶ月間かけて実施される自己研鑽プログラムです。この期間には、通常の授業はありません。MIT 全学規模で、学術的なものから趣味的なものまで幅広く用意されているクラス群の中から、自分の興味に応じてどんなことに挑戦してもいいというユニークな制度です。
例としてfuRoさんのblogで紹介されていたロボットコンペティションから,はてまた将棋入門なんてものまである.さらに面白いのが,これらのプログラムが,学生が中心となって行うというところ.そこでroboさんとkonpeさんなどが中心となって提案されているのが,ROBO-ONE@ MIT

市販の2足歩行ロボットを用いて,1ヶ月で設計・組み立て・動作制御の集中講義を行い,最終日にはROBO-ONE大会を行う!というプログラム.それをきっかけにMIT内のロボット研究者の連携を深めたり,学部生にロボット研究をアピールしたり,MIT内でのロボット研究を盛り上げよう!という目的らしい.しかしながらroboさんも言及されているように,まだまだ足りないスポンサー(学生がその辺のネゴシエーションも行うというのも興味深いですが).ここを見られている方で,「よし!おっちゃんがロボット買うてやるがな!」という方がいらっしゃいましたら,ぜひ"kene at mit.edu"までご連絡を.それか,ROBO-ONE委員会と連携して,"ROBO-ONE Oversea"として開催してもらえれば面白いかもしれません.

そういえば今まで,大学のロボット研究者がROBO-ONEに参戦!という話を聞いたことがあんまりないです(逆にRobo-Cupは大学が多いですが).それをMITのロボット研究者が本気(?)でやったらどうなるか?というのには,非常に興味があります.1月の講義の様子&試合の様子のレポートを楽しみにしております〜.>roboさん

最後に,konpeさん『裏のアジェンダ』として書いておられる部分が,日本とアメリカのロボット研究の違いと,もしかしたらロボット・ホビィストとロボット研究者の違いを表しているようで,なかなか考えさせられます.

アメリカでは人型・二足歩行への風当たりは強い。イラクの戦場に車輪駆動のロボットを投入して、実用的な「成果」を宣伝してるような国から見ると、複雑、不安定、高コストで金になりそうにもない人型ロボットの研究に大量に国の研究予算をつぎ込んで、「日本は何やってんだ?」と言う人も多い。でもなあ。ケータイでもデジタル家電でもハイブリッド車でも、夢みたいなことを世界に先駆けてやってモノにしてきたのが日本です。

金じゃなく夢で動ける、宇宙にまでいってしまおうという日本のエンジニアと、お前らほんとに太刀打ちできるのか?とアメリカ人に一石投じたい・・・というのが、個人的な裏のアジェンダ。


・・・こういう意識の強さを見せ付けられると,日本でものほほんとしていられんなぁ,と思うのである.本当に,スポンサーがたくさん見つかってくれるといいなぁ,と思うので,どうぞよろしくお願いいたします.

baby_touch at 18:24│Comments(5)TrackBack(0)Robotあれこれ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by robo   2006年06月20日 22:41
宣伝ありがとうございます☆
暇がありましたら、遊びにきてくださいね。。無理だろうけれど。
2. Posted by Zak   2006年06月21日 07:36
>金じゃなく夢で動ける
うんうん、大事大事(^_^)。
3. Posted by konpe   2006年06月21日 14:22
はじめまして! 取り上げていただいて感謝です。
MITでひと騒動起こせるように頑張ります。今後とも応援いただければ幸いです。
4. Posted by baby touch   2006年06月21日 16:51
> roboさん

> 暇がありましたら、遊びにきてくださいね。。無理だろうけれど。

そういうこと言われると行きたくなるじゃないですか・・・(^^;,
むしろ1ヶ月間行って,その講義自体を受けたいものです.

> Zakさん

ロボット技術とか,ロボットホビィとかだとその意気が結構感じられるのですが,
ロボット研究となるとイマイチ薄くなってしまうような.ソニーも撤退しちゃいましたしね.

> konpeさん

はじめまして,そして勝手に紹介させていただきましてすみません(^^;.
konpeさん,roboさんと,MITで熱く活動している方々を見ると,こちらもすごく励みになります.
ROBO-ONE@MITの成功を,日本からも応援しております〜.
5. Posted by Zak   2006年06月22日 01:34
個人的に、仕事の中でできるだけホビーに力を入れてるのは、やはりそういうのを感じるからだったりします。

ある意味、それなりの結果が出せる環境がないと夢を見にくいのかもしれませんね。ですから、今は短期的に夢を見られるものを育てていって、徐々に大きな夢を見られるような研究に移行していければなんて思ったりもします。

つか、ホビーなんて「夢」そのものですし(^_^;)。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔