赤ちゃんブログ

子供や主婦の事、進学や仕事、欲しい物や便利グッズなど

アンパンチを暴力的に持って行こうとして失敗、あの手この手でコンテンツを潰そうとするメディア

育児や教育を論じるメディアがあまりにも偏っているので、そういったメディアはもう見ていないのですが・・・本当にあの手この手で見せようとしてきますよね・・・怖い。

育児や教育を論じるメディアが偏っている件・・・
http://blog.livedoor.jp/babyer/archives/10091285.html

最近ではアンパンチが暴力的に持って行こうとして失敗しています。

「アンパンチ」を見て暴力的に?記事執筆の動機は「たまたま電車で聞いて…」
https://news.livedoor.com/article/detail/16919128/

アンパンチが暴力的?は?どこで言われてんの?と思っていましたが、どうやら単なる妄想記事が発端だったと知り愕然としています。

妄想記事ですから、親からの多くの批判とかクレームとかも事実では無いですし、ハッシュタグやトレンド入りとか言うのもTwitterを利用したステマですよね・・・

妄想記事ですから、当然周囲もアンパンチ議論なんて知りませんでしたし、誰も話題にしていませんでした。

なのに何故かテレビなどのメディアでは、さも大盛り上がりの様に取り上げており、やはりメディアは少しおかしいのでは無いでしょうか?特定メディアだけかと思っていたら・・・

大体、この事が事実だとしても子供にアンパンマン見せなければ良いだけ。誰も見なければ良いと言わない事も変ですよね・・・局側に忖度するのは分かりますが、子供にアンパンマン見せなければいけない法律はありませんから、親が見せなければ良いのです。ゲームもアニメも漫画も。
これらの問題提起とか議論は全てこの見せなければ・見なければ・買わなければ・やらなければ良いで終わります。

なんか本当に最近おかしいのですよね・・・

赤ちゃんの子育てとか、子供の教育とかに続いて、子供向けコンテンツなどに対して非常に攻撃的なメディアが多いです。

どうにもこうにも日本の教育方法やコンテンツ産業を潰そうとしている様にも見えるのです。
現在の社会をひっくり返したい、要は反社・・・

なぜ反社かと言うと、この攻撃なメディアの理論の行き着く先は人間が悪いになってしまうのです。
法律もアンパンマンもゲームもアニメも漫画も何もかも人が考えて制作しているのですよ・・・

日本の子育てや教育方法、コンテンツに対してイラついているのは誰なのでしょうかね・・・

もう一度書きますね・・・見せなければ・見なければ・買わなければ・やらなければ良いです。

児童相談所の問題が多発、青山児相のその後は?

児相で保護対象児の親ら大暴れ…警官から女が拳銃奪う
児童相談所からの通報で駆けつけた警察官に暴行し、拳銃を奪おうとしたなどとして、茨城県警水戸署は9日、水戸市大工町、無職の女(27)、両親、弟2人の計5人を公務執行妨害容疑で逮捕した。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190809-OYT1T50287/


児童相談所の問題が多発していますが、児童相談所内部の不正だったり職員の犯行だったり、保護した家族の犯行だったり、関係者が突入して来たりとかなり多種多様な事件が多く発生しています。

青山の児童相談所で近隣住民が危惧していた事が正に多発している状況、青山の児童相談所はその後一体どうなっているのでしょうかね?全然音沙汰なく続報もないですよね・・・

この様な事件をみて思う事は、児童相談所は必要ではあるが従来通りの児童相談所は必要ないのでは?と感じます。

どんどん過激になっていますし、職員の犯行も監視しなければなりませんから、即駆け込める様に交番や警察署併設とか相当警備を厳重にしておかないとなりませんよね・・・個人情報を平気で漏洩しているケースもありますし、ちょっとこのままだとダメなんじゃないでしょうかねぇ・・・

青山の児童相談所も、どうせ新しく作るのですから、テナントに警察も含めたり、様々な検討をして欲しい。
記事検索
rss_btRSSで読む人はコチラ


Powered by fun9.net
子育て教育ブログ 就職に有利な大学・専門学校 仕事相談室 luv lifesloves ゲーム三昧