母乳育児では搾乳するというのは否定的な意見が多いですが
わたしは搾乳は母乳育児するならぜったい持っていたほうがいいと思ってます。

わたしも桶谷式でやってました。
哺乳瓶はもちろん母乳相談室 哺乳びん です。
訓練用に訓練用 乳首 もつかい、おかげさまで母乳1本でいけるようになりました。


しかし、今度まっているのは【離乳】です。

赤ちゃんはおっぱい⇒ごはん になります。

せっかく出ているおっぱいも米にまけて飲んでくれなくなります。


胸ががちがちに張ります。
手で搾乳すればいいんですが、手が疲れる・いちいち汚れる・時間がかかると3重苦です。

そこで必要になるのが さく乳器 です。

すでに母乳が順調にでている人は搾乳してもOKです。
(まだ順調にでてない人がさく乳すると乳首を痛めたりする原因になるんです)
手動のほうが使い心地はおすすめします。

注意は「出し切らないこと」

搾乳しすぎると母乳が「まだ必要なのかな?」と思ってずっと出る量が減りません。
痛くない、張りをおさえる程度でやめるのがポイントです。


母乳育児中、乳腺炎ほどつらいものはないです。

母乳育児で上手に搾乳器を使っていきましょう♪

母乳相談室 哺乳びんピジョンのさく乳器 で使用できますよ