ブログネタ
政治・選挙4 に参加中!
政治資金が分からない人。


「日教組!」も分からない人の野次。


(Asahi.comの記事)
野党、首相説明求め反発 予算案審議を拒否 西川氏辞任
2015年2月24日12時09分

 西川公也前農林水産相が政治資金問題で辞任したことを受け、与野党の国会対策委員長が24日午前、国会内で会談し、今後の国会審議について協議した。野党側は、これまでの西川氏や安倍晋三首相の答弁を問題視し、首相が出席する衆院予算委員会の質疑をやり直すよう要求。同日午前から予定されていた同委の質疑には首相出席が予定されておらず、応じられないと与党側に伝えた。

 与野党の国対委員長会談に先立って、野党各党の国対委員長が国会内で協議。西川氏辞任の経緯や、首相の任命責任をただす考えで一致した。

 新年度予算案を審議中の衆院予算委は、23日に首相ら全閣僚が出席する3日間の基本的質疑を終え、24日から麻生太郎財務相らが出席する一般質疑が始まる予定だった。

西川農水相、強気の答弁から一転 最後はぼやき
2015年2月24日00時47分

衆院予算委で答弁に向かう西川公也農水相=23日午後、飯塚晋一撮影

 私がいくら説明しても分からない人は分からない――最後に残したのは、こんなぼやきの言葉だった。「政治とカネ」をめぐる追及に、強気の答弁を繰り返していた西川公也農林水産相が23日辞任した。地元・栃木や農水省には落胆の声が広がった。

 辞表提出後、首相官邸を出た西川氏は、朝日新聞の取材に対し「違法行為は全くないのに、いろいろ迷惑している」と不満を口にした。辞任の理由については「(内閣に)迷惑かけるわけにいかない」と説明。「私は潔い男だから。つまらんことで同僚の大臣がいじめられないように。私が連鎖を断つという気持ちですから」と淡々と語った。

 国の補助金交付が決まった栃木県鹿沼市の木材加工会社から300万円の寄付を受けていたことなど、一連の「政治とカネ」の問題の違法性の認識について、「法律なんか何も触れていない」と改めて強調し、1分ほどで立ち去った。

 その10分ほど前には、首相官邸で記者団に対し自らの正当性を強調し、説明責任についても「説明は誠心誠意やってきた。法律に触れることは全くありませんでした」と繰り返した。

 農水相に就任してから約半年。環太平洋経済連携協定(TPP)や農協改革といった日本の農政の大きな転換となる政策は道半ばだ。西川氏は「私が辞任することで内閣の仕事が進めば幸いだと思っている」と語った。

 西川氏の地元・栃木県さくら市役所では、西川氏の入閣を祝う垂れ幕が取り外された。西川氏の後援会総連合会長を務める小曽戸広さん(78)は「残念でならないが仕方ない。脇が甘かった」と指摘した。「(政治資金を)どこからもらうかは政治家のイロハ。大臣の資質を問われては、国会審議以前の問題になる。ここでの辞任もいたしかたない」と話した。

日教組巡る発言、首相が訂正 「補助金、誤解だった」
2015年2月23日16時30分

衆院予算委で、日教組についての発言を訂正する安倍晋三首相=23日午前10時15分、飯塚晋一撮影

 安倍晋三首相は23日午前の衆院予算委員会で、民主党議員にヤジを飛ばしたことへの説明で「日教組(日本教職員組合)は補助金をもらっている」などと20日に発言したことについて、「補助金(をもらっている)ということは私の誤解だった。正確性を欠く発言だった」と訂正した。民主党の山井和則氏の質問に答えた。

安倍首相、「日教組に補助金」発言を訂正 ヤジへの説明
2015年2月23日13時23分

衆院予算委で、自身の日教組についての発言をめぐり秘書官から説明を受ける安倍晋三首相=23日午前9時49分、飯塚晋一撮影

 安倍晋三首相は23日午前の衆院予算委員会で、民主党議員にヤジを飛ばしたことへの説明で「日教組(日本教職員組合)は補助金をもらっている」などと20日に発言したことについて、「補助金(をもらっている)ということは私の誤解だった。正確性を欠く発言だった」と訂正した。民主党の山井和則氏の質問に答えた。

 同党の玉木雄一郎氏が19日の質疑で、砂糖業界の関連企業から西川公也農林水産相側への献金を「脱法献金だ」と指摘。その直後に首相は「日教組どうするの」とヤジを飛ばした。20日の質疑で首相はヤジについて「なぜ日教組と言ったかといえば、日教組は補助金をもらっていて、教育会館から献金をもらっている議員が民主党にいる」と答弁した。

 首相は午後からの質疑で、教育会館から民主党議員への献金発言について「文科省で調べた結果、2012年度までの10年間の決算書を確認した限り、議員献金という記載はなかったということだった」と答弁。「私の記憶違いにより、正確性を欠く発言を行ったことは遺憾で訂正申し上げる。申し訳ない」と述べた。同党の後藤祐一氏の質問に答えた。

 午前の質疑では「教育会館は献金していない。パーティー券も買っていない」との指摘に、首相は「そのように確認されたのであれば、それは間違いのないことだろうと思う」と語っていた。

首相、農相追及の民主議員にヤジ 「日教組どうするの」
2015年2月19日22時39分

 安倍晋三首相が19日の衆院予算委員会の質疑で、西川公也農林水産相の献金問題を追及する民主党議員に首相席からヤジを飛ばし、大島理森委員長からたしなめられる場面があった。

 民主党の玉木雄一郎氏は質疑で、砂糖業界の関連企業から西川氏側への献金を「脱法献金だ」と主張。その直後、首相は「日教組どうするの」などとヤジを飛ばした。過去の日教組加盟組合による民主党議員への献金事件を指したとみられる。玉木氏は「日教組の話はしていない」と応酬。大島委員長が「ヤジ同士のやりとりをしないで。総理もちょっと」と双方を注意した。

 質問終了後、玉木氏は「首相席からヤジを飛ばすのをやめてほしかった」と記者団に語った。