さいたま市人口130万人突破 背景に子育て世代の高評価

さいたま市の清水勇人市長は20日の定例記者会見で、市の人口が130万人を突破したと発表した。清水市長は「市民がそれぞれの立場で地域づくりに関わり、魅力ある市として市内外から受け止められている結果だ」と述べた。平成13年に旧浦和、大宮、与野の3市による合併で「さいたま市」が誕生して以来、人口増が続き、現在までに約27万人増えたことになる。

https://www.sankei.com/region/news/180921/rgn1809210018-n1.html

埼玉県のさいたま市が人口130万人を突破した事を発表しています。

埼玉県人以外はさいたま市?という感じでしょうけど、浦和・大宮・与野が合併して更に岩槻も合併した市です。
こう見ると東京都の世田谷区や大田区、練馬区などがいかに異常に人口が多いかが分かりますね。
住宅購入や賃貸の比較対象としても上述の23区内でしょう。

ギュウギュウ詰めの東京か、余裕のあるさいたま市か?
以前と比較しても鉄道網が充実し、乗り継ぎもできるし、激混み前に乗れる可能性も高い・・・
そりゃ、さいたま市に住みますよね。

さて、そんな人気のさいたま市ですが、人口が130万人突破の裏では待機児童が増加してしまい対策を急いでいるとの事です。

記事でも子育て世代が多いとか書かれているので、出生率もさぞ高いのかと思ったら1.2をキープ中になっていました。低っ!
調べてみると埼玉県自体の出生率も平均以下の県でした。
と言う事は皆さん引っ越していらっしゃった方々の様です。

そういえば埼玉県の西川口や蕨が中国人など外国人に乗っ取られているなんて話題があったりしましたが、もしかして転入してきているのは外国人でしょうか?

さいたま市の外国人比率を調べようと思ったら、補足として以下の事が書かれていました。
(補足)さいたま市の人口・世帯は、平成24年7月1日現在までは、住民基本台帳登録人口に外国人登録人口を加えたものを「総人口」として公表していました。平成24年8月1日現在以降については、住民基本台帳法改正(平成24年7月9日施行)にともない、外国人登録制度が廃止され、外国人住民の方も住民基本台帳法の適用対象になったことから、外国人住民の方も含めた住民基本台帳登録人口を「人口」として公表しております。なお、住民基本台帳法改正にともない集計方法に変更が生じています。

こ、これは・・・

ま、まぁ130万人突破ですよ、う、うん・・・