福岡ソフトバンク・ホークス応援ブログ

福岡ソフトバンク・ホークスを埼玉から応援してます。

今日はホークスの試合もなく時間もあったので、一つ考えていたことを書きます。

今年は松田・デスパイネが不調とされてますが、ワタクシの実感として、そこまで悪くないのでは?

なのでネットで記録を引っ張ってみました。

打率・打点・本塁打で見ると、

松田     0.212  36打点 14本塁打 
デスパイネ  0.233   41打点 16本塁打

と、なります。

打率は、

松田     0.212(34位)
デスパイネ  0.233(28位)

と全く振るいません。

打点は、

松田     36打点(10位)
デスパイネ  41打点(6位)

と思ったより、いいですね。

本塁打数は、

松田     14本塁打(5位タイ、西武栄村と同じ)
デスパイネ  16本塁打(2位タイ、ギータや日ハム中田翔と同じ)

HRに関してはパリーグでもトップクラスです。

では、塁打ではどうでしょうか?全てのヒットを合算した値です。(シングルヒットなら1、HRなら4)

松田     103塁打(11位)
デスパイネ  102塁打(12位)

平均よりやや上くらい。

ちなみにギータの打撃成績は、

柳田     0.343(3位) 50打点(3位タイ) 16本塁打(2位タイ) 151塁打(1位)

です。素晴らしい。

結論:松田・デスパイネは共に同じ傾向。

【本塁打や打点は多く、チームには貢献している。塁打も悪くはないが、打率が低いため不振に見える】

が、結論。

よって、当ブログの見解としては怪我はともかく、不振を理由にスタメンを外してはいけない。です。


ランキングに参加してます。お気にめしましたらポチっとクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村

今日は4-13でホークスの負け。カード2勝1敗で終えました。

広島のたたみかける攻撃には参りました。

効率的に点を奪われて、追いかける展開にはならず。

こういう時はただ相手チームを称えるだけ。

笠谷は打たれたけど、気にしないで。まだチャンスは貰えるはず。ショート川瀬もドンマイ。

デスパイネは復調したのか? もしそうだったら、夏場期待できます。

交流戦の残り、19日のヤクルト戦で武田の今後を考えましょう。


ランキングに参加してます。お気にめしましたらポチっとクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村

今日は6-2でホークスの勝ち。カード連勝しました。

前半リードを奪われながら、ピッチャーが踏ん張っている間に中盤から差を詰めて同点、逆転、そして駄目押し。

9回には豪腕投手が、空振り三振で締めるという去年までの強い勝ち方思い出しました。

内川の復帰も頼もしく、見事な一発!打ち上がりましたね〜

ここは3タテ狙いましょう! 


ランキングに参加してます。お気にめしましたらポチっとクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村

今日は8-0でホークスの勝ち。対広島、カード初戦を奪いました。

前半、大瀬良をしっかり攻略できました。3本のHRで大量リード。

ホークス先発・千賀はピンチは作るものの、ここぞで力のある球を放って5回無失点。

ただ、球数が多くなってしまい6回から継投。

ブルペン勢は相手の拙攻もあり、危なかったけど何とか無失点。

最後に投げた岡本は8、9回を抑えてくれました~

素晴らしい。

江川にHRが出て、川瀬も今宮の抜けたショートを高レベルの守備で埋めてくれました。

江川はニューフェイスとは言えませんが・・・、こういう選手が上がって活躍してくれるのは頼もしい。

今日は言うことなし。ナイス・ゲームでした。


ランキングに参加してます。お気にめしましたらポチっとクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村

今日は4-6でホークスの負け。カード1勝2敗で終えました。

9回表、加治屋がセンター返しのゴロに右足を出して、大きく跳ねてヒットにしてしまいました。

確かにそのままショート川瀬が取っていればダブルプレーだっかもしれませんが、ここは思わず足を出して止めに行った加治屋の気持ちを大事にしたい。

日本における野球という稀有なプロスポーツ。その1軍戦でも投手はやはり、こういう一面を露にします。

見ている方としては年間143試合のシーズンのひと試合。

でも、やっている人間にとっては白球を追っていた少年野球と同じなのかもしれません。

野球って荒々しいものなんだなと改めて感じました。


ランキングに参加してます。お気にめしましたらポチっとクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村

今日は4-2でホークスの勝ち。カード1勝1敗に戻しました。

先発の攝津は始めからかなり飛ばしてましたが、市川捕手の2ランHRなどの援護もあり、6回途中まで良く投げてくれました。

こういう粘りが、今のホークス先発陣に必要なんです。

それにしても、9回表はヒヤヒヤでした。

川島のファンブルなんてほぼ記憶にありませんから。

森のバント処理も怖かったし、特に最後は完全にミートされ同点やむなしかというライトライナー。

ギータのグラブにシッカリ収まってくれました。

ともかく、星を戻せたのは大きく、明日石川柊太で勝ち越しを狙えます。

頼んだぞ!


ランキングに参加してます。お気にめしましたらポチっとクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村

今日は2-8でホークスの負け。カード初戦を落としました。

2回に先制されたシーンですが、エラー×2で出したランナーとは言っても、下位に向かう打順なら踏ん張って欲しかった。

エラーはゼロにできないし、失投もするでしょう。

ただこれによって全く流れを持ってこれず、打線も乗っていけませんでした。

守りからリズムを作ってきたホークスとしては、近年にない試練の時。

せっかくのヤフオク6連戦中です。

筑後から新しい名前を抜擢すべき。そうしなければ、巨大戦力を構える意味がない。

ここまで追い詰められながら、チームは何を躊躇しているのでしょう?

明日から、毎試合最低一人ずつ上げくらいでいい。

新しいホークスで球界に衝撃を!


ランキングに参加してます。お気にめしましたらポチっとクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村

ちょっと時間があり、ジックリ考えてみました。

昨年、ホークスは交流戦1位でした。その時の成績が12勝6敗【.667】

今年は、残り7試合ですから、次の8パターンになります。(引き分けは除く)

7-0 .777
6-1 .722
5-2 .667   去年のライン・1位抜けレベル
-----------------
4-3 .611
3-4 .555
2-5 .500  5割のライン
-----------------
1-6 .444
0-7 .388

ということです。

さすがに今の戦力で5勝2敗は難しいけど。

5割ラインなら、2勝5敗で良しなんですね。

もちろん、その後のペナントを争う上で、4勝3敗はしたいところ。

対巨人は
12日 武田
13日 攝津
14日 石川柊太
らしいですが、

ここを2勝1敗なら、あまり悲観しなくてもいい気持ちになりました。

まず、目の前の巨人戦を勝ち越せ!!!


ランキングに参加してます。お気にめしましたらポチっとクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村

今日は5-2でホークスの勝ち。

柳田の打撃についてブロガーの皆様、またスポーツニュースでお腹一杯でしょうから、それは省いて、

何といっても、先発中田の素晴らしさよ!

ナゴヤドームで水を得た魚のごとく、小気味いいピッチング。

ホークスの先発で最近なかったです。

甘くなる感もなく、ビタビタに決まってました。

多少荒れても、逆に打ちづらいという所に行ってました。

今年は中継ぎもやったりしましたが、さすがに毎年ローテに入ってくる男。

ところで正直、今日は絶対に負けられない一戦でした。

ホークスファンは対戦相手を尊重し、ルールを尊重し、審判も尊重する「観る」スポーツマンです。自分もそうありたいです。

ですが、さすがに勝ちにこだわる一戦もあります。

それが本日でした。

こんな内容で投げ切ってくれた投手陣に感謝です!


ランキングに参加してます。お気にめしましたらポチっとクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村

今日は0-3でホークスの負け。対中日、カード2連敗となりました。

ここに来て、今期初の0封負けは応えます。

交流戦の魔法が解けて、現実を見せられたよう。

もう少し打ってくれないとハナシにならない。

何か打開策はとは考えますが、今の所何もないです。

それでも、打順をいじるとか脚を使ってかき回してみるとか、あれこれやってみるしかないでしょう。

ほっといたら、勝手に良くなる感じはないので・・・。

今週は勝ち星なしです。

せめて明日は勝ちをもぎ取って欲しい。

希望をつながせて!


ランキングに参加してます。お気にめしましたらポチっとクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ