2007年01月20日

ある銘柄との出会い5

フロイント昨日に紹介したお菓子の個装に、脱酸素剤が入っていました。その表面にリトマス試験紙の様な紙片が貼り付けられています。
写真の右が開封直後で、左が開封10分後の紙片の様子です。
つまり、紙片の色を見れば、個装の空気漏れが検知出来る訳です。
すっかり感心した私は、製造元を調べてみました。
JASDAQ上場のフロイント産業という会社でした。そして、当該製品の情報を見ると、「脱酸素効果」に加え、アルコールを蒸散させる事による「殺菌効果」も持ち合わせています。
銘柄の状況を確めてみると、新興株の不調のせいか割安圏に入っており、昨日の終値で買付けると、配当利回りも2%を超えます。
週明けに3Q発表があるようで、その結果次第では、監視銘柄に加えようと思っています。

明日は、NHKスペシャルで「グーグル革命の衝撃」が放映されます。
投信を通した極小株主な私ですが、注目です。
月初にも紹介しましたが、今月末にインドの三夜連続スペシャルもあるので、これも見逃せん

日航、JALUX株を双日に売却へ
株主として、JALの支配権が薄まる事を歓迎します

BRICs各国・2007年の経済成長予測
鵜呑みにするのは禁物ですが、良い事が書いてあると嬉しいものです
bach2042 at 10:04│clip!株式 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: