deeper understanding

2011年04月15日

今日は、少し風が強いようでしたが、
それでも、春が色づいているような、
心が浮き足立ち、弾むような1日でした。

色んなことがあって、
それでも小さな旗を、抱きしめるように、
踏ん張り、立ち尽くすのが、
私たち、ベイビーズです。


今だからこそ!

今月前半、昨日まで、
結構、頑張りました。
皆さんご存知の人気作品、
ラッシュで三本、撮り切りました!

少し抜け殻のような、
やや、放心状態っぽい、感じも残っています。


言いたくて、お口がウズウズしていますが、
詳細は近いうち。
よろしくお願いします。








babyenter at 21:40|Permalinkコメント(6)トラックバック(0)日記 

carry that weight.

2011年03月24日

昼間は少し、晴れたような気もしますが、
雨が降ったり、止んだり、
そして今、気温が下がっているようです。

shin1babyさんの告知通り、
「S.J.A.セカンドシリーズ最新作」
いくつかの峠を越え、
いよいよ、大詰めを迎えながら、
最大の難所に、差し掛かっています。

午前2時を過ぎて、今まだ、
熱気のこもった状態が、続いています。


もう少し…。
後、もう少しです。
頑張ります。







babyenter at 02:32|Permalinkコメント(3)トラックバック(0)製作雑記。 

and you and I

2011年03月20日

今さっき、帰ってきました。
温かい一日でした。
少し張り詰めてしまうくらい、
月が大きく見えて、キレイでした。

最近、少し遅かったので、
今日は遅出の出勤でした。
やっぱり、ニュースが気になるので、
NHKばかり、見ています。


たまたま昼間、出勤前に、
大河ドラマを、見てしまいました。
柴田勝家が信長亡き後の秀吉の振る舞いに、
挙兵を決断する、くだりです。

信長の妹、お市が、浅井討たれし後、再縁を決めたのは、
勝家が、朴訥で、不器用で、だけど、優しい男で、
大地康雄さんが演じるままの人だったからなんだなって、
ヘンに納得してしまいました。

鈴木保奈美さん、宮沢りえさん、水川あさみさん、
そして、上野樹里ちゃん。
大地康雄さん演じる勝家の思い、
妻と娘たちの感情と覚悟みたいなもの。
すごく、インスピレーションを、いただきました。


撮影準備が進行中で、
今から少し、気持ちがキュ〜ッと、来ています。


どんなに小さくたって、女の子は油断してはいけません。
難しいことを考えない、とても直観的な、捨て身の覚悟が、
オンナのDNAを覚醒させたりするんです。

そうかといえば、
酸いも甘いも経た、経験値の高い大人の女性でも、
ときに無防備でキラキラした、
ウブな笑顔を見せてくれたりするんです。

だから男の人は、いくつになっても、
女の子に、ハートを奪われ続けるんでしょう…。
なんて…。



どうやら、美少女の物語を、わたしは今、手掛けているみたいです。

恥じらいと不安で、震えるぐらい、怖がる少女が、
大人の欲望をたたきつけられて、
ワケも分からず、理解を越えた世界で、
イクことを強制させられる…。

あまりに残酷なのに、
とてもとても、美しく可憐な花を咲かせてしまう…。
そこに、思わず呼吸が止まるような、
刹那的な官能世界が映し出される。


さて、今回は、どんなストーリーが、
紡ぎだされることでしょう…。


スタッフ一同、
正念場を目の前に、
うづくまったり、のけぞったりしています。


詳細はまた、あらためて。
楽しみに、お待ちください。



babyenter at 01:29|Permalinkコメント(0)トラックバック(0)製作雑記。 

we will follow the sun.

2011年03月18日

みなさんこんばんは、ベイビーひかるです。

渋谷の街は、ネオンきらめく、派手な衣装の上に、
暗く厚手のコートを羽織って、
周りのざわめきに、息をひそめて、
聞き耳を立てているようで、
今更ながらに、非常事態が続いていることを、
思い知らされます。

街が暗いからと言って、空を見上げれば、
星が奇麗に浮かび上がって見える訳でもありません。


こういうときだから、
少しでも、ストレスを紛らわせていただけるように、
私たちは、自分のお仕事を頑張ろうと思います。



おかげさまで、「女研セカンドvol.12」の撮影は、
無事に終了し、鋭意編集作業中です。



震災の影響と申し上げて良いのかどうか、
撮影スケジュールの中止、または延期が続いています。

現在、精力的に面接をお願いしながら、
スケジュールを組み直し、
撮影準備を進めています。


逆に面接時間をじっくり作れて、
今すぐ撮影したくなるようなカワイイ女の子に、
何人か、巡り会えることができました。



次の撮影では、
あんなに、あどけない少女に、
あんなことやこんなことを…。


ベイビーズのみなさんは、ある意味、悪魔です。
そして…わたしは…。
その片棒を担いで…いるのかな…?



ぜひ、楽しみに、お待ち下さい。
よろしくお願いします。




babyenter at 13:16|Permalinkコメント(1)トラックバック(0)製作雑記。 

Love comes to everyone.

2011年03月14日

大変な、まるで悪夢のような数日間でしたが、
みなさん、大丈夫でしたか?


わたしたちは、3/9、10と撮影で、
11日は、夕方からの遅出出勤の予定でした。
準備をして、お家を出ようかなってときに、
あの大地震に遭遇しました。



少し古い作りの我が家なので、
必要以上に揺さぶられた気がします。
CDラックや本棚が、ことごとく、倒れて、
さすがに少し、ダメかなって思いました。



電車が止まってしまったのと、
甥っ子が泣いているので、
家にいることにしました。




撮影予定が、直前撤収になってしまったりしたので、
今日から、新たに仕切り直しです。


色んな思いが駆け巡るとしても、
わたしたちは、今目の前にある、
お仕事を、頑張らなくちゃ、
そんな気がします。




大規模な余震の可能性が70%、
そして福島原発の状況が、何か、
予断を許さないような気もします。


無理をなさらず、お大事になさってください。
いい人が惜しまれるように、
やっぱり、私たちベイビーズは、
全員、しぶとく元気です。
よろしくお願いします。







babyenter at 19:28|Permalinkコメント(1)トラックバック(0)日記 

from me to you

2011年03月10日

みなさんこんにちは、ひかるです。
風はまだ、少し、冷たいけれど、
少しずつ、春が訪れるような、
期待と不安が、胸に募るような、気がします。

一つの終わりはきっと、
新しい何かの始まりにつながると思うので、
ときに目の回るような思いに追われながら、
それでも、くよくよせせず、
明るく笑い飛ばせていければ、
そこに小さな幸せがあるような、
そんな少し前向きに、過ごしてゆきたいです。

今、姫川亜由美お姉様がお見えになっています。
メイクをしていただきながら、
お姉様の笑顔は、殺伐とした空間を、
優しく包み込んで下さいます。
素顔はとてもキュートで、
わたしとしては、メイク前の自然な姿のお姉様が、大好きです。
…ということは…もしかして…?



いよいよ、凶暴に牙を剥く、辻丸所長。
いざというときに、
本物の覚悟を見せてくれるのは、
ともすれば、女性のみなさんです。

南本部長が、娘を汚されてしまったという、
あまりに禍々しい思いに囚われている間に、
事態は刻一刻、悪化の一途をたどっています。

人望も厚く、強い覚悟を秘めて、
どんな困難にも、くじけずに立ち向かえる、
混沌とした、出口の見えづらい状況では、
そんな強く優しい人が求められてゆきます。

亜由美姉さんを迎え撃つ、明日という未来は、
一体どんな夢と現実を、
彼女の瞳に映し出してゆくのか…。

それはまだ、わたしにも分かりません。



でも今回は、辻丸に立ち向かうべく、
大人の魅力を、妖しく漂わせながら、
大阪からやって来られた女性の物語が、
展開してゆくような、そんな気がするんです。

詳しいお話はまた、あらためて。









babyenter at 14:24|Permalinkコメント(2)トラックバック(0)

the song remains the same.

2011年03月07日

大変、長い間、この空間を、
ないがしろに、していました。

サボっているつもりは、なかったけれど、
より多くの方達と関わるようになって、
少し、余裕がなかったような。

今でも、そんなに余裕はありませんが、
それでも、少しずつ、
また、始めようかなと、思います。

酒と泪と〜の方では、
主にガッツリ、作品紹介を。

こちらでは、日々の出来事や、
少しだけ、最新情報を。


渋谷の事務所には、以前にも増して、
プロダクション様が、来社して下さいます。

今日も新規に、お越しいただきまして、
いくつか、面接のアポをお願いしました。

とにかくお会いして、
女の子のことを、根掘り葉掘りお聞きして、
弊社のスタンスとアプローチ方法を、
しつこいぐらい、ご説明して、
あっという間に、1時間半とか二時間とか、
時は流れてゆきます。

弊社は痛みや苦しみを、女の子に強制するものではありません。
恥じらいや不安、悔しさや哀しみといった、
揺れる感情と、くねるカラダの有り様と行く末を、
ひたすら、見つめ続ける世界です。

イク過程で、女の子は高ぶり、カラダ中に力が入り、
息が詰まるような…。
そんな、苦しげで切ない瞬間が訪れます。
それでも、ベイビーズは、手を止めません。
これはある意味、とんでもないことです。

「…壊れちゃう…。死んじゃう…」
もしかしたら、リアルな感情…かもしれません。

「…どうか…。私達に、その先を、お見せ下さい…。
私達を、連れて行ってください…」
恐るべき、狂気にも似た探究心を堅持するベイビーズは、
タダモノではなく、かなりのヘンタイ、かもしれません。

そのために、少しでも心を許していただいて、
少しでも安心していただけるような。
全ては、ファーストコンタクトである、
面接に、かかっています。

あとは、不思議なご縁に、おすがりするように、
とことん、向き合わせていただくだけです。

明日もそんな、お互いの心が触れ合い、揺らめき合い、
何かが生まれ、実を結ぶような、
そんな面接に、なりますように。

面接がが終わり次第、
本格的な撮影準備に入ります。







babyenter at 21:57|Permalinkコメント(1)トラックバック(0)

今年も一年、本当にありがとうございました。

2010年12月31日

みなさんこんにちは、ひかるです。
渋谷の街には、少し肌寒いけれど、
温かで、柔らかな日差しが、降り注いでいます。
穏やかで、優しい、午後の時間です。

今年も、ユーザー様のアツいご愛顧をたまわり、
本当に、ありがとうございました。

12月は、本格的に制作の一員として、
プロダクション様とのやり取りや、
女優さんの面接、経費やスケジュールの管理、段取りなど、
慣れれば、どうってことないはずですが、
少し、もたついてしまいました。

その分、ブログの更新に、
気持ちが、ゆき届かなかったことについては、
もっと切り替えて、器用にならなくちゃって、反省しています。


koolong監督さんやキクボン制作チーフが、
コツコツと丁寧に、だけど、しつこく、
女の子に気を使いながら、イキ続けていただくという、
作業を地道に積み重ねてきたおかげで、
プロダクション様からの、ご紹介も今月は、とても多くて、
面接に、多大な時間を費やしました。


慌しい時期ではありましたが、ウレシイ悲鳴です。
一昔前は、ベイビーだけはNG、ってところも多かったそうです。
…あのパッケージを見て、女の子もプロダクション様も、
少し、怖がっていたらしいんです。


来年のスケジュールや、何を撮りに行くかによって、
キャスティングは、決定されますが、
初々しい女の子や、SJAに似合いそうな子、
妖しい大人の魅力プンプンのお姉さまなど、
イメージの膨らむような女性が、たくさん面接に来てくださったので、
来年早々、忙しくなりそうな予感も少し、あります。
ぜひ、楽しみにお待ちください。


来年も、ベイビーエンターテイメントを、
よろしくお願い申し上げます。

そして皆様が、
ご健康で、実りの多い一年で、ありますように。


たけだ ひかる でした。









babyenter at 13:03|Permalinkコメント(2)トラックバック(0)日記 

こ、こんにちは!

2010年11月24日

たけだ ひかるです!
約十日ほど、ご無沙汰しましたね。

その間、女研セカンドが、ダブルで、入っちゃって…。
…ケッコー、消耗しちゃうんですよね…。


詳細は、ブログ用に書いている最中なので、
もう少しだけ、時間をください。


「女体拷問研究所」は、
koolong監督が、こだわり抜いているシリーズなので、
最後の最後まで、気が抜けません。


ある程度の原案を元に、
プロットや簡易シナリオは用意しますが、
そこから、話に花が開いたり、
翼が生えて、気の遠くなる場所へ、
必死で追いかけて行ったりなんかして…。


おかげさまで、南つかさちゃんも、
黒木真衣姉さんも、気持ちを込めて、
熱演していただいています。


真衣姉さんは、わたしは初対面でしたが、
「ちょっと、ちょっと…」
何かと声をかけていただいて、
気さくで優しい方だなって、感激しました。


…劇中では、とてもクールなオンナ…でしたが。

 
そして、次の準備へと、
わたしたちは、振り返ることができません。

なぁんて…。
ヨロシクお願いします。



babyenter at 17:07|Permalinkコメント(2)トラックバック(0)日記 

ちょっと、新作のお話など。

2010年11月15日


みなさんこんにちは、ひかるです。
少し寒いな、と思ったら、
夕方から、雨が降ってきて、
短くなりつつある昼の時間を、
さらに覆い隠してゆくような、感じです。


先週末は、なかなか、ハードでした。
やり切った感は、あったとしても、
宿題のように、今週も気が抜けない、
色々準備をしなくちゃ、
そんな一週間になりそうです。



maimai002

冬は近づいているけど、

それでも少し、温かな日差し。

仲のイイ二人が、楽しそうに、

ちょっと照れくさそうに。

優しい時間が、

ゆっくりと、流れています。








maimai001
… …!

一体、何が起きたんでしょうか…!






上と下の女の子は、少し似ているようで、
…それにしても、シチュエーションが、
あまりにも違いすぎるような…?


官能小説にしては、
展開が、ジェットコースター過ぎるから。


イメージが流れ、重なり合い、
女の子の哀しいくらいの、
官能的なメロディが流れているとしたら。



やっぱり…。

「天獄 2」

かもしれません…。



「…何か…その表情、イロっぽいね…!」

カメラマンさんが、鼻息荒く、つぶやきます。

彼女は不思議そうに、

「どの辺が…ですか…?」

「…何て言えばいいのかな…」


どんなオチで、決めるのか、
期待していたのですが、軽く、肩透かしです。


彼女のずっとそばにいて、
彼女を見つめ続けて、
…少し分かったような気になりました。


彼女はずっと、苦しげな表情をしていたんです。
ずっと、哀しげな声が、唇から、こぼれていたんです。
いわゆる、眉間に薄く、スジが刻まれるような、
「切ない」顔をしていたのかなって。

受け止めきれないほどの刺激と悦びが、
彼女のカラダを駆け巡っていて、
耐えようとしている、苦悶の顔立ちが、
とても、匂う感じだったのかな?


女研のような、ストーリーものではないけど、
彼女の心とカラダが、時を刻み、
時の流れを、忘れさせてくれるんです。


これは、お勧めです。
ぜひ!

詳細はまた、少しずつ…。






babyenter at 20:47|Permalinkコメント(4)トラックバック(0)日記 
プロフィール
ギャラリー
  • ちょっと、新作のお話など。
  • ちょっと、新作のお話など。
  • ルリ先生 その5
  • ルリ先生 その5
  • ルリ先生 その5
  • ルリ先生 その5
記事検索