2007年08月24日

ロボットニュース【ぬいぐるみロボット Keepon (きーぽん)】

ぬいぐるみロボット Keepon (きーぽん)
Keepon & the BeatBots
小太郎ぶろぐ:音楽に乗って踊るひよこロボットKeepon(きーぽん)を使ったSpoonのPV
Keepon(きーぽん)は黄色いダンゴ型の身体(高さ120mm・直径80mm)をもっています.上側のダンゴは頭にあたり,左右の眼(広角ビデオカメラ)と鼻(じつはマイクロフォン)が装着され,Infanoid とほぼ同じ視聴覚機能を発揮します.下側のダンゴは,あえていえば腹にあたります

Infanoid プロジェクトでは,子どものコミュニケーション発達を解明するためにも,そのモデルを検証・評価するためにも,ロボットが大きな役割を果しています.ロボット上に子どものコミュニケーション能力を〈再現〉すること,ロボットを使って子どものコミュニケーション行動を〈観察〉すること,これら相補的なアプローチをラセン状に往復することで,人間のコミュニケーション能力がどこから来るのか・どのように発達するのかを解き明かしたいと考えています.

↑という研究のために開発されたロボット『Keepon(きーぽん)』,ちょっと真面目に人間とコミュニケーションとっているときは,こんな感じ↓.



これでも十分可愛いのであるが,リズムに乗った『Keepon(きーぽん)』に打ちのめされる↓.



これは可愛い,たまに研究者姿の方とアイコンタクトしている(ように見える)ところが何とも.最後の方で,いろんなロボット総出演でダンスしているところもなかなかの見物であるが,これは・・・,『Keepon(きーぽん)』の可愛らしさが正直,群を抜いている.

昨日紹介したUSB ダンシングロボットも可愛いが,残念ながらこれは『Keepon(きーぽん)』に軍配を上げざるを得ないであろう,USBダンシングロボットはお値段2,980円でまだ購入していないが,『Keepon(きーぽん)』が29,800円だったら,迷わず購入する.・・・4自由度でモータも4つ,両眼にカメラと鼻にマイクがついているから,大手で大量生産するか現行ロボットのパーツをうまく流用できないと,29,800円にはならないと思えるところは残念(^^;.

そしてムービーに登場している研究者姿の方,役者さんなのかと思いきや,本当に『Keepon(きーぽん)』を開発した研究者の方だったのですね・・・.

可愛いだけじゃ物足りない,『Paro』を触っても内部構造を探る手つきになってしまう方々には,『Keepon(きーぽん)開発史』がお勧めです.

baby_touch at 17:22│Comments(3)TrackBack(0)Robotあれこれ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by yuki   2007年08月24日 18:43
keeponの下のほうのビデオはうちのお店で撮ったものです。(^^)/

最初のKeeponが踊っている台は私の机のワゴンだったりします。

2. Posted by Zak   2007年08月24日 23:31
いい味でてるなぁ>研究者(^_^;)

しかし、この凶悪な可愛さはなんだ....どこかリアルクレイアニメのような感じが.....
3. Posted by baby touch   2007年08月26日 14:36
> yukiさん

あ,yukiさんのお店だったのですね!王国にしては片付いているし,ROBO SPOTにしては他の会社のロボットもいるし・・,と思っていたのですが.

> Zakさん

いい味出ていますよね,このために白衣用意したんだろうなぁとか思うと.


Keepon可愛い.

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔