IMG_2701


お腹を出して無防備に寝るのは飼い猫だけだと
聞いたことがある。

ネコ本来の習性を人間が奪ってしまっているようで
申し訳ない気持ちもあるけれど。
それでも歌わずにはいられない。

♪なんでこんなに可愛いんだろう〜
 猫という名の宝もの〜♪
※大泉逸郎の"孫”より一部引用








4月は出会いと別れが入り混じる、嬉し寂しい季節でもある。
子どもの頃は誕生日が4月で、しかも新学期が始まる前に
1歳年をとるということもあり、お姉さん気分でウキウキ
しながら新学期を迎えていた。

それが今ではどうだろう。
春が恨めしくてしょうがないのだ。

仕事は山盛りで連日帰宅も遅れに遅れ。
おまけに!!
またひとつ年をとってしまったのだ。

嗚呼、またひとつ・・・。

私は何歳になったんだっけ。
確か、数年前にバカボンのパパと同い年だとはしゃいで
パパと同じ扮装(ハナ毛にハチマキ、つなぎ眉)をして
写真を撮ったっけ。

時間よ止まれ!!
と言いたいところだけど。

年をとるのも悪くない。
実は、こっそりとそんな風に思ったりもしている。



最近、長らく会っていなかった人に立て続けに会う機会に
恵まれた。

36年、24年、10年、4年、2年ぶりの人など。


驚いたのは、どれだけ時間が経っていても
根っこが変わっていない人とは、何年会っていなくても
1週間ぶりぐらいにしか感じないということだ。

1から話すのではなく5,か6ぐらいから始まって、
会っていない間の話しは全部すっ飛ばして。

変わったんだけど、でも変わっていない。
なんだかホクホクと嬉しくなる時間。

それが“再会”なんだと思う。


今月は、そんな再会イベントが目白押しだ。
10年前は、みんな役職なしだったのに、
今はみんな、何がしかの役が付いている。
10年前は、9割どうでもいい話で1割が仕事の話だったけど、
さて、今回はどうだろう。
せめて3割ぐらいは真面目な話がしたいよなぁ(笑)。


みんな、疲れてちょっとしょぼくれちゃったところもあるけれど
だからこそ集まって、笑い飛ばせばいいじゃないか。

年をとるのも悪くない。
シミやシワもご愛嬌。
美魔女はお肌を磨き、春でも夏でもストールを巻き、
腐魔女は喋りを磨き、お腹に内臓脂肪を巻いている。

もちろん私は後者の方だ。

仕事が溜まっているからPCに向かっているというのに
なんでこんな現実逃避する記事を書いているんだか。


よくわからないけど、明日もぼちぼちいきましょう。

中年、バンザイ!!