2009年01月31日

How To 南海メンテナンス

m[1] (2)


先日南海アルミシェルに組み替えたのでこの機会に自分が南海をメンテナンスする際の手順を紹介します。
20080710-nk_10mm_black_silver
メンテナンスの仕方がわからない方やハブにガタがある方などは参考にしてチャレンジしてみてください。

参考分解図
NANKAI_PARTS_TABLE_3_8[1]


===分解===============
手順右側(ドライバー側)のロックナットを外す
コーンの平ら部に南海用スパナを咬ませ,ロックナットにモンキーを咬ませロックナットを緩めて外します。
1b
↓↓↓↓
1
↓↓↓↓
3

手順コーンを外す
固い場合はモンキーや南海スパナで緩めて、緩くなったら手で回します
4

手順リングを外し、ドライバーを緩めて外す
5
↓↓↓↓
5b
※この時に注意点としてコグの中のベアリングがフリーベアリングになっているため,ボールベアリングを落とさないようにしましょう

手順ラージボールリテーナーを外す
6

手順左側からシャフトを抜く
7
※クラッチスクリューコーンが落下する可能性があるので気をつけましょう

手順クラッチスクリューコーンを抜く
8

手順インサイドスペーサーとラージボールリテーナーを外す
9

手順ロングレフトコーンのナット部とロックナットにモンキーを引っ掛けロックナットを緩め,ロックナット,アウトサイドカラー,レフトカラー,ロングレフトコーンを外す
10B
↓↓↓↓
10
↓↓↓↓
分解完了です!!
分解したら各ベアリングにグリスアップします。

分解図は上記参照


===組み立て===============
組み立ては基本的には分解の逆です。

手順ロングレフトコーン,レフトカラー,アウトサイドカラー,ロックナットを入れ、ロングレフトコーンのナット部とロックナットにモンキーを引っ掛けロックナットを締める
10B
↓↓↓↓
11
※マジックフルーツのデコキャップを付ける場合は,ロックナット,アウトサイドカラー,レフトカラーは入れずにキャップ本体を入れ,専用のロクナットで締めましょう。
267d5a85.JPG

手順インサイドスペーサーとラージボールリテーナーを付ける
12
※インサイドスペーサーは厚みに寄ってペダル漕ぎ出し時の遊びが変化します。
薄くなると遊びが広がり厚くなると遊びが狭まります。
リア系のライダー等ペダルが噛んで回って来るのを防ぐためスペーサーを抜いている人もいます。
自分は今は抜いてますが 以前はスペーサーを薄く削って遊びを調整したりしてました。漕ぎ出しを調整したい片方は試してみてください。

手順クラッチスクリューコーンを入れる
13

手順左側からシャフトを入れる
14

※ハブシェルの向きに気をつけましょう

手順ラージボールリテーナーを入れる
15
※向きにはボールが出てる側をシェル内側に向けましょう。

手順ドライバーを締めていき、リングを入れる
16
※ボールベアリングを落とさないようにしましょう

手順コーンを入れる
手で締めていき、固くなったら止める
17

手順右側(ドライバー側)のロックナットを締める
手で締めていき固くなるまで締めます。
18

手順コーンに南海スパナを掛け,ロックナットにモンキーを掛け、締めます。
この時にコーン側が緩すぎるとガタが出てしまい、固すぎると回転が固くなってしまうので注意しましょう。
2
↓↓↓↓
19


===終了===============
以上です。
ここれは自分のやり方ですのであくまで参考でお願いします。
また,BAMBOOハブの整備のし方もほぼ同じです14mmならシャフト横に六角レンチを挿せるのでさらに整備が簡単にできます。
20080710-nk_14mm_black_silver
NANKAI_PARTS_TABLE_14MM[1]
8229b1ba.jpg


back_drunkers at 06:38コメント(0) この記事をクリップ!
インプレ 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile
高橋 明彦 Akihiko Takahashi
千葉県在住BMXフラットライダ-です 詳細プロフィールProfile
Sponsor
How To南海ハブ メンテナンス
最新コメント