ブログネタ
雑誌 に参加中!
「月刊 現代」が2009年1月号を最終号と銘打って廃刊。
(もう、再集合することはないのでしょうか?)

「42年間、ご愛読ありがとうございました」と表紙にあり、通常より厚さも増していたので、創刊号からの回顧記事で埋め尽くされているのかと危惧したが、発注済みの原稿を一挙に掲載した模様。

回顧記事も「重松清『現代』は何を伝えてきたか」程度に抑え、矜持をみせた。
(廃刊決定が急な話で、回顧特集の十分な準備ができなかっただけかもしれないが。

言論統制されているわけでもないだろうに、書店に並ぶのがエセ右翼論壇系雑誌と宗教団体の広報誌だけというのは、(゜゜)如何なものか
月刊 現代 2009年 01月号 [雑誌]
月刊 現代 2009年 01月号 [雑誌]
クチコミを見る

ついでに読売ウイークリーも「これが最終号!」と銘打って廃刊。
中身より表紙だけが目立つ雑誌だったが、案の定「表紙のあのころ」なんてページくらいしか読むべきところがない。
こちらは廃刊やむなしと思う。