IMG_5210

















展海峰から見た風景。
日本本土最西端にある九十九島が一望できる。
仕事を持ち込んでの弾丸ツアーだったけれど、“何これ珍百景”で紹介された水族館のようなお風呂(by長崎県平戸市)にも入ったし、ほんの少し現実逃避できた旅行だった。



1月に入ってすぐに山本さん(仮名)から母に連絡が入った。
※山本さんについては「つながっている」を参照。

2月に九州旅行に行こうというお誘いの電話だったが、
「仕事で疲れている娘(私)も誘おう」
ということになったらしく、私までエントリーされていた。

お誘いは非常に有り難かったが、何せ仕事がてんこ盛り。
どうやっても「完全に仕事を忘れて」旅行のみを楽しめる状況ではない。
でも、母と山本さんだけで(私もおまけで入ったけれど)旅行することは今まで一度もない中、なぜ「今」なのか、きっと何か理由があるのだろうと思い二つ返事で誘いに乗った。

新幹線の中では二人は娘のようにきゃっきゃと盛り上がり、私は溜まっている仕事をえげつないスピードでこなしながら、時々会話に参加していた。
前線の仕事(直接支援)とその他業務(会議出席やデスクワーク、法人の管理業務など)のバランスが五分五分な月ばかりではない。
緊急事態になると前線業務にウエイトが高くなり、その他業務は深夜に持ち越しとなる。
毎年、2月はそこそこな感じで余裕もあるのだけれど、今年は違う。
何かが違う。

そんなことを思いながら、博多駅に到着するまでの間にまず一仕事が終了。
その後はホテルに到着するまで観光を楽しむことにした。

国内ツアー旅行に参加する層というのは、ツアー内容にもよると思うが高齢層が多いような気がする。
美しく、饒舌で面白い添乗員(「きれいな(上沼)恵美子」と命名)に付いて行くだけでそれなりに旅行を満喫できる。
仕事から完全に頭を切り離せない状況での旅に「きれいな恵美子」の存在は非常に有り難かった。
※「きれいな恵美子」は「きれいなジャイアン」を真似て呼んでいる。

ホテルに到着すると娘風な盛り上がりを見せる二人は早々に大浴場に行き、私は部屋に残って仕事を再開した。
これじゃあまるで、イケてないお父さんじゃないか。
いや、私はお父さんじゃない。今日は最年少の「娘」のはずだ。
こうなったら、さっさと仕事を終わらせて大浴場→マッサージと洒落込もうじゃないか(その感覚が娘ではない)。

仕事を八分目まで片付け夕食を堪能し、そこから入浴→マッサージを終え、一段落ついたところで山本さんが静かに口火を切った。

「あのな、実は姉ちゃん(私の母)にどうしてもお礼が言いたくて今回旅行に行こうって誘ったんよ。」
母は突然の言葉に驚いた表情を見せたが、山本さんは続けた。

「もう30年経つんよね・・。あの時、姉ちゃんがいてくれなかったら私は間違いなく子どもを道連れに心中をしていたと思う。毎日ご飯作って一緒に食べてくれて、一緒に泣いてくれて。兄弟でもそんなことしてくれへんのに、赤の他人の姉ちゃんがずっと私を支えてくれた。私な、今年還暦なんよ。ここまで生きてこれたのは姉ちゃんのおかげやねん。だから、真っ赤な服来て姉ちゃんと一緒に旅行したかってん。」

母はその言葉を聞いて号泣した。
「そんなこと思ってくれてたん・・。ありがとう。でもな、私も救われたんよ。娘(私)の子どもに障害があるってわかった時、意地を張って助けを求めなかった娘に「親に甘え」って言うてくれたよね。あの言葉に私も娘もどれほど救われたか・・・。」

そうか。
あれから30年も経ったんだ・・・。

涙が笑いに変わった頃、改めて私からも二人にお礼を言った。


ほんまにありがとう。
これからもよろしくお願いします。


山本さんの命の恩人の母。
私の命の恩人の山本さん。
そして・・・。

うん。
まだまだ


つながっている。