ブログネタ
雑誌 に参加中!
書店の雑誌コーナーに平積みにされた、やたらに重い雑誌。
(いまどき単行本ですら、こんなに厚い紙を使うものは少ない。)

講談社が創刊した「g2」。

「月刊現代」の後継を名乗る割には、3ヶ月毎の隔月刊行だそうだし、広告が僅かなせいか価格も倍額だ。

図書館は品揃えでやむなく購入するかもしれないが、「月刊現代」の読者や新規購入者を獲得できるだろうか?

期待して待っていただけに、がっかりしてしてしまった。

編集企画やら、デザイン、マーケティングなど全てにおいてセンスの良さが感じられないし、どうせ一から出直すならば、ガリ版刷りから始めるくらいの意気込みがほしかった。

Webサイトに無料掲載されている記事もあるが、これまた残念なことに読みにくいんだよな…。
g2  ( ジーツー ) 創刊号 vol.1 (講談社MOOK)
g2 ( ジーツー ) 創刊号 vol.1 (講談社MOOK)
クチコミを見る