インプラント終了

昨年の春、抜歯して通院していたインプラントが昨日終わりました。50回くらいは通ったかな、長いと聞いていたので半年くらいは覚悟していたけどこんなに長くかかるとは思っていませんでした。前回型をとって、用意してあったセラミックを土台に固定して隙間と高さを調整するときBGMがベートーベンのピアノソナタにかわって曲の終わりと同時に調整が終わったのは出来すぎのフィナーレでしたね。費用は片手くらいかかったかな、ちょっと高いけど自分の歯のように調子いいです。
画像は散歩で出かけた展望台からの今朝の眺め、以前ご一緒させていただいたグループの集合があったので挨拶しようと時間を調整して出かけたけれど、どうも早かったみたい。集合場所を過ぎてから何台かデイリーに向かうバイクを見かけました。
歯の治療が終わってこれでやっと自由な休日を過ごせるかな、と思っていたら数日前から肩と腕が痛み出し鍼灸院に通ってます。3回目なので‥‥、1ケ月くらい通えば治ると思います。

鶯宿諏訪神社のけやき

境内に通じる、地区の老人は足元を見ながら注意して登らないと危険なほど狭くて急な石段の中腹にこのケヤキの木はあります。
境内はとてもきれいに整備されています。本殿左に大きめのケヤキが見えたので行ってみるとこちらが神社のご神木のようです。

場所はこちら、芦川沿いの周辺の住宅に比べると贅沢な程の敷地があります。

アダムの創造(ミケランジェロ)

ユリウス2世の命令で、首の痛みに耐え5年をかけて描き上げたミケランジェロの傑作です。
ヴァチカン宮殿はローマ教皇のお住まいを兼ねた職場、その中にあるシスティーナ礼拝堂はダヴィンチコードで教皇を決める時に煙を出したあの部屋です。祭壇正面には最後の審判、天井には創世記、神様がこの世の中を造った時の9つの場面が描かれています。アダムの創造は世界の創造1週間のうちの6日目に粘土からアダムという名前の人間を造り、旧約聖書では鼻に息を吹き込むところを変えて、神様の指とアダムの指とが触れる瞬間に生命が生まれるという人類誕生の場面です。

GBにナビ電源をセット

いちど使いだすとナビがなければ出かけられません。特に巨樹・巨木を見に行くときの目的地はピンポイントなので、なかったらたどり着けなかったと思う場所もこれまで何か所かありました。ナビ本体はブロンコと共用ということでGBにも電源だけ取り付けました。シガープラグ+ソケットは適当な場所がなかったのでタンクの下、取付スタンドはブロンコと同じようにハンドルの左側です。
ブロンコはキーONでテールランプが点くしホ−ンの電源がスイッチの前にありましたがGBはキーをONにしてもニュートラルランプが点くだけ、いくつものアクセサリーはスイッチの後ろ側にあってショートカットの電源が見当たりません。ネットで検索するとテールランプから電源を取った例があり、調べたらポジションをONにすることで電源になります。前に書いたようポジションONでフロント左ウィンカーが点きっぱなしになりますがヘッドライトを開けても配線がごちゃごちゃしてるだけで他を探すのも面倒なのでこれでよし、贅沢にもキー連動スイッチ付きの電源になりましたね。

河口浅間神社の七本杉

赤い大きな鳥居をくぐった参道をはさんで太い10本の杉と1本の檜が並んでいます。
本殿の右に1号杉があります。この杉にはこれとは別に御爾(みしるし)という高貴な名前が付いて、他の杉もに付いていますが難しいので省略します。奥に2、3、4号が見えます。
1号から4号まで、北口本宮と違って訪れる人も少なくとても雰囲気のよい神社です。
2号、3号、4号はひとつの柵の中にあります。どれも見事です。
p
5号と6号は根元がつながっています。注連縄のかけ方に注目。
どれも立派な体格ですが一番上の7号の幹が最も太いように見えます。樹齢はどれも700年だそうで見応えがあります。
人が集まるだけの観光地に行くよりも、静けさを感じるほど落ち着いた神社もいいです。

場所はこちら、御坂峠河口湖側のトンネルのない方、旧R137号の道沿いに標識があります。


Archives
Bird Search



Blog Topics BB

・・ Since November 13.2004 ・・
All Rights Reserved by Yurianus

Backyard Birding