FullSizeRender (2)




















GLIM SPANKY

たまたまYouTubeで見かけた動画に衝撃を受けた。
10代と思われる女の子がライブハウスでアコギ1本で歌うその声、その歌詞、その曲に。
「焦燥」というタイトルにも驚いた。
なんで、この女の子はこんな詩が書けるのか?曲が作れるのか?こんな風に歌えるのか?

彼女のことが気になって気になって色々と調べてみたところ、
・子どもの頃からケルト文化に興味を持つ
・高校生1年生の時にバンドを結成する
・その頃から「GLIM SPANKY」として活動を始める
・オーディションに応募して5500組の中の14バンドに選ばれる
・当時のメンバ−4人のうち二人が脱退した後も新たなメンバーを入れずに2人で活動している
・祖父が日本画家、父がかなりの音楽好き

そんなことがわかり、気がつけばガチガチのファンになっていた。

彼女は息子と同学年だ。
そうなると、私の妄想は留まることなくどんどん膨らんでいく。
息子のクラスにこんな女の子がいたら・・・。

息子と同じクラスのレミちゃんがデビューする。
これは応援するしかない!
レミちゃん、いつも見てるよ!


ああ、楽しい。



そうだ!
息子にGLIM SPANKYを聴かせてみよう。

「(息子よ)これ、聴いてみない?」
「聴かない聴かない!絶対聴かない!」
「なんで!!!」
「歌が入っている音楽は聴かない!興味ない!」

忘れてた・・・。
息子はインスト専門だった・・・。


むむぅ・・・、じゃぁこれはどうだ!!

 

 

ポンコツクエスト



GLIM SPANKY とポンコツクエストが好きすぎるというだけのなんてことないつぶやきでした。