September 05, 2009

竈NEO

今日もとりとめもなく更新。

先日閉店した竈が「竈NEO」として短期復活となりました。

竈NEO















竈NEO〜つけ麺















こちらはつけ麺。刻みネギと共に入っている揚げた玉ねぎの甘みがスープに溶けて大変美味しいですね。麺の方に乗っている復活の燻製ネギを加えると風味が増します。麺は閉店前の竈よりも、こちらの平打ち麺の方が好みです。角煮(?)はしっかりと炙ってあり表面が熱くカリカリしていました。

以外に受けるんじゃないの(?)と思ってしまいました。

竈NEO〜ラーメン















こちらはラーメン。本当は「勝浦風塩ラーメン」が食べたかったのですが売切れてしまっていました。つけ麺同様に玉ねぎの甘みと醤油の風味の効いたスープ。これも美味しいですね。途中からトッピングのネギにかかっている魚粉と燻製ネギを溶かしてみると味に深みが増してきました。麺は同様に平打ち麺、ムチムチした食感でスープとは合っていました。あとはくんたま、これが無いと竈じゃないですね。

竈NEO〜最終日












これで本当に竈は終わってしまいました。今回のNEOも美味かったラーメンだとおもうんだけどなぁ。NEOの店主さんはひとまず実家に戻ってしばらくしてから、独立へ向けて準備をするそうです。またくんたまや燻製ネギ、燻製チャーシューの味が楽しみたいものです。

backtothelight at 18:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)最近食べたらーめん 

August 28, 2009

夏休みのラーメン達(とにかく)

今日もとりとめもなく更新。

頑張って夏休みのラーメンの3度目の更新。休みじゃないとありつけないようなラーメンばかりです。

べんてん冷やし油そば















べんてんの「冷やしあぶらそば」、これはいつも昼過ぎになくなってしまう夏季限定のメニュー。どんぶりの底に味噌ベースのタレがあって、そこにチャーシュー、メンマ、もやし、ノリが入り、その上から水で締めた麺が乗り、最後に麺全体に特製のラー油をかけて完成。

早速混ぜてみました。

べんてん冷やし油そば〜混ぜました















締められた麺はモチモチしていて、ラー油のピリリ感と味噌ダレから山椒のヒリヒリ感が伝わってきます。味噌味って以外と冷やし系にも合うんですね。

最後は残った味噌ダレにスープを足してもらいました。こちらもしっかりしたスープと合って満足。

べんてん〜塩ラーメン















こちらもべんてんの「塩ラーメン」。こちらは一年を通してのものですが、午前中で売切れてしまうレアもの。久しぶりに食べることになりました。相変わらずの作り方で、仕上げの際に、ネギと千切り生姜と辛味を乗せて、その上に熱々の油をジュッとかけます。そうするとスープにネギと生姜の香りが広がります。辛味は好みで多めに入れてくれます。

以前は味が濃いと思っていましたが、今回はバッチリの味付け。べんてんの和風だしの効いた濃厚なスープや太麺にも旨味のある塩味は負けていませんね。つけ麺の印象の強いべんてんですが、引き出しの多さには感心してしまいますね。

一圓ラーメン















こちらは近所でリニューアルオープンした一圓の「一圓ラーメン」。昼間によく公民館で語学の勉強をしていたので、リニューアルを機に訪問してみました。ここは餃子が有名です。あまりラーメンはケミっぽくでどうもと思っていたのですが、この一圓ラーメンはコクがあって美味いと思いました。

一圓一口餃子















これが「ミニ餃子」、値段が280円(だったと思う)は格安。ミニの割には大きさは普通の餃子と同じ大きさ。そして何よりも皮が美味い、一つ一つ手で伸ばす完全な手作りで厚くモチモチしています。

一圓ジャンボ餃子















こちらが後日訪問して食べた「ジャンボ餃子3個入り」、ミニ餃子と同じ金額です。こちらも皮は手作り、モチモチしています。それにしても比較するとデカさが実感しますね。箸で小さくしながら、醤油につけて食べます。個人的には食べやすさででミニ餃子の方が好みですね。

backtothelight at 23:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)最近食べたらーめん 

August 23, 2009

8月のデスマッチ&悪魔

今日もとりとめもなく更新。

今月のデスマッチ&悪魔に参戦してきました。

ドラゴンラーメン発表会




覆麺8月のデスマッチ







今日より新メニュー「ドラゴンラーメン」が登場します、ちょうど1年目にしてタイミング的にはちょうどいいのかな?

店内に入るとミスターブラックから「辛さはどのくらい?」と聞かれて少し困っていたら、「ココイチ知ってる?そこの辛さのイメージと一緒」と言われました。一年も日本にいるとカレー屋さんのことまで解るんですね。

こちらもイメージできないので5段階の「3」ぐらいで試してみることにしました。

ドラゴンラーメン〜3辛















こちらがこの日デビューの「ドラゴンラーメン」。覆麺と違い温泉卵とバターがデフォルトに。そしてスープを作る際に、スプーンで辛味をどんぶりの中に度数分いれていました。

辛さは辛い物好きには比較的マイルドな感じ、ドラゴンとまではいきませんでした。辛味優先なのか、スープのショッパさは抑え気味。そのせいか、スープの滋味が辛味と共に伝わってきました。バターの溶けた部分と一緒にスープを啜るとマイルド感があって美味しいです。少しリピートしてみたいラーメンです。

最後に黒帯5段カードの裏に赤いシールを3枚貼ってもらいました。貯まると何がおきるのだろうかな。

翌日は池袋の新がんこらーめんへ。今月は偶数月なので悪魔です!

新がんこ池袋8月は悪魔












「スタミナ油悪魔」ってと思っていたら、ルイス氏が入り口で一服していました。「今日はみんなにつまみがあるよ〜」と微笑みながら一言。いつもの如く何やら期待を抱かせる一言。

店に入ると戦慄しました!カウンターの上には素揚げされたそのつまみが沢山入っているどんぶりが!!その写真撮り忘れました、撮らなかったほうがよかったか…。

お店には女性の助手が1人増えていました。その彼女が「食べますか〜」の一言。好奇心というよりはむしろ怖いもの見たさでたのんじゃいました。

これですよ!

新がんこ8月の悪魔のつまみ!







さすがにこう見るとゲンナリしますね。タガメとゲンゴロウの素揚げ、どうやら旅行先のタイからゲットしてきたらしい。黒い方は最近3度ほど自室でみている「奴」みたいなのでさすがに勘弁してもらいましたが、大きい方は羽根と足(硬い)を毟り取ってから頭以外を思い切って食べてみました。食感はスカッとしていましたが、味は紛れもなく甲殻類、エビに近いものがありました。決して不味くはないんですけど、見た目がねぇ…。

そうしているうちに悪魔が登場しました。

8月の悪魔はスタミナ油悪魔















これが「スタミナ油悪魔ラーメン」。さっそくかき回してみました。

スタミナ油悪魔〜混ぜました















色はやはり悪魔色。ショッパとニンニクなど香味が効いた油が交じり合って凄く美味しい。この香味油の風味は何となく東南アジア(というかタイ)の汁なし麺を食べている時に感じる風味。悪魔の食べ方もこんな感じにしても楽しいものですね。

他の訪問した人のブログの記事をチェックしてみたら、スープが付いて、途中から新がんこの油坦々そば的に食べることができたようですが、こちらにはそれがありませんでした、ちと残念。

帰り際に「どうだった、つまみ?」と聞かれて困ってしまいました(笑)。素揚げしただけでその油はラーメンには使っていないとのことです。

昆虫から悪魔の新バージョンまで、やはりルイス氏の新がんこは油断なりませんね。

backtothelight at 23:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)最近食べたらーめん 

August 21, 2009

夏休みのラーメン達(頑張ってその◆舛気茲Δ覆蜒沺)

今日もとりとめもなく更新。

新宿にある「竈」が閉店すると聞いて少しビックリしました。閉店理由はホームページの「店主ご挨拶」のところにありますが、こちらを見るとご苦労があったそうですね。

開店当初は大久保にあって、ちょうどラーメンの食べ歩きを始めた頃でした。その後仕事や、海外生活、帰国後の職場のロケーションの関係でそんなに訪問はしませんでした。

偶然新宿職安通り沿いに引っ越していたのを発見して、寄ってみると外国人の従業員を積極的に採用したり(慣れない彼らの接客に非難をしているのをネットで結構見ました)、店主が体調を崩されたりとたいへんそうだなぁと思っていました。

毀誉褒貶の激しいお店でしたので、休みというコトもあって少し集中して訪問してみました。

竈〜全部のせラーメン(とんこつしょうゆ味)















閉店セールなのでこれで790円!とんこつしょうゆ味のスープはほどよいコクがあってなかなかの味なんじゃないかなって思いました。しょう油の風味が結構効いていますね。中太の麺も腰があって結構いけるんじゃないの。角煮少し硬いか。チャーシューはホロホロで燻製の香りがしています。くんたまも燻製にされていて、香りとトロリとした感じがなかなかでした。チャーシューとくんたまは昔のままですね。途中でニンニクや唐辛子味噌、そして煮干の粉を加えて味をいじってみると結構楽しいものがありました。

竈〜くんたまチャーシューつけめん(ピリ辛みそ味)















こちらはつけめん、スープが味噌ベースのピリ辛。味噌味が辛すぎず、しっかりと旨味が感じられるものでした。調子に乗って大盛りにしましたが、ハッキリ言ってかなりの量でした(笑)。スープ割の際にレンジで一度スープを温めてもらってからスープ割りをしてもらいました。

竈〜全部のせラーメン(にぼししょうゆ味)















こちらはにぼししょうゆ味、とんこつしょうゆ味とは対照的なあっさりなスープ。少し煮干の風味が弱いかも、昨今の煮干系のスープはガツンと煮干を効かせているので、比較すると少しそう感じてしまうのでしょうか。個人的にはとんこつしょうゆ味の方が好み。写真の端のご飯ものは100円で格安(これはチャーシュー飯)。中盛がサービスでこのご飯ものとあわせるとかなり満腹でお得感があります。

竈〜全部のせラーメン(超激辛)














辛党の師匠的には一度は試したかった味。超激辛というほどでもなのですが、辛みそを加えて食べ進むと額辺りにじっとりと汗をかいてきました。味噌ベースでかなり濃厚かなって感じでしたが、つけめんのピリ辛と一緒でなかなかバランスがいいんじゃないかなって思いました。

竈〜くんたまチャーシューメン(復刻しょうゆ味)















閉店3日前に復活した「復刻しょうゆ味」がどうしても食べたかった。あっさりスープですが、しょう油の味がかなり挑戦的なところがあり結構ショッパめでした(健康には良くないと知りつつも、個人的にしょっぱいのは好きなんですがw)。トッピングの燻製ネギ!これよこれ、師匠が竈に求めていたのは!!スープが苦くなると感じるか風味が増すと感じるかは人それぞれでしょうが、個人的には竈にはこれがないと!!!スープに燻製の風味を加えてくれます。10年前に初めて竈のラーメンを食べた時の味がふっと思い出されました(しょうゆ味に関しては昔もこんな強烈なものだったのでしょうか?)。好き嫌いが分かれそうなラーメンですが、この個性的な味が結構お気に入りです。

竈〜くんたまチャーシューメン(とんこつしょうゆ味)














そしてこれが最後のくんたまチャーシューメン。やはり好みのとんこつしょうゆ味にしました。しょう油の風味を、しょっぱいと感じるか苦いと感じるかは人それぞれだけど、基礎がしっかりとしていてるのでかなりいいんじゃないと最後に感じました。

この10年でラーメン屋さんはかなり増えて、味の進化もとても速いものがあります。情報化が進み、一億総評論家というか匿名性のネットでは言いたい放題の状況にあります。そんな状況では竈は少し不運だったと思います。多分とても美味いわけではないのでしょうが、飽きずに食べられるラーメンを提供することは以外と大変かもしれませんね。

このような状況下で、竈の閉店は少し残念と思いますね。

backtothelight at 23:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)最近食べたらーめん 

August 13, 2009

覆麺夏休みスペシャル☆

今日もとりとめもなく更新

先日覆麺に行って来ました。休みで何もすることがないので思わずふらっと行ってしまいました。

覆麺大盛り〜黒帯5段につき生玉子&青唐辛子サービス















黒帯5段取得者ですが、自制してレベル4のショッパさでやってもらいました。ショッパさとスープの旨味が最高。麺も申し分なく、その他チャーシューやメンマも最高。生玉子は苦手ですが、このラーメンとだけは大丈夫、ショッパさに合っています。青唐辛子も同様で、ここのラーメンにしか合わないなぁ。

そうそう、告知を見ると夏休みスペシャルをやるそうです。

覆麺夏休みスペシャル




お盆スペシャル多重ブレンド特製ミートまぜそば







14日は祖母の新盆施餓鬼に参加できませんが、13日は確実に逃せず参戦してきました。お盆中でスーツを着た人はかなり少なめ、客の回転も早く行列なしでした。

特製ミートまぜそば














こちらが「多重ブレンド特製ミートまぜそば(大盛り)」。温泉卵がデフォルトであとはバターと台湾揚紫玉葱がトッピング。

「今日はタバスコ入れると美味しいよ、マスター」の一言、早速混ぜてみました。かなり美味しいミートソースでした(笑)。ミスターブラックの一味なんでしょうか、挽肉の粒がかなり大きめで食感を十分に感じさせるものでした。いつもの腰のある中太麺とのマッチングはまずまず、遊びというか自由な発想というか、ミスターブラックの引き出しの多さを感じさせる一杯ですね。

途中で「ミートソースが足りなければ言って下さいね」とのことなので、ミートソースを足してもらいました。タバスコをかけながら最後まで楽しみました。

本当は翌日の「合鴨つけめん」の方が期待度が高かったのですが、訪問できずに大変残念です。

backtothelight at 23:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)最近食べたらーめん 

August 10, 2009

夏休みのラーメン達(多分その 

今日もとりとめもなく更新。

しばらくは職場の方へ行かなくてもいい日が続いています。そこで平日の夜やっていなかったり、週末だと少しハードルの高いお店を重点的に訪問しました。

二葉天沼〜ワンタン麺















荻窪の二葉天沼店で食べた「ワンタン麺」。帰りが遅くなるとなかなか足が遠のいてしまうお店。スープは煮干の効いた見た目以上の濃厚な味。中細の麺は以外と腰があり。チャーシューはホロっとするタイプでメンマも手抜きのない仕上がり。ワンタンはオプショナルといったところでしょうか。この手の濃厚スープに煮干が効いているとなんだか嬉しくなってしまう味ですね。駅の近くの上荻店よりもこちらの方が好みですね。

めん徳二代目つじ田@飯田橋〜二代目つけ麺















こちらは初訪問のめん徳二代目つじ田飯田橋店の「二代目つけ麺」。お昼は地元のサラリーマンで一杯です。ここではつけ麺ということで二代目つけ麺を注文しました。最近の流行の魚介濃厚スープ、濃厚でかなりドロッとしています。麺は加水率高めのもちっとした極太麺。濃すぎてキツイかなって思っていたら、三分の一ぐらい食べたところですだちを絞ってスープが少し爽やかになりました。最後の三分の一で卓上の唐辛子を足してみると味に変化が。濃いかなって思っていましたが、計算された味の変化を楽しむのもいいかもしれませんね。もう一度訪問しないと判んないかも。

めどき〜中華麺















こちらは行きたかっためどき!前回は麺硬めなんて大失敗でしたが、今回はデフォの硬さで大正解。ここのスープにはある程度の茹で加減が大切。濃厚なスープがタップリでしたが、体に悪そうなので途中で我慢しましたwww夏の暑さにも負けないで食べる価値がありそうですね。

イレブンフーズ〜チャーシューメン















めどきと並んでメディアへの露出がゼロというか取材拒否なお店がイレブンフーズ。期待感一杯なんでしょうが、出てきたのは「男のラーメン」といった感じのもの。朝8時からひっきりなしに訪れるのは男性ばかり。太麺に濃厚スープ。向こうの棚を見ると「本だし」やら怪しい食材が…。でも珍しいトッピングのキクラゲやワカメ、そしてラフに刻まれた玉ねぎとは不思議な組み合わせでクセになる味。そしてこのチャーシュー、売り切れ前ならば絶対に頼むべし!フワフワで脂が乗ったジューシー、そしてこのボリューム。卓上のニンニクや豆板醤でカスタマイズした味を!

場所が遠いのね、ここは。帰りに天王洲からモノレールに乗りました。浜松町までたった1駅でしたが、眺めが素晴しい。これだけでもモノレールに乗るかちありそう。

ラーメン二郎三田本店〜ブタ入りヤサイニンニクカラメ















ジロリアンには聖地であるラーメン二郎三田本店。暑いにも関わらず行列が長いですね。大丈夫かと思いブタ入りを頼んでしましましたが、量的には後悔しました。写真じゃわかり難いですけど、分厚いブタが4つぐらいと手のひら大(!)のものが1つ。脂がガッツりとついていますが、体に悪くてもここでは口に入れてしまいますよ。麺はデフォの固さにしてもらいましたが、柔らかいのではなくムッチリとした食感、これはアリだ。スープはしっかりコクがありました、当たりでした!女性も結構来ていて、しっかりと完食していました。それでもここで食べると半日無駄にしますね。

backtothelight at 23:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)最近食べたらーめん 

August 09, 2009

客家料理☆

今日もとりとめもなく更新。

今日は級長、レコバ、ピン子と共に歌舞伎町の台湾客家料理のお店に突撃しました。客家料理は都内にあまりないので大発見のお店でした。

ここのお店のあるのはちょうどここの隣あたり。怪しいDVD販売店や案内所の裏手で、はっきりヤバイ感じのロケーション。女の子を1人で歩かせることのできない地域。

早速お店に着いたのですが入り口の扉が閉まっている!そこで級長に突撃命令wさすがはドMの級長www、下僕の如く階段を上りお店が開店していることを確認してくれました。

お客さんはうちらだけのよう、日曜日はこんな感じで閑古鳥のようです。

という訳で(?)早速注文にとっかかりました。

鹹蚋仔干豆腐







「鹹蚋仔」は台湾料理ではマストアイテム。絶妙な茹で加減というか生加減にピン子ビックリしていました。ニンニクと唐辛子と醤油がバランスよく効いていました。「干豆腐」も最近の中華ではよくある前菜、塩味でさっぱりしていてこれも楽しい。隣のお店では香菜と和えていますが、ここはセロリと。あっさりしているので香りの強い野菜と一緒がgood。

猪耳麻辣牛肚







「猪耳」は沖縄料理のミミガー。ここではコリコリというよりはもっと柔か目でトロリとしたゼラチン質をたべているよう、こんな感じも楽しい。「麻辣牛肚」は師匠の大好物のハチノスを唐辛子味噌とネギで和えたもの。ミュキュッとした食感が楽しいですね。

ここから楽しみだった客家料理の登場!ママから「トウミョウにする」とか聞かれましたが、今日は客家料理がメインなのだ!

客家小炒















「客家小炒」は懐かしい味だ!留学中に台湾人の友人が作ってくれました。干し海老、干しスルメイカ、豚肉、豆腐干、セロリ、唐辛子を醤油と砂糖そして少しの酢で味付けした炒め物。客家料理の代表格、甘辛な味の中にも干し海老や干しスルメイカの乾物の風味がしっかりと出ていました、セロリは炒め物に使うといい感じ。美味い!!帰国後一度試したのですが、この味がなかなか再現できなかったです。

梅干菜扣肉















「梅干菜扣肉」は干したからし菜と豚の角煮を煮込んだもの。からし菜に結構豚の味が染みていて、これでご飯が食べたらさぞかし美味しいのだろうと思わず妄想してしまいました。

客家醸豆腐















「客家醸豆腐」は客家人のルーツを知る上での興味深い料理。中原より北に住んでいた客家人は小麦を使い餃子を作っていましたが、徐々に南に追われ小麦が入手できなくなりました。そこで、小麦の代わりに豆腐を用いて餃子の皮に見立てて作った料理がこれ。豆腐で挽肉を挟み、白菜とスープで煮込んであります。肉を挟んだ豆腐もさることながら、この白菜もトロトロに煮込まれて、上海料理の獅子頭の白菜みたいで美味かった。

ここまでの客家料理は味が濃い目で、白いご飯が確実に合います。勤勉な客家人たちの料理はこんな感じで少し濃い目の味付け。日々の労働の後にはこんな感じの濃い味の料理を疲れた肉体が欲するんですね。

我々にとってはビールや紹興酒が大変よく合う味付けです。

炒米粉














最後は「炒米粉」。最近はうちでは作っていませんが、ここも含めたお店で出してくれるような腰のあるビーフンって結構難しいのね、火力の問題だとおもうんだけど。炒飯や焼そばもいいけど、台湾料理なのでやはり最後の〆は炒米粉でしょうに。

うわっ、最後に杏仁豆腐食べ忘れたorz

ビール飲んで、紹興酒1本、そしてこれらの料理で1人あたま3000円強といったところでしょうか。本格的な味の割には、かなりいい感じの金額でした。

ゲリラ豪雨があったり、食べている途中で地震がやってきたりと大変でしたが、級長、レコバ、ピン子、本当にお疲れ様でした。探せはこんないい感じのお店があるものなんですね、普通の中華料理に行くよりは絶対にこっちの方がイイって!

最後にグテグテ気味の級長のリクエストで(?)THE BIG TIMEに移動となりました。

新たなお店を開拓して少し満足した師匠でした☆

backtothelight at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)料理、食べ歩き 

July 27, 2009

7月のデスマッチ&悪魔

今日もとりとめもなく更新。

7月の覆麺デスマッチと新がんこ池袋のスペシャルに行ってきました☆

覆麺の7月のデスマッチ












そういえば覆麺も開店してから一周年なんですね。開店以降はかなり通っていたような気がします。これから仕事があったので、間に合わないのではないかと少しハラハラしながら行列していました。

7月のデスマッチの水戸黄門ラーメン















こちらが7月のデスマッチの「水戸黄門ラーメン」。丸鶏やハマグリでスープを取ったそうです。元々は明朝滅亡後に日本に亡命していた儒学者朱舜水が水戸藩に招かれ、徳川光圀に振舞ったのが日本の最初のラーメンだとか。それをミスターブラックがアレンジして美味しく(?)したのが今回のラーメン。

スープを飲んで最初に感じたのはハマグリの旨味、それからは少しあっさり気味の味わい。美味しいお蕎麦のつゆを飲んでいるような気がしました。勿論、ショッパめなのは言うまでもないのですが。最近は覆麺も含めて少し濃厚で味が濃いラーメンばかりだったので、個人的には新鮮な感じで美味しく頂きました。

麺はこのスープに合うようにいつもよりも細い麺。ハマグリとかまぼこがオツな感じ。その都度揚げていたから揚げはジューシーで美味しかったです。

全体的に大満足というか、結構好きなラーメンでした。最近はこんな感じのラーメンに出会ってないなぁ…。



翌日は新がんこ池袋のスペシャルに参戦。今月は奇数月なのでスペシャルです。

新がんこ7月のスペシャル




緋扇貝







緋扇貝って?と思っていたら、ルイスさんしっかりとディスプレイしているじゃないですか!色がかなり派手な帆立貝という感じでしょうか。

7月のスペシャルの緋扇貝のラーメン















「緋扇貝のラーメン」がこちら。早速スープを味わってみると貝類の甘み?というかホタテ貝の持つ甘みを感じさせるスープでした。こちらも全体的にフルボディーというかかなりライトな感じのスープ。前日のデスマッチ同様に最近の好みの傾向ですね。今日はスペシャルだから優しい味付けを期待してたのですが、どっこいかなりショッパめで悪魔をライトにした感じのものでした。

麺はいつもの中細のスルスルしたもの。途中からこのショッパめのスープをよく吸ってくれていました。メンマやチャーシューはいつもの如く完成度が高く、特にチャーシューは途中からほぐれて麺と一緒に食べるとかなり美味しいです。あとネギ好きにとってはこのくらいの量のネギはありがたいですね。

ネットで調べてみると、今回のデスマッチ&スペシャルはあまり好評ではないようですが、最近の濃厚路線のラーメンばかりの中では個人的にはかなりストライクなものでした。来月も楽しみですね☆

backtothelight at 20:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)最近食べたらーめん 

July 26, 2009

変ることと変らないこと

今日もとりとめもなく更新。

昨年の今日は何をしていたのだろうか?と思って過去のデータを調べてみたら、実家で食事をしていたようです。今年は前日に食事をして、今日は一人です。

ステ〜キ














焼き具合はまずまず焼き具合はまずまず







という訳でお祝いにつき、自分で肉を焼いてワインを飲みました。大久保で購入したオージービーフはこのボリュームで何と450円、そして赤ワインはカルフォルニアワインの赤が490円!何と経済的なんでしょう!!このコンビネーションはことある毎に登場します。焼き具合の方もまずまず、赤ワインがスイスイと進みました。

昨日までの一年は本当に辛い1年で、「忍」という言葉が相応しいものがありました。様々なことをグッと耐えることが多く本当に辛かった。

「試練が人を育てる」とは言うのでしょうけど、果たして何を学んだのだろうか?何やらあまり人生については学んでいないような気がします。少しは忍耐力がついたかと思いましたが、仕事では少しキレやすくなった(笑)。

1歳年をとったところで何が変るのだろうかと考えてみたけど、そんなに変化がないと思います。一生懸命働いて(報われることは少ないでしょうけど)、お金の許す範囲で酒飲んで本読んでの生活は変化しないと思います。内面的には、少しは大人になったかな(笑)

そういえば職場に4月から移籍してきた女性が同じ年でビックリ、「私達は結婚しない・できない世代」と、とても的を得た表現をしていました。まぁこちらは諦めるか!恋愛だけはしたいのですけど…。

そういえば3月からミクシィを始めて少しブログが疎かになっていますが、頑張りますので、こちらの方も是非皆さんこれからも師匠共々可愛がってあげてください。










backtothelight at 23:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)雑感 

July 18, 2009

本棚が来ました!

今日もとりとめもなく一筆。

引越しから3ヶ月が経過しましたが、最大の荷物であった書籍は部屋の片隅でこのような状態でした。

これから開包します!















これじゃまずいだろうと思い、今まで使用していなかった定額給付金で本棚を購入することにしました。仕事もちょうどお休みでこれはチャンスと思い、ネットで探してみました。最初は「ニトリ」で購入しようと思いましたが、「楽天」の方が格安でセンスの良い代物に出会うことができました。

そこで前日の晩に箱を全部開けて、本をひとまず収納に移動させておきました。それに土曜日がダンボール等のリサイクル系のゴミ収集日だw。

収納にひとまず避難


























収納にひとまず避難収納にひとまず避難







結構な本の量ですが、明日入りきるのか少し心配になってきました。これだけでも深夜まで続きました。


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆


翌日の午後に到着した本棚を組み立て始めること数時間、結構時間がかかりましたが何とか完成しました!

組み立て終了


























特に左の真ん中に仕切り板が入っている方がかなり時間がかかりました。蒸し暑い午後なので汗だくになりながらの作業でした。

ダンボールを片付け、床を掃除して、いよいよ本を収納から本棚に移しました。

こんな感じになりました☆


























何かマニアックというか、かなり偏ったw本ばかりでお恥ずかしいのですが、こんな感じで本を収納してみました。見た目は以外といい感じで、部屋も広く感じるようになりました。

右側のサイズの本棚がもう1つあると完璧かもしれませんね

backtothelight at 23:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)雑感